ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


来年もよろしくお願いします
今年もありがとうございました。

今年は会社を設立。
DVDが全米で発売される等、少しですが、着実に一歩一歩を踏み出せております。

来年は、小さな事から大きな事まで、発表出来ると思いますが、まだ契約していないんで、大きな声では言えませんが・・・。大晦日なので、ちょっと一言。

とある、大物アーティストの2世をマネージメントするかもしれません(ほぼ決定なのですが)

元々はホームページの制作とオンラインマーケティングの委託のみを受けていたのですが、日本法人の設立を機に、日本での受け口としてやって行ってほしいということを提案し、ほぼ決まっています。あとは契約書を作成するのみですが、あと一ヶ月ほど掛かるようです。

わくわく。

でわ。来年もよろしくお願いします。
[PR]
by katzueno | 2007-12-31 20:31 | きんきょう

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


自分の映画が2月1日、ロスで劇場公開決定!
c0150860_18583793.jpg


とうとう、この日がやって来ました。

MA(サウンドミキサー、Re-recording Sound Mixer)として働いた映画がとうとう劇場公開されます。

これで、全米テレビと劇場制覇です。あとは全国公開される映画に働くだけですな〜。

作品の名前は「Tre」。これは男女の四角関係を題材にした作品で、ストーリー的には普通なんですが、映像がすばらしい。あと監督と脚本家(メインの女優さんと監督さんが脚本を書きました)の言葉遊びも随時盛り込まれていて、ダークなジョークもあり。そして、実はかなり昼ドラ並みに堕ちたストーリーなんですが、素晴らしい映像がそれを打ち消し、美しい、ある意味日本的なドラマになっています。

あと、からみシーンあります。ので子供さんには絶対にお勧め出来ません。

c0150860_18585333.jpg


「Tre」最初に編集スタジオに入ったのが2005年の10月・・・。それから2年ちょっとをかけて、やっとこさの劇場公開です。

私は、メインは音の編集です。実はこの作品が生まれて初めて長編映画の音に携わったという思い出の作品で、これから監督さんからいろいろお世話になり、TV番組と、もう一つの長編映画にも参加させていただくことになりました。

音の編集という事で、監督(男)二人で、暗い編集スタジオで、カラミのシーンをミキシングしているとき、「この喘ぎ声を使おう」なんてアダルトビデオを編集しているような感じで変な感じでしたが(苦笑)でも、イヤらしくはないです。

またDVDの制作やエンドクレジットの作成もしました(劇場用フィルムに出力するときに変えられているかもしれませんが・・・)

c0150860_185911100.jpg


2008年2月1日、ロサンゼルスのLaemmle's Sunset 5を皮切りに、順次公開されて行きます(成績が良かったら)

映画のホームページは
http://trethemovie.com

映画館のホームページは
http://www.laemmle.com/

Sunset 5 West Hollywoodでの上映です。
3日前から前売りのチケットを販売します。

下が監督がYouTubeにアップロードした映画の2シーンです。

特に最初のシーンでは、鈴虫と俳優さんの声のバランスと、あと俳優さんの声の質を調整するのに苦労しました。

[ シーン1 ]

[ シーン2 ]

[PR]
by katzueno | 2007-12-27 19:04 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


クリスマスカード・年賀状から思う
c0150860_17572448.jpg


ほぼ、終わりました。お得意先へのクリスマスメールの送付。アメリカでは年賀状よりも、クリスマスカードを送るのが恒例となっております。

雑誌に今までメールを送付していただいたPRの方等に、ありがとうメールを送ったのですが、今年、記録に残っているだけで1000人以上の方が私の働いている弱小雑誌にコンタクトをとっていただきました。

ということで、アドレスをリストアップするのに1日。メールを送付するのに丸2日かかりました。

あと、起業したことをみなさんにお伝えするために、個人的なつながりのある方にも送付。実はアメリカに留学する8年前から、今まで連絡先を交換した方をずっと保存しているんですが、今までで1000人以上。メールアドレスが変わり消息不明な方がかなりいらっしゃいましたが、500人以上の方にクリスマスカードを送付させていただきました。

これも丸1日かかりました。

アメリカに行った時は、スーツケース一つ。誰も知らなかったのに、8年間で1500人以上の方と情報交換したことになります。

その中には、既に音信不通になってしまった人や、未だにおつきあいが続いている方。またMixi、FacebookやMySpaceなどのSNSで久しぶりに巡り会う事が出来た方等、送るというプロセスよりも、「ああこの人に連絡を久しぶりに取ってみよう」など淡い思い出を思い出してみたり、「そういえばこの人の連絡先がかわったんだ」と一年のまとめをする事が出来ます。

