ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


<   2008年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


サーフィン映画の予告編編集中

さて、久しぶりにブログらしいブログです。というか忙しいです。

前にも書きましたが、この3月に、アメリカの映画学部の同級生たちと一緒に、サーフィンのドキュメンタリーの撮影に行きました。

c0150860_1524837.jpg


○Isolated(このブログを書いている時点で準備中です)
http://www.isolatedthefilm.com/

さきほど、プロデューサーから、TV番組として売って行くとの決定をしたので、その予告編の音の編集を頼まれて、現在編集中の予告編をちょっと見せてもらいました・・・。



・・・・・・・・すっげえ。



一応編集中なので皆さんにお見せ出来ないのが残念です。しかし、みなさんをじらすために書いてみました〜。

今から予告編の音の編集作業を進めて行きます。

日本で予告編の音の編集。ハリウッドの予告編並みの効果音バリバリの音を作っています。というか、ウチはハリウッドと同じ機材を使っていますが・・・。

音の編集と同時に、DI (Digital Intermediate)という、ハイビジョンでも圧縮なしのハイクオリティーで色の補正とかをしてくれるみたいで、撮影したものとしてはありがたいです。なんたって自分のミスを補正してくれますから(苦笑)

自分が撮影監督をした初めての長編作品です。

しかし、この他にもウェブの制作が同時に数件発注され、死ぬほど忙しい最近です。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-31 15:30 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


赤っ恥をかかないために:矢島美容室から考える本当の国際交流

さて、昨日、三重県伊賀市のポスターで大恥をかいたという事を書きました。今日は、今後起こるであろう、海外からの批判をかわすための一つの例を、具体的に出したいと思います。今夜も放送される「とんねるすのおかげでした」から出たユニット、「矢島美容室」です。


○日本が世界にかいた赤っ恥:勘違いさんの紹介
http://katz515.exblog.jp/10026602/


実は、日本を紹介する海外のブログサイトで、「矢島美容室」に対する批判が出ています。

ご丁寧に、BPO 放送倫理・番組向上機構へ、クレームを付けるために日本語訳を掲載して、名前を変更して、その文をコピーして提出するようにというブログ記事さえ出て来ました。

これは、矢島美容室が、黒人家族のパロディーであり、人種差別にあたるという内容です。

これを見た時の私の反応。

「こいつら、アホや」



アメリカでも日本の事をパロディーでバカにしているのに?

SNL - The Office: Japanese Version
http://www.todaysbigthing.com/2008/05/20

これはNBCで毎週土曜日に放送されている「サタデーナイトライブ」というコメディー番組の一例です。

同じNBCで放送している、紙を売っている会社の人間関係を描いた人気コメディードラマ「Office」が日本版になったらどうであろうとおもしろおかしく描いたパロディーコントです。



私は、お互いをこういったブラックジョークで罵り合うのは、ある意味、本当にお互いの事を知り合う上で結構な事だと思っています。



おそらく、上の「Office」のパロディーコントを見て、憤慨される日本の読者の方もいらっしゃるでしょう。

でも、いいじゃないですか〜。コメディー番組だし。表現の自由もあるし。

私は元ネタである「Office」は大好きで、欠かさずチェックしています。なので、ブラックジョークで日本版を作ってくれたサタデーナイトライブのコメディアンやスタッフの方にありがとうと言いたいです。



じゃあ、こっちも、アメリカの方をバカにしたらいいじゃないですか。



んで、お互いを笑い合ったらいいんです。

これで思いついたんですが、日米芸人対決出来たらいいですしね。

日本の各芸能事務所の方、ご検討下さい。



なので、フジテレビ関係者の皆様。BPOからクレームが来たら言ってやって下さい。

    「アメリカではサタデーナイトライブをはじめとするコメディー番組が日本人をバカにしたコントを作っている。アメリカ人が文句を言って来たら、私たちは、そのアメリカ人に、『じゃあ、日本人をバカにしているアメリカのコメディー番組はなんだ』と言いたい」


と。

お互いを尊重し合って同じ立場に立つ。



私は、そんなにとんねるずのファンでもないし、矢島美容室自体はあまり好きではないです。

だって、タカさんの女装、いつも気持ち悪いんだもん〜。



しかし、昨日の今日ですので、アメリカからのクレームで矢島美容室がストップされる事は避けたいです。

以下、私が英文で声明の例文を作りました。お好きに使って下さい。

    Dear the viewers who was upsets by Yajima-Biyoshitsu

    First of all, we've seen that many comedy TV programs including NBC's "Saturday Night Live" have been making fun of Japanese and Japanese culture.

