ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


カテゴリ:アメリカ文化( 16 )

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ハリウッドとSUSHI(寿司) 〜こんなの、寿司じゃねぇ?


今朝の日経ビジネスの記事に興味深い記事が・・・。
リンクを取り急ぎ、載せておきます。


--------------------------------------------------

「ハンバーガーにおけるマクドナルドが、SUSHIにおいては存在しない」

 某大学教授がグローバル企業経営者I氏の発言として時に引き合いに出すフレーズです。


--------------------------------------------------

続きはこちらから・・・。

● ハリウッドとSUSHI(寿司) 〜こんなの、寿司じゃねぇ?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091127/210774/



追記:

この記事を読んだ時に思った事。

これを読まれている方の中には、SUSHIが、本来の形を変えて世界に進出しているのを残念に思った方もいらっしゃると思います。SUSHIを盗られたと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、その私たち日本人は、アメリカ人の一部の人から「日本人はアメリカから自動車産業を奪った」と思われています。さて、私たちはアメリカから自動車産業を奪ったのでしょうか?

それをヒントに、この寿司が「SUSHI」となって世界に普及している事を考えてもらうと良いかもしれません。



---
[PR]
by katzueno | 2009-12-01 09:31 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ロスのタイムスリップ穴場スポット

実はこの2年くらい、ずっと皆さんに紹介したい場所があったのですが、機会がないまま時間がすぎてしまいました。

歳になると、クラブでダンスするよりも、落ち着いてバーで一杯なんて言うのが増えて来た最近ですが、ロサンゼルスに行く毎に、友達と最低一回ぐらいは、今までに言ったことの無い、新しいバーやレストランに行く事を心がけています。

一応、私は、デザインとか、新しいものを常に追求すべき人なので・・・。

ということで前回の黒電話ネタに続くものがあるのですが、今日は、ロサンゼルスの、1920年代の禁酒時代を思わせるバーを2件紹介します。

次回ロサンゼルスに来られる時は、例の黒電話を持ってここに来ると、ウケるの間違いなし・・・というか実際にウケました。セキュリティーガードのおっちゃんとかからも(笑)



========================================
■「The Varnish」
========================================

The Varnish
118 E Sixth St, Los Angeles, CA 90014
http://www.thevarnishbar.com/

地図
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=118+E+6th+St,+Los+Angeles,+CA+90014

Historic Downtown というダウンタウン・ロサンゼルスでも、一番歴史の古い地域にあるバーです。「Varnish」は、バーニッシュと読み、塗装剤の「ニス」という意味があります。

アメリカの禁酒政策の事をご存知の方はどれだけいらっしゃるでしょうか・・・。とにもかくにも、1920年代、アメリカでは一時期、アルコール類の販売を一切禁止された時代があるのです。

● アメリカ合衆国における禁酒法 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e5%90%88%e8%a1%86%e5%9b%bd%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e7%a6%81%e9%85%92%e6%b3%95

そんな時に、よくあったのが、アンダーグラウンドのバーです。

よくあったのが、表は普通の店・・・でも、店の奥に行くと、秘密の扉があって、そこを通り抜けると、シークレットバーがある・・・なんてことがありました。

ということで、このバー「The Varinish」も、「The Cole's」という、創業100年のフレンチディップの発祥の店とされているサンドイッチ・レストランの奥にあります。ちなみに、フレンチ・ディップというのは、ローストビーフを使ったサンドイッチで、肉汁をつけて食べる事から、フレンチディップという名前がつきました。

Cole's
118 E 6th St
Los Angeles, CA 90014
http://colesfrenchdip.com

地図
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=118+E+6th+St,+Los+Angeles,+CA+90014

ということで、ここに行きたかったら、 The Varnish を探すのではなくて、 Cole's を先ず探しましょう。

レストランのセクションを通り抜け、扉を開けると、 The Varnish です。

c0150860_4272334.jpg


インテリアは、「ニス」という名の通り、100年前にタイムスリップしたような感じです。しかし、カクテルなどに、オーガニック・フルーツをその場で絞り、新鮮なカクテルなんかを作ってくれます。