結構、仕事でもプライベートでも、こういう事は重要ですね。

いやはや。単純作業は苦痛ですが、それでも久しぶりに返事を出してくれた方と久しぶりにお話をするのは良いもんです。
[PR]
by katzueno | 2007-12-26 18:20 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


日本料亭でのクリスマス
クリスマスイブは、男二人で、日本料亭でのお食事です。

友達がアメリカ人の友達で、日本っぽいところで食事したいとの事なので、前回の京都祇園に引き続き、今度は地元の豆腐料理の有名なところへ・・・。

一応、事前にクリスマスの予約状況はと思い、電話してみましたが、クリスマスでも普通に予約しなくても入れるとのこと。なので、男二人のがクリスマスイブの日に予約していくと変な風に見られるかもしれないので、意地で予約せずに行きました(笑)

話を進めながら、ちょっとずつ料理が出て来て、ゆっくり食事をするというのも、クリスマスイブの男二人にとって、ちょっと食べ、話をし、またちょっと食べ物が出て来て・・・よく噛んでお腹いっぱいになる事ができました。

実はアメリカでは豆腐はヘルシー料理として定着しています。
なので、特にアメリカ人の方がおいでになったら、その方がヘルシー思考であれば、ここはおすすめ。

料理一品一品が芸術作品のように出て来るし、湯葉を目の前のコンロでちょっとずつ作りながら頂き、最後には豆腐を目の前でつくるという実演をしてくれながら頂ける。特に外国人に接待をするときには一番だとおもいます。

まあ、こういう日本的なクリスマスもいいでしょう。
帰り道、サンタクロースの格好をしたピザの宅配の方がひっきりなしに走っておられました。

c0150860_1516256.jpg


c0150860_15162046.jpg


c0150860_15163886.jpg

[PR]
by katzueno | 2007-12-25 15:17 | グルメ・コーヒー

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


スタバは実際どれだけ儲かっているか。
ちなみに、自分なりのシュミレーションをしてみました 。クリスマスカードを送らないと行けないのに・・・・(苦笑)

地元四日市にあるスターバックスを例にとってみましょう。

市の中心部、近鉄四日市駅から徒歩1分。アピタ、映画館、ゲームセンターが入っていてしかも駐車場が完備されている建物の中に入っています。しかも、近鉄四日市駅から歩いてくる人、すべてがここの横を通ります。

営業時間は、朝の7時から夜の10時。15時間です。ということは・・・

人の交通量は一分間に10〜40人。営業時間中に、

25(人/分)x60(分/時間)x15(時間)=2万2千5百人の人がスタバの前を通ります。

だいたい、2分間に一人のお客が来ると考えます(店の前を通りお客さんの50人に1人が入ればいい計算です)。単純にすべての人がグランデサイズコーヒーを買ったとしましょう。

15(時間)×30(人/一時間)=450人(一日のお客の総数)
450x280円=12万6千円が一日の売り上げ。

一ヶ月を30日として
126,000x30=3780,000円。スタバ1店舗あたり、月間378万円、年間4536万円の収入。

さて、そこから、いろいろ引いていきましょう。まずは土地代。

マミー不動産
http://www.mamy.jp
様の情報と、昨年発表された地代を考慮して。
だいたいスタバの入っている店舗は月100万円、光熱費は15万円。

スタッフの方は常時3〜4人。スタバのホームページで、アルバイトは最初の時給800〜1000円ですので保険厚生関係の支出も考慮して平均1000円と見積もります。バイト3.5人、そして店長は契約社員になるので、契約社員は時給1150〜1563円。と、保険などを考慮して時給1500円とセットします。

1000x15x3.5=5万2千500円
1500x15x1=2万2千5百円

人件費は一日7万5千円。一ヶ月は
75000x30=225万円

おっと、肝心のコーヒー代を忘れていました・・・。昨日紹介したブログでは、原価40円と書いてありますが、私の予想では原価は一杯20円です。

20円(原価)x450人x30日=27万円

378万円(売上)-115万円(土地、光熱費)-225万円(人件費)-27万円(コーヒー代)=11万円。

おっと、エスプレッソマシーンや椅子などの家具を忘れていました。エスプレッソマシーンはだいたい100万円。イスと机のセットは余裕を持って一式5万円として17セット 5x17=115万円。業務用コーヒーメーカー・・・ややこしくなってきたけれど、だいたい月に11万円とっておいたら、払えるでしょう・・・。