    If you are upset about the "wrong" portrait of American families, we could ask you to correct the wrong portrait of Japanese and its culture among TV comedy programs first. You are not eligible to file the complain about Yajima-biyoshitsu until you do so.

    However, we understand that those funny portrait of Japanese in the comedy programs are just comedy. We will not complain about those programs. We wish that we can construct the adult relationship and have fun.

    Hey, why don't we make a joint TV program to make fun of each other by Japanese and US comedians? It should be fun.


訳文です

    矢島美容室で憤りのない思いをされている視聴者各位

    まず最初に、私たちは、NBC「サタデーナイトライブ」をはじめとするアメリカのコメディー番組で、日本人や日本文化を滑稽に表現している番組をたくさん見て来ました。

    あなたたちが、アメリカ人の家族を笑い者にしていると問題にするのであれば、では日本人や日本の文化を笑い者にしているアメリカの番組はどうなのですか。まずは、それらをきちんとしてください。それをしないのであれば、あなたは矢島美容室に苦情を言う資格はありません。

    ただし、私たちも、コメディーというものを大切にしています。私たちはそれらに文句を言いません。私たちが「大人の関係」を築ける事を願います。楽しめ合ったらいいじゃないですか。

    そうだ、日米合作で日本とアメリカの芸人がお互いを笑い合う番組を作ったらいいじゃないですか。おもしろそうですよ。


で〜す。

んで、前述しましたが、これで、日本とアメリカの芸能事務所が共同して、日本とアメリカの文化をののしり合うコメディー番組を共同制作出来たら面白そうです。

日本・アメリカのみならず、世界に売れる番組になると思いますので、番組関係者は是非、ご検討下さい。

批判するだけでは何も生まれません。これを機に建設的で生産的な結果が生まれると良いと思います。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は画像を除きCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
著作物の転載に関する詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-30 11:24 | つれづれ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


日本が世界にかいた赤っ恥:勘違いさんの紹介
*ここの記事中で使われている画像も非商用転載可能です

一ヶ月前、三重県の伊賀上野市で、とある著作権に関するちょっとした騒動が起こりました。この事について実は私はアメリカのニュースソースから手に入れたのですが、日本が世界に赤っ恥をかいた一つの例として、今後二度と起こって欲しくないとの意味を込めて書かせていただきます。

私はあまり批判をブログで書きたくないのですが、今回ばかりは、観光立国として、世界に売って行くとしている日本のため、今後の発展のために書かせていただきます。

当事者のみならず、観光立国として日本はこれからどんどん世界に出て行くと思いますので、それの準備運動の一環として考えていただければ光栄です。

本当は書きたくなかったんですけれども。でもやっぱり間違った事は正して行きたいので・・・。



○赤っ恥をかいた日本の関係者各位へ

まずはじめに、この画像をご覧下さい。

c0150860_9264277.jpg

これは、第一次世界大戦に志願兵を募集しているときに作成されたポスターです。



ちなみに、私はこの画像を合法的

c0150860_9293025.jpg



こーんなことしたり、


c0150860_9361291.jpg


こーーんなことが、合法的にできるわけです。

なぜかというと、アメリカ合衆国の旧著作権法で

○Copyright Act of 1909
http://en.wikipedia.org/wiki/Copyright_Act_of_1909

作品が出版されてから最長56年作品が保護されるが、その後は誰がどんな事もしてもよいというパブリックドメインになるからです。

ということで、

○Jobs at Pogo.com
http://www.pogo.com/jobs/

ゲーム会社の求人に使われ

○Tux for President
http://www.tuxparty.com/2008/02/26/free-stickers/

なんていうLinuxというOSソフトウエアの情報サイトの宣伝に使われ

○Alex Martello - MySpace
http://www.myspace.com/alexmartello

アーチスト募集の広告にも使われ・・・。

○ the Committee to Help Unsell the War
http://backspace.com/notes/2003/10/uncle-sam.php