ということで、 Cole's でフレンチディップを食べて、その足で The Varinish の禁酒時代の雰囲気を味わってもいいかもしれません。

ドリンクの料金は、カクテルで一杯 $15-20 くらいします。



========================================
■「The Edison」
========================================

さて、 The Varnish は小さいバーなので、ちょっと入るのに勇気が要りますが、今から紹介する、バー「The Edison」は、ロサンゼルスに来るアダルトな方(いやらしい方ではなく)は絶対に来るべきラウンジ・バーです。

というか、ロサンゼルスに訪れる25歳以上の方は一度は行かないと行けません(苦笑)

The Edison
108 W 2nd St, Los Angeles, CA 90012
http://www.edisondowntown.com

地図
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=108+W+2nd+St,+Los+Angeles,+CA+90012


場所は、前述の The Varnish からもほど近く、リトル東京のすぐ側にあります。というか、 Kyoto Grand Hotel のすぐ側です。

入り口は、2nd Street ではなく、裏通り (Alley) にあります。昼間は鉄格子にかこまれた、古い倉庫のような雰囲気をかもしだしていますが、夜になるとそこに人だかりが出来、 2nd Street からもその人だかりが見えるので分かりやすいとおもいます。

最近、ここは、有名になって来た為に、ドレスコードが厳しくなって来ました。ジーンズはオッケーですが、普通に Tシャツとスニーカーでは入れてくれなくなりましたので、ある程度の服装で来て下さい。

ということで、毎日の様にイベントがあるので、結構カバー料がとられますが、百聞は一見に如かず。とにかく一度は訪れてみて下さい。ポイントは午後7時までに行く事。それ以降は、入場制限の為にかなり入りづらくなります。

なんと、この「The Edison」名前の「エジソン」の通り、実は、ロサンゼルスの地下変電所の跡地を改築して出来たバーなのです!

ということで、内装は1900年代初頭のエジソンの雰囲気たっぷり。

まずは、長い階段を下りて行きます。そこには、大きなブリキでできているようなバーがあり、向かって右側が、ラウンジ、向かって左側が、ミュージシャン等がパフォーマンスが出来る様に、大きな空間となっています。

まずは、入って右側から攻めて行きましょう。

大きな物体が現れ、その中は個室となっており、ガラスケースの中には、意味不明な機械やアクセサリー等が飾られています。ここは予約席になっている事が多く、夜遅くなると混んで入れなくなるので、早くに行って見てみましょう。

c0150860_4435130.jpg

c0150860_4442033.jpg


それから奥を進むと、レトロなテーブルや椅子が並んでいるセクションがあり、その奥には、なんと古い変圧器が陳列しています!

c0150860_444489.jpg

c0150860_4451263.jpg


実際に、変電所時代に使われた変圧器を、場所をちょっと移動しただけで、そのままにしているそうです。

c0150860_4453459.jpg


これは、マニアな人にはたまりませんが、しかも、雰囲気もありますので、20世紀なデートで来てみるのも一考です。

そして、入り口の階段からみて、向かって左側が、大きなステージエリアとなっています。

定期的に、ジャズのライブ演奏等が行われていますが、私が行った今月初めは、マーチングバンドのコンサートがありました。

c0150860_4455715.jpg


地下のバーに、マーチングバンドです。

足かせをつけた大きな人や、サーカスで見かけるようなお姉さんダンサーと一緒に、吹奏系の楽器を中心としたパフォーマンスで、雰囲気が完全にマッチした、かなり満足のいくパフォーマンスでした。

c0150860_4462376.jpg

c0150860_4482140.jpg


この他にも、この天井の高い場所を利用して、アクロバティックなバーレスクダンスショーなども行われます。

そして、極めつけは、毎週木曜日の17時から19時に行われる「大恐慌カクテル」。なんと、35セント(30円)!!でその日のスペシャルカクテルを飲む事が出来ます(ただし、一人一杯のみ。入り口でチケットをもらいます。んでチップとかを入れるので結局は1ドル支払います)。大恐慌時代のお酒の値段ということで、39セント。しかもこのご時世、かなりマッチしていますね。