ということで、お客さんがグランデサイズのコーヒーだけを買ったとしても、赤にはなりませんね。

さ〜て、答え合わせ。

ちなみに、スタバ発表の資料によると、2006年度の売り上げは789億9百万円。原価は226億3千万円、アルバイト代土地代などは446億48百万円。それを差し引いいた営業利益は36億37百万円。

店舗数は、2006年度平均で640店舗
ここで、年間あたり1店舗の割り算をしてみましょう。
年間売上 78,909,000,000÷640=1億2329万
年間原価 22,630,000,000÷640=3535万
年間経費 44,648,000,000÷640=6976万
年間営業利益 3,637,000,000÷640=568万

これらは、年間の合計なので・・・

月間売上:123,290,000÷12=1千027万4166円
月間原価:35,350,000÷12=294万5833円
月間経費;66,976,000÷12=558万1333円
月間営業利益;5,680,000÷12=47万3333円

一店舗平均はこんだけなんですね〜。
がーーん。自分が出した計算とかけ離れている・・・。ま、入試じゃないからいいか。

みなさんも、一度、スタバだけじゃなく、いろんなお店に行って、こういう計算をすると、「おお、この店はだいたいこんだけ儲かっているんだな〜」と分かりますよ〜。


続編・スタバの従業員教育・臨時休業の宣伝効果を考える
http://katz515.exblog.jp/8337736/





Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2007-12-22 10:36 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


喫茶店では、コーヒー1杯でどんだけ粘っていいのだろう?

喫茶店では、コーヒー1杯でどんだけ粘っていいのだろう?

面白いコラムを発見。

なるほど。スタバのグランデコーヒーの原価は人件費と光熱費、土地代を含めて200円あまり。つまり、スタバは一杯80円の利益を受けていることになります。

しか〜し、スタバがお金を儲けているのは、主にお持ち帰りのお客さん。モールや商店街等に店を構えているので、店舗でゆっくりしているお客さんよりは、コーヒーを買ってすぐ買い物に行ったり、仕事場に戻ったりするお客さんが多いので、お客さんの回転数が早い。なので、利益率はもっと高いでしょう。

これから、喫茶店を始められる方。お持ち帰りコーヒーをメニューに入れる事を絶対にオススメします。

しかし、これは、あくまでもビジネスでの話。私個人的には、ゆ〜っくり、の〜んびりできる喫茶店がいい・・・というか、何時もコーヒー屋さんで仕事をしている自分(苦笑)
[PR]
by katzueno | 2007-12-22 04:21 | グルメ・コーヒー

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


手抜きウェブサイト作成ソフトの紹介
なかなか本当の仕事に手を付けられない自分です。

さて、今回は、手抜きしたい人にお勧めするホームページ作成ソフトのご紹介。

BiND for WebLiFE 2 Macintosh版
BiND for WebLiFE 2 Windows版

このソフトは、テンプレートが限られているので、デザイン的には制約がありますが、すぐ簡単に、プロ並みのデザインのウェブサイトが制作出来るソフトウエア。

ちょっと試してみましたが、プロの私としては、親切すぎる作りにちょっと興ざめしてしまいましたが、しかし、なかなか簡単に出来のいいウェブサイトが作れるので、時間がないけれど、とにかく早くホームページを制作したい。とにかく安くホームページを作りたいという方におすすめかも。

また、同じ会社はFlashアニメを簡単に作れるソフトを販売しています。

ID for WebLiFE Standard Edition Macintosh
ID for WebLiFE Standard Edition Windows

このソフトはFlashアニメだけで簡単にホームページが作れるというのが売りですが
Flashだけでホーメムページを制作されるのはあまりオススメしません。というのも、ページカウントで、YahooやGoogleなどで1ページだけになってしまうので、検索ページで引っかかる可能性が低くなるからです。

ということで、企業様、そしてデザインを重視したいという音楽ミュージシャンの方にも、実は、あまり完全Flashでのホームページ制作をお進めしておりません。

あくまでも、ページの一つの部品として使う事は歓迎ですが・・・。あと更新がちょっとややこしいのも玉に傷。

ということで、完全に楽をしてしかし、アニメーションを加えて専門知識もあまりないという方には・・・セットで購入してもいいかも・・・。

おそらく、私も、クライアントさんで、早急に作ってほしいという方が現れたら、手抜きでこのソフトを使ってその場凌ぎするかも・・・。
[PR]
by katzueno | 2007-12-20 18:02 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


エンタメビジネスのバイブル発見!
また「これはすごい」記事です。

実は会社の会計についていろいろ調べようと思って、本屋のビジネスのコーナーで本を探していたときに、この本が目に留まりました。

「エンターテイメントビジネスの法律実務」

とにかく、将来エンターテイメントでビジネスをしようと思われる方は絶対に手元に置きたい本です。法律というよりは契約の進め方と言った感じです。ちょっとネーミングが違いますね。

なにせ、実際の契約書の見本と具体的な数字が掲載されています(例えば、映画の原作者に支払われるお金は○○円など。)

日本映画の「○○制作委員会」の具体的な作り方まで契約書の見本が載っています!
どうやって資金調達をすればいいかまで載っています!
プロの野球選手がどうやってプロ野球球団と契約しているのかまで載ってます!
アニメがどうやって契約されているのかまで載ってます〜!
しかも発売されたのが今月(2007年12月)最新情報です!

