ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その2





────────────────────────────────────────
● トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その1
http://ja.katzueno.com/2010/03/1170/

の続きです。

────────────────────────────────────────





<関連記事>

----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/
----------

● トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊田 & 稲葉社長 (2/25)
http://ja.katzueno.com/2010/03/1168/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://ja.katzueno.com/2010/02/1158/





免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 収録ビデオ - アメリカ運輸省ラフード長官
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Gas Pedals, Secretary LaHood, Part 2 - C-SPAN Video Library
http://www.c-spanvideo.org/program/292243-101

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。運輸省ラフード長官 その2。

----------
● House Oversight & Government Reform Committee: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182357

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/24、公聴会全てのビデオ一覧。
----------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 - 公聴会パネル1・Twitter実況通訳ログその2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その1
http://ja.katzueno.com/2010/03/1170/

の続きです。




TN共和ダンカン議員、トヨタと道路交通安全局は、結びすぎているのではないかの疑問を質問中。ラフード長官は、自分たちは安全を第一に考えているだけだと回答中

posted at 02:40:49


IL州民主クイーグリー議員、道路交通安全局は、車にブラックボックスの取り付けを促していたが、これからは義務化するのかの質問に、ラフード長官はいくつかのメーカーは取り付けているが、これから義務化についても考慮する必要がある。

posted at 02:43:09


IL州民主クイーグリー議員、ブラックボックス義務化についての議論はどれくらい時間がかかるのかの質問に、運輸省ラフード長官は、トヨタだけの問題だけではないので、時間がかかるが返答はできるようにする。

posted at 02:45:22


IL州民主クイーグリー議員は、既にこのような問題が大々的に表面化しているので、既に義務化すべきだと意見。

posted at 02:46:14


UT州共和共和チャフェッツ議員は、トヨタだけ調査に時間がかかりすぎていないかと質問。運輸省ラフード長官は、他のメーカーの調査にも同じぐらいに時間がかかっている。

posted at 02:48:39


【解説】UT州共和共和チャフェッツ議員、道路交通安全局は、トヨタへの調査だけ甘いのではないかをいくつかの証拠をあげ疑問を運輸省ラフード長官に質問中。長官はそれはないはずと答えたが、いくつかの具体例では回答を保留。

posted at 02:50:14


UT州共和共和チャフェッツ議員、道路交通安全局OBがトヨタに天下りしている事実から、道路交通安全局と車業界の癒着があるのではないかとの質問に、ラフード長官は20百万台のリコールという結果を提示。

posted at 02:52:09


TN州民主クーパー議員、2005〜2010トヨタピックアップトラックの問題を質問。ラフード長官は、CTSという部品メーカーのペダルを使用したそのモデルはリコールの対象だと返答。

posted at 02:54:18


TN州民主クーパー議員は、素人でもわかるような、きちんとした迅速な情報提供を、道路交通安全局の国民の信頼を取り戻せるように努力して欲しいと要望

posted at 02:55:29


AR州共和フレーク議員、道路交通安全局は米市民の税金で調査が行われている。フェアーな調査が行われているのかとの質問に、ラフード長官は安全がとにかく第一で妥協はしないと強調

posted at 02:58:00


AR州共和フレーク議員は、政府が、どちらかのサイドにつきやすい(甘くなる)という歴史があるので、今回の調査が甘くなっていないかを再確認したいとの要望。特に政府はGMの60%オーナーと言う状況も

posted at 03:00:13


CA州共和党アイサ議員は、なぜ調査員を日本に派遣したが、政府が60%を所有しているGMにも、同じような厳しい調査をするのかに、ラフード長官はそうだと答える

posted at 03:01:32


IL州民主デービス議員は電子機器トラブルの調査をどれくらいしたのか質問中。ラフード長官はユーザーからの苦情と議員から報告で行っている。

posted at 03:03:23


ミズーリ共和ルートカマイヤー議員は、報告数の数で、調査を行うかの判断をしているのかの質問に、運輸省ラフード長官は、時と場合により調査開始を判断する条件は違う

posted at 03:05:42


MO共和ルートカマイヤー議員、道路交通安全局は、国民からの苦情にたいしてどのように調査開始の判断をしているのか、調査の方法の信用度、調査員の採用方法を、運輸省ラフード長官に質問中。
posted at 03:07:42


MA州民主リンチ議員、フロアマット、アクセルペダルなど3件のリコールは、安いものから複雑、高価なリコールと段階的に判明している。しかし私はソフトウエアの問題だと思う。単純なリコールで全ての問題が解決するとは思えない

posted at 03:11:25


MA州民主リンチ議員、もしかしたら、リコールはごまかしで、国民を危険にしているのではないかとの質問。ラフード長官は、私たちの調査でそれらが問題だとは証明されている。

posted at 03:13:00


NE州フォーテンベリー議員、トヨタ以外にも今後もこのような問題に対処出来るようになんらかのポリシーを作るべきかとの提案。

posted at 03:16:24


CA州共和党アイサ議員、メーカーは、すべて政府機関に情報を提供していないように感じる。リコールがない限りメーカーは報告しない。それを変えるべきか?ラフード長官は、メーカーはリコールがなくても報告していると信じている

posted at 03:17:50


IN州共和ソーダー議員、リコール対象のアメリカ製ペダルではなく、対象外のアクセルペダルでも死亡事故が起きている疑問点をノベル

posted at 03:20:34


TX州民主キューラー議員、リコールの発令で、トヨタのリコール率は11%で、他のメーカーよりも少ないという疑問。そして安全局の限られたリソースの中で党言う対応を取るのかとの質問。