ちなみに、ここのドリンクもカクテルが中心で、値段は一杯 $7~20 と割高です。

「一歩入ると映画の世界に」なんて、テーマパークでよく歌っていますが、私的に、ユニバーサルスタジオよりも、ディズニーランドよりも、この「エジソン」に行くほうが自分的にヒットだなと感じています。

ということで、「The Edison」。エジソン関係が好きなアダルトの方は絶対に来るべき、ロサンゼルスの穴場スポットでした。



昨日紹介した、黒電話アダプター然り、シンプルなテキスト編集ソフト然り、レトロなバー然り・・・。こういった、思い切って原点に戻ってみるというのもある意味先見性があるのかなと感じました。

こういう場所に行く事は、自分のビジネスを考える場所として、リフレッシュする場所として、新しいアイデアを受け取る場所として、大切な機会と思って、積極的に行く様にしています。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-10-22 05:02 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


新幹線がアメリカにもやっと

早いもので大統領選挙から3週間も経ってしまいました。黒人初の大統領という事で、盛り上がりましたが、私の中でそれよりも盛り上がった事がありました・・・。

大統領選挙と同時に、州選挙も行われ、とある住民投票が行われたのです。



○カリフォルニアにも高速鉄道が

c0150860_20134270.jpg
それは、4兆4000億円をかけてカリフォルニア州をまたがる高速鉄道の建設するプロジェクトに、9700億円もの州債(*)を発行するかの合否を問う住民投票で、52パーセントの支持を受けて可決されました。

*簡単に言うと、州の借金

48パーセントもの反対の多くは、高速鉄道が通らない地域の方の反対でした・・・当たり前と言えば当たり前ですね。9700億円、自分たちが借金をするのに、自分たちの地域は何も恩恵を受けられませんからね。

しかし、昨今のガソリン価格の高騰、エコに対する意識の向上、そしてオバマ次期大統領のグリーンエネルギー政策の提示等、追い風はたくさんあったので無事可決となりました。

○米加州の高速鉄道計画、住民投票で州債発行が決定 事業開始へ
http://www.afpbb.com/article/economy/2536090/3502776
○高速化の時代に、いまだに「カメ」並の米国鉄道
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2387588/2902522

c0150860_2015275.jpg


ここが、カリフォルニア州の高速鉄道に関する公式のホームページです。

○California High-Speed Rail
http://www.cahighspeedrail.ca.gov/

そして、英語ですが、説明用のビデオが公開されています。








ここから他のビデオも見る事が出来ます
http://www.cahighspeedrail.ca.gov/gallery.aspx

日本の新幹線などに習ってカリフォルニアでもエコで時間が短縮出来、雇用も確保出来、環境保護団体もお墨付きをつけている高速鉄道を進めて行こうとしています。

自分も映像関係しているので、「金かけてるな〜このビデオ」と思ってしまいます。

c0150860_20203028.jpg


日本では新幹線は当たり前ですが、アメリカでは鉄道のありがたみが分からない人が多かったんです。「車でいいや〜」って。しかしこの事でアメリカも変わったな〜と思ってしまいます。

私も何回か飛行機や車でロスからサンフランシスコに行った事があります。飛行機での実際の所要時間は1時間もかかりませんが、空港へ行って、セキュリティーゲートを通って・・・と、そのことを考えるとロスからサンフランシスコまで所要時間が2時間半というのは同じ時間なので魅力的です。

しかも、携帯やネット等も使えますしね(アメリカでは公共交通機関での携帯の使用はマナー違反ではないです)