こういう人におすすめ
・映画の配給会社に入りたい、というか働いている方
・音楽バンドで有名になって来てレコード会社と契約しそうな方
・音楽業界で働きたい、というか働いている方
・プロ野球選手になれそうな方
・アニメ制作会社でビジネス関連がやりたい、というか働いている方
・ゲームのビジネスに興味を持っている、というか働いている方
・自社の製品にどこぞやらのキャラクターを使用したい

アメリカ等では、こういう本がたくさんあるので、向こうでは困った事はないのですが、日本でとうとうこういう本が発売されることになり、コンテンツビジネス然りという印象です。

映画、アニメ、ゲーム、音楽、スポーツそして商品化権などを含むライセンスなど・・・。すべて網羅されてる・・・。アメリカだったら、こういう本が何冊かに別れて売られているので、すべてそれらを買わないといけなかった・・・。

アメリカで映画の制作に携わったり、アーティストのマネージメントをしている私ですが、「日本はこう違うのか」と一目で分かりました。とにかく、エンタメでビジネスをしようと思っておられて、上記のカテゴリーの1つでも商売をされたい方には必読です!

定価は5250円。しかし、即決でクレジットカードで買っちゃいました!
さあて、どうやって経費で落とそうか・・・。
[PR]
by katzueno | 2007-12-19 19:26 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


超画期的な英語学習サイト - iKnow
iKnow
http://www.iknow.co.jp

これはすごい。とにかくすごい。使いやすい。しかもきちんとリアルタイムに自分が間違えた問題を繰り返し出して来るし、スケジュール管理もばっちり。しかも自分でキーボード入力して穴埋めする問題もあるので、インタラクティブ性もばっちり

英語を勉強したい方には、120%オススメします!!
このサービスに足らないのは、実践的な会話の練習のみ

というか、他の自宅学習やメルマガで英語学習を発行されている方にとって脅威になるでしょうね。

ちなみに、英語しゃべれる諸君も一度やってみて下さい。

私の場合、Coreチャンネル: ゼロから基礎英語 基礎英語 ステップ1を1レッスン2分ぐらいで終わらせました。
[PR]
by katzueno | 2007-12-18 18:38 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


国柄探訪:夢と誇りを持てる農業を
*この文章は、クリエイティブコモンズライセンスではありません。
*作者が転載を許可しているということで転載しています。



_@_______________________________________________________________-PR-___
■□■——これが心配!あれも心配!———————————————■□■
万一、病気になってしまったらどうしよう!? \  保険市場で不安解消!
万一、亡くなってしまったらどうしよう!?   > 資料請求・ご相談は
子供の教育資金の積立、足りるかなあ!?   /  すべて無料です♪
http://dt.magclick.com/.C/HLQUPLSZmIGmSW6mRkCg4n8a1rTXidvU
________________________________________________________________________
■■ Japan On the Globe(527)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

国柄探訪: 夢と誇りを持てる農業を

 伝統的な「土づくり」と近代的な経営とで、
農業は大きな夢を持てる職業となる。
■転送歓迎■ H19.12.16 ■ 35,788 Copies ■ 2,712,909 Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

---------------------------------------------
 『THE 新聞(朝刊)』
 経済、社会、国際からスポーツ、芸能までの
ニュースをコンパクトにまとめてお届けします。
 きっと役立つ第2の新聞になります。 
 http://www.mag2.com/m/0000207232.html
---------------------------------------------

■1.「農業は大きな夢を持てる職業」■

 長野県は八ヶ岳の山麓に一軒の農家がある。横森正樹さんと
その妻、子供夫婦の4人で、8ヘクタールほどの畑を耕し、レ
タスや白菜などの高原野菜を作っている。

 高原野菜は春から秋までが忙しい。収穫期は午前4時半頃か
ら畑に出る。朝ご飯はレタス畑の中で、3人の孫たちもまじえ
て一緒にとる。信州の雄大な山々に囲まれての朝食だ。冬は農
閑期。家族水入らずで好きな事をして過ごす。