ベトナム戦争の反戦運動にも批判材料として使われています。

はい、ベトナム戦争の反戦運動の道具として・・・。

第一次世界大戦当時は、強烈な志願兵を募るポスターとして効果を上げましたが、1970年代に、プロパガンダの批判者が中心となって、このポスターを反戦の象徴にしたのです。まあ象徴と言っても大げさですが、とにかく、今、アメリカ人にこのポスターを見せると、彼らの第一印象は「ああ、志願兵のポスターだけれど、いろいろ使い回されてるな〜」とか「ああ、反戦運動のときによく見かけたな〜」

と、ある意味、平和活動の一部になっているのです。

例えば

○Anti-Military Recruitment Tools
http://www.ozarkia.net/bill/antiwar/index.html

ここのページに“Poster - Uncle Sam”というのリンクがあるので、クリックしてみて下さい。例のポスターが出て来て、メッセージにアメリカ大統領が「I want you to die in a foreign desert for corrupt politician」と日本語訳で「私は、あなたに外国の砂漠で腐りきった政治家のために死んでほしいのだよ」と書いてあります。ブラックジョークです。

もちろん、選挙活動に使われることもあるし、保守政党の活動に使われていることもあります。なので、反戦活動以外にも、戦争賛成派のポスターにも使われています。

一番重要なのは、このポスター自体が、戦争賛成という存在感をなくして、本当の意味でパブリックドメインになっている事です。

既にこのポスターは戦争賛成の象徴ではなく、このポスターを持ち出すと、戦争反対のイメージも出て来るし、戦争賛成のイメージも出て来るし、ジョークの印象も受けるのです。つまり「勧誘」そのものになったのです。

しかも、作品はパブリックドメインです。自由にコピーしても良いし、改変してもよし。しかもこれで商売しても良いのです。

もちろん、これをもとに大掛かりな手を加えると、その人の著作物になるので注意して下さい。



さて、そうした意見を聞いていただいて・・・。

○議会・行政 : 米の募兵ポスターと酷似 市議が指摘 伊賀市の夏祭り告知で
http://www.iga-younet.co.jp/modules/news/article.php?storyid=2311

これを見た時の私の反応・・・・・・・・・。


「バカちゃうか・・・」
(デザイナー・議員さん・マスコミ全員をひっくるめてです)



デザイナーの方
    「著作権法と元になるネタをちゃんと調べておきなさい。あなたが一番著作権に厳しくないと行けないじゃないの〜。こんなに騒ぎを大きくした責任は、何も知らなかったあなたの責任です」


市議会員の方へ
    「税金の無駄。しかも、あなたの政党、反戦をうたっているじゃないの〜。今では反戦の道具として使われているポスターを批判してどうするの〜?」


マスコミの方
    「一番、著作権法を知らなあかんやろ〜。あと報道関係者として、このポスターの“今”の意味くらい知らんとあかん。おかげで海外のメディアまで目がいっちゃったじゃん〜。はずかし〜」


祭り主催者の方、市役所の方
    「謝り損しましたね〜」




喧嘩両成敗です。

とにかく、デザイナー、市議会議員、マスコミと、だれもポスターの真意を調べなかった手抜きが明るみ出たのでした。


そして、「恥ずかし〜」と思ったのが、日本を扱うブログサイトでこのことが取り上げられ・・・

○Uncle Sam poster upsets local government in Mie Prefecture
http://www.japanprobe.com/?p=6149

その中の読者のコメントを読むと、わたくし、日本人としての無知を世界にさらけ出した気がして恥ずかしくなりました。

    「分からん。パロディーがなんでそんなにいけないんだ」
    「多分、日本人は指差されるのが嫌なんだ〜」
    「ああ、このポスターのパロディーは今まで一度もやってなかった〜?ディズニーランドのミッキーも指差しまくっているから、ディズニーランド行くのもボイコットしようか〜」


などなど。恥ずかしい〜〜〜〜〜。

ということで、みなさん、気を付けて下さい。これは、当事者、全員が悪いです。

ただ、これは過去に既に起こった事です。今から気をつければいい事です。頑張りましょう〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は画像を除きCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
著作物の転載に関する詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-29 10:27 | つれづれ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