○日本にもビジネスチャンス

そして、これは日本にも大きなビジネスチャンスです。

最近は台湾の高速鉄道や、上海の高速鉄道でドイツ等ど競争していましたが、また、日本の技術が売れる機会がやって来ました。

しかし、日本の会社にとってはカリフォルニアは、きちんと私の言って来た事をチャンとやれば、ドイツよりも勝機がある事です。

○アジア系の勢力。アメリカ大統領選挙の裏側
http://ja.katzueno.com/2008/11/874/

でも少し書きましたが、カリフォルニアはアメリカの他の州よりもアジア系アメリカ人の影響力が非常に強い州であります。

なので、地元のアジア系の政治家さんやアジア系ビジネスの有力者さんとからめば、ドイツよりも有利な立場で技術の販売が出来るかと思います。

しかも、カリフォルニアは地震がある州です。日本の耐震に関する技術も役に立つと思います。

しかし、もちろんながら、技術力のみならず、「ビジネス力」もビジネスの世界では必要になって来ます。

おそらく、JETROさんなんかは既に働きかけを始めているかもしれませんが、いまからカリフォルニア州は導入される技術の選定等をおこなっているでしょう。

ロスの地下鉄に乗ったときに、列車に「日本車輌製造」という刻印がしてあったので、カリフォルニアへの鉄道の導入実績があると思います。

不景気な世の中ですが、日本に可能性がある商機も生まれている事を覚えておいて下さい。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-11-27 20:46 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


I was't afraid to die

一昨日、書こうと思った「世界に売れる日本映画は作れるのか?」の続きですが、現在、サーフィンのドキュメンタリーの予告編の編集、私がホームページ運営とエージェント活動をしているジェームズ・トーメのレコーディング関連、ホームページ制作が4件と、年末にかけて忙しくなって来ているので、なかなかかけない状態です。

ブログを放っておいても行けないので、私がいつも聞いているアメリカのラジオで、興味深い一言を耳にしたので、今日はそれをお送りします。



○英語の勉強にネットラジオを活用しよう
http://ja.katzueno.com/2008/10/857/


でも紹介させていただいた、

○This American Life
http://www.thisamericanlife.org/

の先週末の番組です。

http://www.thisamericanlife.org/Radio_Episode.aspx?episode=368

から実際の番組を聞く事が出来ます。

黒人大統領誕生という事で、この番組もそれ関係の番組をやっていますが、この番組の最初のパートは、1970年に制作された、世界恐慌を知っている黒人のお年寄りの方々のインタビューの簡略版が放送されていました。

その中の、男性の老人が今(1970年代)の若者と、自分が16歳の時のことを比べて述べられている事です。



"When I was sixteen, I wasn't afraid to die.
But the kids, sixteen now, is not afraid to kill."



いや〜、引用だけだとあんまりですが、インタビューという形で実際の話を聞いていた時のこの一言にはずしっと来ました。しかも、世界恐慌や差別・偏見を乗り越えて来た方のインタビューですから・・・。

今の日本にも言える事だと思います。あえて、日本語訳は載せません〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-11-15 20:34 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


英語の勉強にネットラジオを活用しよう


英語講座第2弾。前回のブログで、英文法ばかりでなく英語を実践しましょうというような事を書きました。しかし忙しい人もいると思いますので、ここで私なりのおすすめです。

今回は、仕事が立て込んでいるのでちょっと短めに・・・。

<関連記事>
○英語の文法よりも大切な事
http://ja.katzueno.com/2008/10/845/


○ネットラジオを活用しよう:ロサンゼルスのラジオ局KCRWの紹介

ロサンゼルスにいる時、車の中ではいつもこの局を聴いています。んで、アメリカに定住していた時はこのラジオ局のメンバーでもありました。サンタモニカカレッジの付属ラジオ局KCRWです。