 しかも、横森さんは相当な高収入を上げている。家族で毎年、
海外旅行に行っているほどだ。息子の一家の生活費はすべて親
が出し、その以外に月15万円の小遣いと、サラリーマンでは
貰えないような額のボーナスを受け取っている。

 横森さんは言う。

 農業はやり方次第で、きちんとしたビジネスになる。意
外かもしれないが、大規模化や法人化をしなくても、個人
経営であったもビジネスになるのだ。農業は、けっしで夢
も希望もない職業ではない。大きな夢を持てる職業である。
[1,p37]

■2.「農業を継ぎたい」■

 美しい自然の中で豊かな生活ができるのなら、農業を志した
いという青年もおおぜい出てくるだろう。横森さんの息子もそ
の一人だった。

 横森さんは息子に「農業を継いでくれ」と頼んだことはない。
逆に息子が継ぐと、好きなときに定年を迎えられなくなるので、
できれば継がないでほしいと思ったぐらいだ。しかし、息子は
父親が好きな農業に打ち込む姿を見て、継ぎたいと言った。

 農協の職員にでもなってくれれば、と思って県の農業大学校
の指導学部に行かせたが、息子の農業をやりたいという意思は
変わらなかった。

 卒業後、アメリカへの2年間の農業研修に行かせた。別世界
を見れば、考えも変わるのではないか、と期待したのだが、帰っ
てくると「やっぱり農業をやる」。

 最後の手段として「農業をしたいなら嫁を探せ」と言った。
農家は嫁さんの働きが不可欠である。息子は2年かけて、一緒
に農業をやるという嫁を探してきた。農業とは関係のない家庭
に育った女性だったが。

 横森さんはついにあきらめて跡継ぎを許したのである。

■3.「農業の原点」は「土作り」■

 別に大規模農業をやっているわけではない。高度な機械や革
新的な技術を使っているわけではない。あくまで普通の家族農
業なのだ。それなのになぜ、これほど余裕のある生活ができる
のか。

 横森さんは「経営として成り立つ農業を行うには、『農業の
原点』を見失わないことが大切だ」と語る。[1,p36]

「農業の原点」とは何か。その第一は「土づくり」だと言う。

 作物は自分が成長するために、土から莫大なエネルギー
を吸収する。だから、毎年作物を育てるためには、使った
だけのエネルギーに見合う栄養分を土に与えてやらないと
いけないことになる。・・・

 一言で栄養と言っても、一つや二つではなく、いろんな
種類の栄養が必要である。・・・これは私たちの体を考え
てみればわかりやすいと思う。私たちも、いろんな食べ物
をバランスよく食べることで健康でいられる。土も同じ事
なのである。

 土に栄養を与えてやるには、まずその土が栄養を吸収で
きる状態になっていなければいけない。これも人間とよく
似ていて、健康な身体は栄養をたっぷり吸収できるが、病
気の身体にはなかなか思うように吸収されないからだ。

 では、「栄養が吸収できる状態」の土とはどんなものか
と言うと、実は、土壌微生物がたくさん繁殖し、活発に活
動できるような状態のことなのである。[1,p27]

■4.丈夫な土とは■

 土壌中の微生物が栄養(有機物)を無機物に分解し、作物は
根を通じて、それを吸収する。したがって、微生物が元気に動
き回れるような状態の「土」を作ることが「土づくり」なので
ある。

 化学肥料には、窒素やリン酸、カリといった作物に必要な養
分は豊富に含まれている。しかし、微生物はミネラルやカルシ
ウムといった別の栄養分が必要である。だから化学肥料ばかり
与えている土には、微生物が住めなくなる。それでは、いくら
必要な栄養を与えても、作物は養分として吸収できなくなって
しまう。

 きちんと「土づくり」された状態を、口で説明するのは難し
いが、横森さんは一目で分かるという。丈夫な土とは、触って
みると「ほぉわん、ほぉわん」としているという。

 横森さんはいろいろ苦労したあげくに、炭などを使った土づ
くりに成功した。その土で作った野菜の味はしっかりとして柔
らかくてアクがなく、甘みも出てくるようになった。市場など
から「日持ちがよくなった」とも言われる。

 高価な機械や大量の化学肥料に頼らないから、コストも安い。
こうして安くておいしい野菜を作れるようになったことが、農
業で高収入を上げている秘訣なのである。

■5.祖父から教わった「土づくり」■

 横森さんが「土づくり」を教わったのは、祖父からだった。

 祖父は、自分で作った一町歩ほどの田んぼで米づくりに
精を出す一方で、養蚕もやり豚も飼っていた。そして堆肥
づくりも一生懸命だった。ヒマさえあれば近くの山に行っ
ては落ち葉を集めてきて、それに豚の糞尿、麦わらを混ぜ
て発酵させ、堆肥を畑に撒いていたが、祖父ほど土を肥や
すことに力を入れていた人はいなかったように思う。とに
かく大量の堆肥を作っては畑にすき込んでいた。[1,p44]