英語の勉強にネットラジオを活用しよう


英語講座第2弾。前回のブログで、英文法ばかりでなく英語を実践しましょうというような事を書きました。しかし忙しい人もいると思いますので、ここで私なりのおすすめです。

今回は、仕事が立て込んでいるのでちょっと短めに・・・。

<関連記事>
○英語の文法よりも大切な事
http://ja.katzueno.com/2008/10/845/


○ネットラジオを活用しよう:ロサンゼルスのラジオ局KCRWの紹介

ロサンゼルスにいる時、車の中ではいつもこの局を聴いています。んで、アメリカに定住していた時はこのラジオ局のメンバーでもありました。サンタモニカカレッジの付属ラジオ局KCRWです。

○KCRW
http://www.kcrw.com/
c0150860_13372344.jpg


このラジオ局。他の商業ラジオ局ではなく、寄付ベースのコミュニティーラジオです・・・といっても、年間の事業規模は○億円以上〜。ひょえええ。



このラジオ局の事業ビジネスモデルに関して詳しくは

○アメリカのNPO“ビジネス”から日本のNPOを考える
http://ja.katzueno.com/2008/04/583/

を参照して下さい。今回は英語の勉強法なので・・・。



さて、このラジオ局、音楽番組は私の好みにフィットしているし、なんといってもニュース番組が充実しているんです。しかもその放送をインターネットに丸ごと放送しているんです。

番組内容としては、

平日
    午前 3時〜(日本時間夜7時〜) アメリカの公共放送局NPRのニュース番組
    午前 9時〜(日本時間深夜1時〜) 音楽番組 Morning Becomes Eclectic
    昼12時〜(日本時間深夜4時〜) KCRW制作で全米放送の"To The Point"
    午後1時〜(日本時間早朝5時〜) 全世界のドキュメントニュース"The World"
    午後2時〜(日本時間朝6時〜) 経済ニュース番組"The Market Place"
    午後2時半(日本時間朝6:30〜) 日替わりでKCRW制作のビジネス、エンターテイメントビジネス、本批評、建築関係、政治討論番組
    午後3時〜(日本時間朝7時〜) NPRの午後のニュース番組
    午後7時〜(日本時間朝11時〜) LAに関するニュース番組
    午後7時半〜(日本時間11時半〜) 火曜日はクイズ番組かサンタモニカ市の定例市議会の生放送それ以外は深夜3時(日本時間夜7時)まで音楽放送

と、平日はこんな感じです。



音楽が好きな方は、ロス時間7時半、日本時間午前11時半から放送されるJason Bentleyの番組がクールです。

○Jason Bentley
http://www.kcrw.com/music/programs/mt

ジャミロクアイ系のR&B音楽が好きな人は絶対チェックです。というか、今これを聞きながら、このブログを書いています(笑)しかも番組を見逃しても、iTuneを持っている人。ポッドキャストでダウンロードして聞けますよ〜。ということは自分の好きな次官にこの番組を聞く事が出来ます。

んで、今回は英語の勉強として生の英語を聞くとの事なので、私のおすすめ番組は・・・



○午後1時〜(日本時間早朝5時〜)全世界のドキュメントニュース"The World"
http://www.theworld.org/

です。これは、KCRWがNPIという公共のラジオニュース制作会社から購入しているもので、BBCなどと協力して世界中からいろいろな興味深い情報をレポートしてくれます。ここの番組はNHKの取材力よりもすごいです。

ウェブサイト上でも最新の放送が聞けますので、一度聞いてみて下さい〜。



あと、経済に興味のある人は、

○午後2時〜(日本時間朝6時〜) 経済ニュース番組"The Market Place"
http://marketplace.publicradio.org/

をおすすめ。南カリフォルニア大学のビジネススクールも番組制作に協力しています。内容が濃いです。ここでも、最新の情報をインターネットやポッドキャストで聞く事が出来ます。



また、ドキュメンタリー映画にもなったすごい番組がこれ。

○This American Life
http://www.thisamericanlife.org/

これも、ポッドキャストやmp3としても聴けます。週末の朝に放送されています。

先週、フジテレビで「それでも食べずにいられない」というPSMを扱ったドキュメンタリーがあり、その中でアメリカの少女の葛藤を追っていましたよね。

「This American Life」はそのような、アメリカ社会で問題ある事を、個々の視点からロングインタビューとナレーターの絶妙な解説をもとに構成されているドキュメンタリーラジオ番組です。