○KCRW
http://www.kcrw.com/
c0150860_13372344.jpg


このラジオ局。他の商業ラジオ局ではなく、寄付ベースのコミュニティーラジオです・・・といっても、年間の事業規模は○億円以上〜。ひょえええ。



このラジオ局の事業ビジネスモデルに関して詳しくは

○アメリカのNPO“ビジネス”から日本のNPOを考える
http://ja.katzueno.com/2008/04/583/

を参照して下さい。今回は英語の勉強法なので・・・。



さて、このラジオ局、音楽番組は私の好みにフィットしているし、なんといってもニュース番組が充実しているんです。しかもその放送をインターネットに丸ごと放送しているんです。

番組内容としては、

平日
    午前 3時〜(日本時間夜7時〜) アメリカの公共放送局NPRのニュース番組
    午前 9時〜(日本時間深夜1時〜) 音楽番組 Morning Becomes Eclectic
    昼12時〜(日本時間深夜4時〜) KCRW制作で全米放送の"To The Point"
    午後1時〜(日本時間早朝5時〜) 全世界のドキュメントニュース"The World"
    午後2時〜(日本時間朝6時〜) 経済ニュース番組"The Market Place"
    午後2時半(日本時間朝6:30〜) 日替わりでKCRW制作のビジネス、エンターテイメントビジネス、本批評、建築関係、政治討論番組
    午後3時〜(日本時間朝7時〜) NPRの午後のニュース番組
    午後7時〜(日本時間朝11時〜) LAに関するニュース番組
    午後7時半〜(日本時間11時半〜) 火曜日はクイズ番組かサンタモニカ市の定例市議会の生放送それ以外は深夜3時(日本時間夜7時)まで音楽放送

と、平日はこんな感じです。



音楽が好きな方は、ロス時間7時半、日本時間午前11時半から放送されるJason Bentleyの番組がクールです。

○Jason Bentley
http://www.kcrw.com/music/programs/mt

ジャミロクアイ系のR&B音楽が好きな人は絶対チェックです。というか、今これを聞きながら、このブログを書いています(笑)しかも番組を見逃しても、iTuneを持っている人。ポッドキャストでダウンロードして聞けますよ〜。ということは自分の好きな次官にこの番組を聞く事が出来ます。

んで、今回は英語の勉強として生の英語を聞くとの事なので、私のおすすめ番組は・・・



○午後1時〜(日本時間早朝5時〜)全世界のドキュメントニュース"The World"
http://www.theworld.org/

です。これは、KCRWがNPIという公共のラジオニュース制作会社から購入しているもので、BBCなどと協力して世界中からいろいろな興味深い情報をレポートしてくれます。ここの番組はNHKの取材力よりもすごいです。

ウェブサイト上でも最新の放送が聞けますので、一度聞いてみて下さい〜。



あと、経済に興味のある人は、

○午後2時〜(日本時間朝6時〜) 経済ニュース番組"The Market Place"
http://marketplace.publicradio.org/

をおすすめ。南カリフォルニア大学のビジネススクールも番組制作に協力しています。内容が濃いです。ここでも、最新の情報をインターネットやポッドキャストで聞く事が出来ます。



また、ドキュメンタリー映画にもなったすごい番組がこれ。

○This American Life
http://www.thisamericanlife.org/

これも、ポッドキャストやmp3としても聴けます。週末の朝に放送されています。

先週、フジテレビで「それでも食べずにいられない」というPSMを扱ったドキュメンタリーがあり、その中でアメリカの少女の葛藤を追っていましたよね。

「This American Life」はそのような、アメリカ社会で問題ある事を、個々の視点からロングインタビューとナレーターの絶妙な解説をもとに構成されているドキュメンタリーラジオ番組です。

時々、電車の中で聞いているんですが、泣けてしまうようなストーリーも・・・。

最近考えさせられた番組は、病院で40年前に赤ん坊を間違われた2つの家族とその娘の葛藤を描いたドキュメンタリー。本人の母親たちや娘たち本人のインタビューを繊細に描いていました。