 横森さんが小学校高学年にぐらいになると、祖父の手伝いを
させられた。

 祖父のもとで、私は農業の基本を教わった。教わったと
いっても、当時は祖父から「やれ」と言われるまま手伝っ
ていただけで、具体的に「堆肥はこうやって作るんだぞ」
などと教わることはなかった。

 しかし、祖父の後ろ姿を見ているうちに自然に覚えていっ
た。畑の土はこうやって作るものなんだということが体に
染みついていった。その当時は、言われるがままにやって
いただけだが、自分で農業をやるようになって、祖父がやっ
ていた土づくりがいかに大事かだんだんわかっていった。
[1,p45]

■6.日本に適した農業とは■

 祖父の教えを思い出して、自らも「土づくり」を追求した結
果、横森さんは美味しい野菜を低コストで作ることに成功した。
そしてこれが日本に適した農業だと、横森さんは言う。

 日本の農業は、狭い土地を有効利用する農業である。ア
メリカのように大型機械を使って合理的な作業をすること
はできない。しかし、土地が狭い分、管理は行き届き、品
質の高い農産物ができるのだと思う。

 それだけではない。実は、日本はたいへん恵まれた自然
環境にある。温帯で多雨の気候はかけがえのないものと言
える。農村には豊富な資源があり、それらを循環利用しな
がら作物を育てることができるからだ。家畜の糞や尿、そ
して森林から採ってきた落ち葉、稲作によって生ずる米ヌ
カやおが屑。これらすべてが農業の貴重な資源になる。こ
れらを土に戻してやることで、作物は丈夫に育っていくわ
けだ。[1,p87]

 農業の効率を上げるには、大規模化と機械化が必須のように
言われるが、横森さんはそれに疑問を呈する。狭い土地でも、
しっかりと土作りを行い、高品質の作物を作れれば、家族農業
でも十分にやっていける。

 また高価な機械を入れても、その支払いに追われて、かえっ
て収入は減ってしまう。家畜の糞尿や、落ち葉などを土に戻し
てやるという循環型農業では、人手でこなすのが最も効率的だ。

 面白いことに、横森さんは「有機栽培による高付加価値販売」
という考えにも批判的だ。有機資源を循環利用させて美味しい
作物を作るのは「百姓」として当たり前の姿である。それをこ
とさらに売り物にして、限られた消費者層に高く売るというの
は、おかしいと考える。

 家族で狭い土地ながらしっかりと土づくりを行い、安全安価
で鮮度も味も良い農産物を供給する。この日本古来の伝統的な
農業に立ち返る事が、「経営として成り立つ農業」への近道だ
と、横森さんは考えるのである。

■7.農業は「家業」ではなく「経営」になる■

 伝統的な「土づくり」に続く「農業の原点」の第二は、アメ
リカで学んだものである。

 横森さんは昭和38(1963)年、22歳のときに、日本政府に
よる農業者の海外研修制度に応募して、約3年間、ロサンゼル
ス郊外の野菜農家などで作業研修を受けた。

 40人ぐらいのメキシコ人労働者に混じって、農繁期には朝
の7時から夜11時頃まで収穫や箱詰めにかかり切りになる。
あまりの仕事のきつさに研修生仲間からは「これは研修じゃな
い。完璧な奴隷だよ」という声まででた。

 そんな中で横森さんは目から鱗の思いをする事を学んだ。こ
のアメリカの農場主は青果市場に自分の店舗を持って直接販売
していたことだ。一部の作物は冷凍コンテナに詰めて他州にも
売りさばいていた。

 横森さんはこれを見て、「作ったものを自分で売れば、農業
もお金になる」と気づいた。

 日本では、作ったものはすべて農協に渡し、その後のこ
とについては農協に任せ切りである。儲かったとか儲から
なかったという感覚をもつことさえない。しかし、自分で
売れば、儲かっただけやりがいを感じ、損をすれば何が原
因かを考え、次には別の手だてを考えることができる。こ
うした農業は「家業」ではなく、「経営」となる。経営に
転換すれば、農業はお金になるのだと私は実感した。
[1,p66]