時々、電車の中で聞いているんですが、泣けてしまうようなストーリーも・・・。

最近考えさせられた番組は、病院で40年前に赤ん坊を間違われた2つの家族とその娘の葛藤を描いたドキュメンタリー。本人の母親たちや娘たち本人のインタビューを繊細に描いていました。

これを聞くために英語を聞き取れるようになるのも良いでしょう。



とにかく英語を話したり聞けるようになるために、何か目標が要ります。ということで、これらのクオリティーの高い番組を聞けるようにという目標を設定してもいかがでしょうか〜。

しかも、番組のほとんどはオンラインでダウンロードしたりして、聞く事が出来ます。

また、このラジオ局ではメンバーを随時募集しています。このラジオ局は会員の寄付で運営が成り立っています。会員になるとCDがもらえたりするので英語の学習プラスアメリカの最新音楽、しまもメジャーではないクオリティーの高い音楽を手に入れる事が出来ます。

また、この他にも、アメリカでは著作権法が緩いということもあり、インターネット放送をしているラジオ局があります。ジャズ専門チャンネルや、ニュース専門チャンネル等。チェックしてみて下さい〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は画像を除いてCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
著作物の転載に関する詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-28 14:19 | アメリカ文化

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


映画編集にはMac?Windows?

最近、知人から「ビデオ編集用のパソコンを買いたいんだけれどどっちがいい?」と聞かれて、彼にはマックを買わせてしまいました。ということで、機会がいいので、自主制作映画を作っている方を中心に、映画編集に使える自分に合った編集システムは?を書かせていただきます。



○インディー映画製作者のためのパソコン講座 - WindowsかAppleか

基本的に、映像の編集で、デッキとデッキを使ってテープ編集をするリニア編集は、テレビの報道局とかスポーツ中継等の即効性が必要なところに限定されています。パソコンに取り込んで、テープに出力する時間が省けるので、編集作業をかなり速く行える場合があります。

ただ、自主制作映画や、普通の映画、そして、時間のあるTV番組は現在、ほとんどの方がパソコンを使って編集していると言ってよいでしょう。

ということで、今回は、映像を作りたい人向けのパソコン導入講座です。

ちなみにアビッドのシステムは高嶺の花。あとマック版ウインドウズ版両方がある等、様々な理由で比較対象にしておりません。




○Windows vs Mac: アップルのマックでのシステムは
c0150860_8244847.jpg


さて、一番先に思い浮かぶのは、自分も使っているマックのシステムです。特にアメリカで留学されている方。アメリカで留学し映画を作りたいという方は絶対にマックを購入しないといけません。これは必須です。なぜかというと、周りの人間が、学生からインディーからスタジオまで、皆マックを使っているからです。

ここで問題になるのはデータの互換性。他の人とコラボレーションをするときに、データを交換したりします。そんなときに、自分がマックを持っていると学校のラボで遅れている分を自宅で編集できたりします。

そうでないとみんなが終わるのを待って、時には夜遅くまで学校のラボに残り、遠い駐車場まで眠たい目をこすりながら、一人寂しく家に帰ることになる事です(経験者は語る)

アメリカでファイナルカットがなぜ良いかというと、とにかく皆が使っています。ウインドウズを使っているのは地方の結婚式ビデオや企業プロモを作っている小さなところぐらいです。残念ながら、それらの人は結婚式ビデオのプロダクションや企業プロモでだけで終わってしまう方がほとんどです。

私は元々ウインドウズ派で、トムソン社EDIUSのシステムの一歩前進であるDVRex(懐かしい)のシステムと、アドビのプレミアを使用していました。なので友人ともデータの交換ができず、かなり苦労したのを覚えています。まあ、当時はファイナルカットプロのバージョンが1か2と完成度が低く、プレミアの方が完成度が高かったということもあります。

ただ、どれだけWindowsの機能が高くても、周りの人間が使っていなければコラボレーションが出来ません。監督さんや編集者さんが交代で編集されたい時、お互いが同じシステムを使っていると、すぐに編集データのやり取りが出来ます。