これを聞くために英語を聞き取れるようになるのも良いでしょう。



とにかく英語を話したり聞けるようになるために、何か目標が要ります。ということで、これらのクオリティーの高い番組を聞けるようにという目標を設定してもいかがでしょうか〜。

しかも、番組のほとんどはオンラインでダウンロードしたりして、聞く事が出来ます。

また、このラジオ局ではメンバーを随時募集しています。このラジオ局は会員の寄付で運営が成り立っています。会員になるとCDがもらえたりするので英語の学習プラスアメリカの最新音楽、しまもメジャーではないクオリティーの高い音楽を手に入れる事が出来ます。

また、この他にも、アメリカでは著作権法が緩いということもあり、インターネット放送をしているラジオ局があります。ジャズ専門チャンネルや、ニュース専門チャンネル等。チェックしてみて下さい〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は画像を除いてCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
著作物の転載に関する詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-28 14:19 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


米上院議員が「日本式の土下座しろ」とウォールストリート重役を一喝
アメリカのグラスレー共和党上院議員が、ウォールストリートの重役幹部に「土下座しろ」と言っています。

「Japanese-style apologies」で「bow deeply」なので、マジで土下座しろと言っています。

要約すると、

「昔日本人がやった自殺まではしなくていいが、ニュースで、日本の取締役が、投資家や市民に自分たちの間違いを頭を下げて謝っているのを見た。アメリカ市民の税金を頼んでいるわけだから、ウォールストリートの重役もそれくらいして当然だろう」

だそうです。

日本の“文化”が国際進出しています。これを良い事と言ってよいのか複雑ですが、日本の危機管理って実は役に立つかも・・・。

「Dogeza」という日本語を普及できるかも。「Harakiri」に続け!



元ネタ(連続でJapan Probeからです)

○US Senator wants Wall Street executives to deliver Japanese-style apologies - Japan Probe
http://www.japanprobe.com/?p=6452

○Grassley suggests a Japanese-style approach to corporate governance - SW Iowa News
http://www.nonpareilonline.com/site/news.cfm?newsid=20147493&BRD=2703&PAG=461&dept_id=555106&rfi=6




ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-03 09:00 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


サンタモニカでも、ビニール袋禁止令の審査が始まる
つい数時間前のポストを書いた後に、ロスの地元のテレビ局、FOX11のニュースを見ていたのですが、

Fox 11(テレビ局ウェブサイトのトップ)
http://www.myfoxla.com
Fox 11 News Live News Cast Video Feed 2(ここからニュースを視聴出来ます)
http://media.myfoxla.com/live/2/

今、この記事を投稿しているこの瞬間に、サンタモニカ市で、市内スーパーなど商業施設でのビニール袋配布を禁止し、紙袋の有料配布のみを認めるか否かの条例を審査しているようです。

以下が、サンタモニカ市がウェブ上で公開している公式文書です

Recommendations Regarding a Ban on Plastic Bags for Commercial Establishments in Santa Monica
http://www.smgov.net/cityclerk/council/agendas/2008/20080226/s2008022608-B.htm

KCRWというサンタモニカのコミュニティーラジオで、生中継をインターネットを含めて行っています

KCRW
http://www.kcrw.com

ちなみに、KCRWは、会員の寄付から成り立っているコミュニティーラジオで、私も会員になっています。音楽番組、ニュース番組など充実しています。iTuneや、ホームページの上の「Live」「Music」「News」の3つから無料で視聴出来ます。ニュース番組で英語の勉強や、Alternativeな音楽が好みの方に音楽チャンネルがおすすめです。

そして、サンタモニカ市自体もウェブサイト上で生放送、もしくは過去の内容を公開しています・・・

On-line Video Services
http://www.smgov.net/isd/citytv.htm

市議会は、今行われているので、現在この記事を書いている時点では、まだアーカイブビデオはアップロードされていませんが・・・

City Council Live & Archives Video Resources
http://santamonica.granicus.com/ViewPublisher.php?view_id=2