■8.「株式会社信州がんこ村」■

 帰国後、しばらくして自らの畑で、「土作り」からの農業を
始めたが、当初は農協を通じて作物を売っていた。しかし、愛
知県のスーパーが横森さんのレタスを逆指名してくれたり、横
森さん自身も「農協も品質によって価格を別にするなど、臨機
応変な対応をしていくべきではないか」と何度も提案したが、
農協側は「売り手と価格について、組合員に口を出して貰って
は困る」と拒絶した。これで、横森さんは農協との決別を決心
した。

 そのスーパーは横森さんと直接契約をして、畑まで作物をト
ラックで取りに来てくれた。やがて横森さんは、近隣の農家に
土作りを教え、美味しい野菜を作れるようになるとそのスーパ
ーに紹介して、仲間を広げていった。

 スーパーと直接取引をしてみると、実際の消費者がどのよう
な作物を求めているのか、情報を得られるようになった。直接
販売によって、真に消費者の求めているものをタイムリーに供
給するという「経営」ができるようになったのである。

 平成12(2007)年5月、横森さんは「株式会社信州がんこ村」
を立ち上げた。生産者のメンバーは、長野、群馬、山梨で野菜
や果物を作る二十数名。会社の職員は横森さんの他に2名がい
て、卸業者、流通業者と交渉する。

「信州がんこ村」は設立一年目にして、2億円を売り上げ、1
千万円の営業利益を計上できた。きちんとした「経営」をすれ
ば農業は儲かる、という横森さんの主張は実証されたのである。

■9.農業に夢と誇りを■

 わが国の食糧自給率(カロリーベース)は昭和40(1965)年
には73%だったのが、平成17(2005)年には40%まで落ち
こんでいる。アメリカやフランスなど農産物輸出国は言うに及
ばず、ドイツ84%、英国70%、スイス49%など、主要先
進国の中でもわが国の自給率は最低である。

 しかも、農地面積は昭和40(1965)年の600万ヘクタール
から、平成17(2005)年には469万ヘクタールへと、22%
も減少している[2]。農家も後継者難で高齢化が進む一方だ。

 現在はアメリカやオーストラリア、中国などからの安い輸入
農産物に頼っているが、世界の人口増の中で、今後は食料は奪
い合いになり、当然、値段が上がっていくし、さらには輸入し
たくともできない事態もありうる。

 そうした事態に備えて、若い人が夢を持って、農業を志せる
ような環境が必要である。横森さんの伝統的な「土づくり」と
近代的な「経営感覚」に基づいた農業は、安くて美味しい農産
物を国民に供給し、農民自身も豊かな生活を送れるようにする。
そこから、百姓としての誇りと夢が生まれる。

 ここまでやってこられたのは、やはり農業が好きだった
からである。好きでなければ続かなかった。それから常に
「経営」としてやろうという意志を持っていたからである。

 そして自分なりにいろんな「夢」を持っていたからだと
思う。いまは農業に夢を持てなくなっている農家が多い。
私は、少しでも多くの農家に夢を持ってほしいと思う。そ
のためのお手伝いをしたいと思う。それが今の私の「夢」
である。[1,p232]
(文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(024) 平和と環境保全のモデル社会:江戸
 鉄砲を捨てた日本人は鎖国の中で高度のリサイクル社会の建
設に乗り出した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog024.html
b. JOG(390) 「鎮守の森」を世界へ
 鎮守の森から学んだ最新生態学理論で宮脇昭は国内外のふる
さとの森づくりを進めている。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h17/jog390.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 横森正樹「夢の百姓—『正しい野菜づくり』で大儲けした男」★★★ 、
白日社、H14
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891731044/japanontheg01-22%22
2. 農林水産省、「我が国の食料自給率 −平成17年度 食料自給
率レポート−」
http://www.kanbou.maff.go.jp/www/jikyuuritsu/report17/jikyu01_17.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「御手洗富士夫の和魂洋才経営」に寄せられたおたより

さんより
 今日はゆっくり拝見させていただきました。とっても嬉しい
読み物でした。

 御手洗さんがどのように立派な方かよくわかりました。すば
らしいですね。終身雇用制を守ることのできる信念と度量を持っ
ておられる御手洗さんの実績が、きっと多くの企業のお手本に
なることでしょう。このようなすばらしい会長さんを持ってい
る経団連もきっと変化していくことでしょう。本物の考えです
ものね。

 日本が世界に発信して世界を救うことのできるものはたくさ
んあると思いますが、その一つが終身雇用制だと思います。と
いっても、国柄が違うと実行は難しいでしょうけれど。日本と
いう国がお百姓など働く人々をおおみたからとして大切にする
国であったから生まれた制度だと思います。日本の企業はこの
制度を誇りに思ってすばらしい経営をしていただきたいと思い
ます。