posted at 03:23:34


ラフード長官、大統領が66人も新しい人員配置を了承してくれた。リソースは十分にあると回答

posted at 03:24:14


TX州民主キューラー議員は、安全局が日本に行った経緯の説明を求める。ラフード長官は、北米トヨタの十分な協力、レンツ社長の昨日の証言からも・・・日本に判断件があるので、調査員が日本に行く必要性を感じた。

posted at 03:26:12


OH州共和ジョーダン議員、業者ごとに判断基準が違うのかの質問。ラフード長官は安全基準は同じだ。

posted at 03:27:53


OH州共和ジョーダン議員、GMやクライスラーなど他の業者からトヨタ車に関する告発はあったのかの質問。運輸省ラフード長官は、私の知る範囲ではない

posted at 03:28:50


CA州共和党アイサ議員、過去3年にリコールされた、23百万の車のリコール自体は本当に危険だったのか、そのリコールの信ぴょう性はあるのかの質問。運輸省ラフード長官は、調査をして、報告すると回答。

posted at 03:30:53


CA州民主チュー議員、道路交通安全局は、その調査方法はメーカーの証拠提出だけに頼っているのではないか、そして積極的に調査していないのではないかの質問に、ラフード長官は、完全に否定。

posted at 03:32:50


CA州民主チュー議員、調査に従わないメーカーに懲罰をするべきでないかの質問???に、ラフード長官は保留。

posted at 03:33:51


CA州共和ビルブレイ議員、自分の選挙区の人間が死亡した。トヨタが安全であるという先入観が、道路交通安全局や国民の判断を誤ることにつながってのではないかと

posted at 03:35:47


運輸省ラフード長官、トヨタだから安全だと、言う先入観を持って調査をしている体制があるとは考えないと回答。

posted at 03:36:54


CA州共和ビルブレイ議員、サンディエゴで死亡事故が起こったときにどのような対応を取るべき…とったのか?運輸省ラフード長官、その事故が起こったときにわれわれは目を通したはずで、必要であったのなら指導もした

posted at 03:39:00


CA州民主ワットン議員、フロアマットの問題はシンプルすぎるとしか思えないがとの質問。運輸省ラフード長官は、改めて、調査を続け電子機器のトラブルがないか確認すると回答。

posted at 03:41:02


CA州民主ワットン議員、リコールを拒否する企業には、犯罪として懲罰を定めるべきか。運輸省ラフード長官は、民事的な責任は場合によってはするべきだと考えている(?)#toyota http://bit.ly/agUi8O
posted at 03:42:34


しかし、運輸省ラフード長官は、今の道路交通安全局の方針、安全性の確認方法に、特別な問題はないと考えている。

posted at 03:43:35


VA州民主コナリー議員、このアクセル問題の問題が表面化したのをいつ把握していたかの質問に、運輸省ラフード長官は数年前だと思うが、詳しくは分からない。調べないといけない。自分の就任前だった

posted at 03:45:43


VA州民主コナリー議員、道路交通安全局調査員が日本に赴いた時のトヨタの反応に関して、運輸省ラフード長官は、豊田社長とも直接話し、その重要性を気づいていたし対処に取り組んでいたと思う

posted at 03:47:20


VA州民主コナリー議員、運輸省、道路交通安全局の対処は。運輸省ラフード長官は、自身の就任前は、改善の余地があるかもしれないが・・・

posted at 03:48:54


NY州民主マローニー議員、ヨーロッパのトヨタでは1年前に問題がわかっていたことが分かっている。なぜ、道路交通安全局に伝わらなかったのか、もう一度おおまかに説明してくれと質問。

posted at 03:51:01


運輸省ラフード長官は、北米トヨタは、日本ほどの判断権を与えられていなかった。そしてトヨタ自身が自信過剰になり、情報共有が十分されていなかったと感じると回答。

posted at 03:52:19


NY州民主マローニー議員、リコールの修理後に、問題が治ったことをが証明出来るのか?運輸省ラフード長官は、会社から情報が提供され、それが顧客に伝えられ、修理が行われる

posted at 03:53:47


OH州民主キャプター議員、日本と道路交通安全局の関係は、運輸省ラフード長官は、トヨタとの協力関係は有効だと答える。

posted at 03:56:57


OH州民主キャプター議員、2004〜08にかけてペダルにかんする報告があるがそれは、道路交通安全局ときちんと情報が共有されていたかを質問し、ラフード長官は回答を保留。

posted at 03:58:15


OH州民主キャプター議員、日米の貿易収益で、アメリカは大幅な赤字であると言うチャートを示す。

posted at 03:58:48


OH州民主キャプター議員、日本政府の関係機関との情報交流がどうなっていたかの質問。運輸省ラフード長官は、回答を保留。

posted at 04:00:23


MD州民主カミングス議員、トヨタは安全に関して盲目になっていたとのことはなにか。ラフード長官は、アメリカ関係者は協力的だった。しかし判断は日本で行われていた。

posted at 04:03:33


CA州スペイヤー議員、ブラックボックス義務化を今までしなかったのは何故かの質問。またトヨタのブラックボックスが暗号化されていたことについて、運輸省ラフード長官は対応を考えなければいけないと回答。

posted at 04:04:50


運輸省ラフード長官の証人セッションが終了。10分間の休憩。いよいよ豊田社長が登場します。





● トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊田 & 稲葉社長 (2/25)
http://ja.katzueno.com/2010/03/1168/




<関連記事>

----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/
----------

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://ja.katzueno.com/2010/02/1158/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-01 22:00 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 

<< トヨタ公聴会・実況中継ログ・開... トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊... >>


日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