ここのアーカイブから過去の市議会のビデオを視聴出来ます。2月26日のセクション8-Bでビニール袋の廃止条例の議論がなされています。市議会が始まって3時間ぐらい経った時です。

ちなみに、サンタモニカ市はかなり特殊な市で、なんと市議会を火曜日の夕方の5:45から時には深夜まで行うという強者の市です。なんでも、仕事をしている市民が、仕事を休む事なく市議会にこれるように、そして他の仕事をしている市議会委員が、自分たちの仕事に支障が起きないように夜の開催みたいです。

ちなみに他のほとんどのアメリカの市は日本と同じで昼間開催ですので誤解されないように・・・。




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-27 14:37 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


日本の文化、着実にグローバル化しています
久しぶりに紹介したくなる番組を発見しました。
フジテレビで深夜放送されている番組、NIPPON@JAPANです。

NIPPON@WORLD フジテレビ公式サイト
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/nippon-world/index.html

全国の放送局のリスト(Wikipediaより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/NIPPON%40WORLD

この番組は、昔TBS系列で放映されていた

ここがヘンだよ日本人
http://ja.wikipedia.org/wiki/ここがヘンだよ日本人

に類似して、外国人が日本人や日本の文化に対してどういう印象を持っているのかを軽いトークで紹介して行く番組です。


グローバル化の一歩を歩んでいる日本の文化・常識

前述の「ここがヘンだよ・・・」はバラエティーに富んでおり、ちょっとふざけた感じがありましたが、このNIPPON@JAPANは結構まじめ。もちろん、あくまでも深夜のバラエティー番組なので、面白さは問われますが、外国人コメンテーターが、外国人が日本をどのように思っているのか、かなり肯定的にコメントしています。


文化の違いは環境の違い

昨夜、東海テレビで放送された内容は、日本の「ルール」について。

例えば、電車の車内で通話をしては行けないのはおかしいなど・・・。

なぜ、外国人の方が携帯電話禁止がおかしいと思うのは、私も実は分かります。

というのも、私が向こうにいる時は、平気でバスの車内や電車の車内だったら、通話をしていますし、他の人も平気で通話をしていたので、「郷に入れば郷に従え」ということで、他人が携帯電話でお話をしていても気にならなくなりました。

あと、結構、映画をしていたりする職業柄、他人のお話を盗み聞きするのは、結構面白かったりしたという野次馬根性(?)もあったりしたからです。盗み聞きと言っても、相手は大きい声で話しているので、厳密には盗み聞きではありませんが・・・。

特に一部のティーンネージャーの会話(笑)日本語に直すと「〜だし」とか連発で、苦笑いをした事があります・・・日本人の一部の若者とかわらない

ただ、日本の場合は、アメリカやヨーロッパに比べて、満員電車の割合が多い。そんな中、耳のそばで会話をされると煩わしいです。ということで、ある意味、公共交通機関の利用率が高い日本だからこそ、発展したマナーという事で、それはそれで良いと思いますが・・・。


アメリカで、ゆっくりではあるが、着実に進んでいる日本人によるゴミの分別活動

しかし、興味深いと思ったのが、アメリカ人コメンテーターの方が、ニューヨーク、ロサンゼルスで、日本人の活動によって、ゴミの分別が浸透しだしているとコメントされた事です。

10年ほど前、サンタモニカのカレッジに通っているとき、結構、日本人の学生が、クラスのプロジェクトで、自分のアパートの大家さんにリサイクル用の分別ゴミ箱の設置を自発的に求めた活動をしたという学生を何人か見かけました。

内向的と言われる日本人の方々、実はロサンゼルスでは結構自己主張している方は自己主張されていて、言われてみると、今現在、リサイクルのゴミ箱が増えているような気がします。

アメリカの場合は、一軒家では、各家が市から提供されたゴミ箱を家の裏とかガレージの中に入れてそこにゴミをため、週に一回、ゴミの収集日にゴミ箱を道ばたまで持って行き、ゴミ収集車が一軒一軒家の前まで来て、ゴミを回収して行きます。