 日本という国は伝統を尊んでよい成果を挙げ、世界に希望を
与えることができると思います。そのためにはやはり教育です
よね。三自の精神はわかりやすくてすばらしいですね。自発・
自治・自覚を身につけた自己責任がとれる社員さんたちは、間
違いなく立派な仕事ができると思いますし、それは、生き方で
あるわけですから、社員さんたちは退職されて後も幸せな人生
を生きていかれるように感じます。

 お金をもうけるだけでなく、人を育てる企業が増えてほしい
です。人を物のように安く使って不要になったら捨てると言う
考えでは決して日本は発展しないと思います。使い捨てでは信
頼が育ちませんから。やはり愛情ですよね。愛国心を語ること
のできる御手洗さんが持っておられる深い人間への愛情に心打
たれました。良い出会いをありがとうございました。

■ 編集長・伊勢雅臣より

「国づくり」は「人づくり」からですね。

■523号 「シルクロードに降り注ぐ『死の灰』に寄せられたおた
より
「ウィグル民族の悲劇は対岸の火事ではない」
岩手の頑固爺さんより

 今回の記事をみてウィグル民族の受難を改めて思った。

 私は一昨年の秋、ウィグル自治区(旧東トルキスタン)を民
泊して個人旅行した。中国化とは本当に酷いことだと知った。

 まずは環境汚染のひどさ、北京よりはましかも知れないが旧
首都ウルムチ空港一帯は黒煙と異様な臭気で覆われ目や鼻がお
かしくなるほどであった。河川は至る所ゴミだらけだった。

 トルファンに向かう長距離バスでは我物顔の漢人たちがビジ
ネスだろうか大声で携帯電話をかけまくっていたが周りのウィ
グル人たちはじっと我慢していた。

 バスの窓からは砂漠の至る所に石油掘削機や発電用風車が林
立していた。これらの資源の大半が上海などに送られているが
現地経済には何の恩恵も無い。

 現地の人々の暮らしは貧しいが、どことなく日本人と同じ顔
立ちで純朴で穏やで好感が持てた。その親日的な人々は完全に
漢人の圧政化におかれ、観光施設、銀行、郵便局、役所など管
理的な仕事はすべて漢人が占め、公用語は北京語である。学校
では幼児から中国化教育が行われている。街では武装兵士を満
載したトラックがひっきりなしに巡回し、TVには毎日四六時
中抗日戦争ドラマが写され、反日を煽っている。

 ウィグル人には子供をつくらせず代わりに本土から漢人をど
んどん入植させている。さらに最近ではウィグルの結婚適齢期
の女性達40万人を中国本土へ強制移住させる計画という。ま
さに悪魔の所業としか言い様がない。日本人観光客たちは彼ら
の苦しみや鬱積する社会的不満やストレスにはまったく気付か
ない。

 観光客よりもさらに鈍感なのが日本の政治家やマスコミであ
る。かく言う私の住む岩手出身の民主党党首小沢一郎は情けな
くも媚中外交を福田首相と競いあっている。こうした対中宥和
政策がどれほど中国周辺の少数民族のみならず中国国内の良識
ある人々を失望させているのかに気付こうとしない。ウィグル、
チベットに続き台湾の独立も風前の灯である。

 このままでは中国化の恐怖はやがて日本をも襲うことになる。
さらに地球規模の環境汚染の垂れ流しなど世界人類へのチャイ
ナリスクがある。これらの進行を止めるには今の共産党独裁政
治が崩壊するしか解決策は無いのだが、それを遅らせているの
が誤った歴史認識で贖罪意識を植え付けられた愚かな日本人達
に他ならない。伊勢さんにはこれからもどんどん啓蒙的な記事
を期待します。

■ 編集長・伊勢雅臣より

 中国共産党の独裁政治は、周辺民族とともに、漢民族自体も
虐げています。

 読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
への返信として、お送り下さい。
 掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_res.htm

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
広告募集: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_pr.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
============================================================

◎Japan on the Globe−国際派日本人養成講座
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000000699/


_@_______________________________________________________________-PR-___
1999年9月【金】1g/865円。8年後の現在、1g/2,800円台へ。8年で3倍も上昇!
「有事に高騰」する実物資産の【金】。今もジリジリと上昇中!ゆえに注目。
1.資産としての特性2.有利な買い方3.今後の金価格見通し…など、初心者でも
よくわかる【金】のすべてを解説した大人気の冊子、只今《無料》で進呈中!
http://dt.magclick.com/.C/HLQUPLSZmIGmf26mRkCg4n8a1rTXiduL
________________________________________________________________________
[PR]
by katzueno | 2007-12-16 11:24 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