アパートの場合は、駐車場やアパートの裏に、すごく大きなゴミのたまり場があり、ほぼ分別せずに、時には粗大ゴミもそこに入れることがあります。

アメリカは広大な陸地がありますので、ほとんどのゴミが埋め立てゴミとして処理されており、乾電池さえも、同じ埋め立てゴミとして処理しています。一時期、乾電池はどのように回収されているのか分からず、ずっと溜めていましたが、持って行く場所も分からなかったので、仕方なく普通のゴミとして出した経験があります。

そんなアメリカでも、最近リサイクルの動きが強くなって来て、特に一軒家では、お金が余分に掛かるにもかかわらず、率先してリサイクル用のゴミ箱を導入したり、市によっては義務化するところも出て来ました。

それが、この番組で、日本人の活動が発端であるという評価を聞き、そしてそうしている日本人の方を実際に見て来た自分にとって、日本人はグローバル化されていないという批判を覆す事実を再認識する事が出来ました。


実は日本は世界に通用しているという事実

今、日本に外資が入ってきていると批判されている昨今ですが、日本ブランドは、結構世界に広がっています。

インドでは、ヤクルトがインド人女性の社会進出に一役買っているそうです。

私も小さい頃に通った公文式は、アメリカでは既に20年以上浸透していて、一部私立の小学校でも採用されました。

アニメ文化が日本発信なのは世界的に有名です。

X-Japanは全世界の若者に絶大な人気があります。

ロスの有名なコンサート会場で日本のアーティストが公演をすれば、アメリカ人のファンが数時間前から列をなして並んでいます。

数年前、シンガポールのHMVで、「しんごママ」の等身大ポスターを見た時は笑ってしまいました。

JEROさんの登場で、日本の演歌は、実は素晴らしいということを再認識させられました。

今、日本は昔のように安くて品質の高い製品を供給出来なくなりましたが、その分、この確立されたブランド力や日本でのノウハウを、甘く現地に適用させる事が出来れば、ちょっと高くても購入・利用してくれます。

とにかく、これから留学しようとしている方。日本を悲観している方。一度、機会があれば、この番組をご覧になって下さい。




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-27 12:22 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


えいごの「うん」と「いいえ」
ちと、英語の話になっちゃうんですが、例えば、

「コーヒ、いらへんの〜」
と聞かれるとしましょう。
日本語だと、コーヒーを飲みたくない時は「うん(Yes)いらん」と答えます。
しかし、英語だと、コーヒー飲みたくない時は「いんや(No)いらん」と答えます。

日本語だと、否定する事を肯定するので「はい」と答えます。
英語だと、飲む行為自体のを基本にして答えるので「いんや」と答えます。

昨日、友達に、否定形の質問をされて、相手を混乱させてしまいました。
ということで、今後、Katz君に日本語で質問する時、あんまり否定形で質問しないでね〜。

というか、これが仕事の現場だったりすると、恐ろしい結果になっていたかも・・・。おそろしや〜。
[PR]
by katzueno | 2007-11-23 17:23 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ER初体験
ヒューストン到着早々・・・友達の車に乗っていて信号待ちをしているときに、後ろからきました。

信号が青に変わりましたが、前の車が発進していなかったので待っていたら後ろの車のねーちゃんが、前方確認をせずに車を発車。

そうして15−20キロくらいの速度で、後ろから追突。

同乗していた3人とも、頭がぼーっとして来たり、頭痛がしたので、人生経験もかねてERにいってきました。

3時間待たされたあげく、「まあ軽い脳しんとうでしょう」という事で返されました。

というか自分もあんまり悪くないと思ったけれども、社会勉強という事でいってきました(忙しいのに・・・)

しかし最近、悪いことが立て続けに起こっております。
ということで、くじ引きでも買おうかしら。
[PR]
by katzueno | 2007-06-01 07:52 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