実際にWindowsで編集されたとあるインディー映画が、配給会社に買われたとき、購入の条件として「ファイナルカットで編集し直してデータを提出」というプロジェクトを知っています。彼らは、どっちにしろマックを購入しなければならず、一ヶ月ぐらい徹夜で編集作業をするはめになってしまったのです。

ということで、アメリカの映画業界に編集の留学・仕事をされたい方は、今のところ、100%マックを購入される事をオススメします。これは機能の問題ではありません。普及率の問題です。(アビッドの数百万円のシステムを購入して使いこなせる方は別ですが、)

そして、先日、アドバイスした知人はアメリカ在住。日本に向けてのTV番組を制作するという事で、その方はマックでもウインドウズでも良かったのですが、パソコンに関する知識が少ない。ウインドウズの場合は何千種類とパソコンがあり、すべてのパソコンがビデオを編集出来るとは限りません。

この記事を書いている時点では、新製品のマックはすべてファイナルカットが動きます。パソコン選びで頭を痛めて時間を浪費するよりは、マックを購入される事をお進めします。ウインドウズでもマックでもビデオ編集という事に特化すれば、同じ値段を払わなくては行けません。

てな感じでマックで映像編集をする時の長所と短所を並べてみました。

    ・パソコン選びで頭を悩まなくてよい
    ・アメリカだったらみんなマックとファイナルカットを使っている
    ・なので、アメリカで働きたい人には有利
    ・データを共有しやすい
    ・HDやフィルムへの移行がしやすい
    ・ロスやニューヨークだったら周りのみんなは殆ど全員マックを使っている
    ・なのでLAやNYだったらウインドウズ使っていると相手にされない(残念ながら)


でも、マックでも短所があります

    ・パソコンを自由にカスタマイズ出来ない
    ・価格が高い
    ・アップルのサポートは結構不親切
    ・アップルストアーの人のGeniusのすべての人がビデオ編集に詳しい人ではない
    ・付属のiMovieなどのソフトは、既存の、ひな形テンプレートばかりでオリジナルな作品が作りにくいのでソフトの購入が必須になる
    ・使えるフリーソフトが少ない
    ・日本では、自主制作や地方プロダクションのFinal Cut Pro導入率は比較的低いので回りにマックを使っている人が少ない
    ・Final Cut Studioはブルーレイに正式対応していない(HD-DVDのみ)


などです。ただ、最近のマックはウインドウズも走りますので、ウインドウズで画像編集程度ならマックでも使えます。

ここで、アドビのPhotoshopを購入するお金がない人は、フリーソフトの一つ、GIMPという高機能画像処理ソフトがあります。

○Gimp wiki
http://twist.jpn.org/gimpwiki/

これはインストールに日本語版パッチを当てなければ行けない等の作業が必要ですが、普通に使う分は十分に高機能なソフトです。

話がそれてしまいましたが、とにかく、マック導入にはお金が掛かります。なので、特にアメリカに留学されている方は、無理にウインドウズの編集パソコンを買わないで、お金を貯めてマックの1世代前の中古を買う等した方が得策でしょう。

あと、購入したときに付属して来るiMovieはあまり拡張性がありません。ほとんどの事が出来ると言えば出来るのですが、やはり最低限Final Cut Express、本当はFinal Cut Studio必須と言いたいですのですが、ソフト購入の費用もかさむのが玉にキズ。

ただ、Final Cut Proを導入している日本の制作プロダクションも増えて来たので、就職にも有利になって来ました。

今のところ、一番手軽に購入出来るマックはMac Mini。近々、バージョンアップがされると噂されていますが、今購入されたい方は、とにかくメモリを2GBにアップグレードして購入されて下さい。

あと次世代Mac Miniで、ファイヤーワイヤー(DV端子、もしくはIEEE1394ポートとも言います)が外されたらビデオの取り込みがしにくくなるので、iMacを購入するしかないでしょう。

とにかく内蔵ハードライブを120GB以上、そしてメモリを最低2GBにすることをオススメします。



○Windows vs Mac: ウインドウズでの編集システムは

さて、次にウインドウズでの編集システムを考えてみましょう。

    ・費用が比較的安くて済む
    ・フリーソフト、もしくは低価格のソフトが充実
    ・初心者から中級、上級者用の編集ソフト、DVDソフトが充実している
    ・日本の制作プロダクションは結構ウインドウズを導入している


とにかく、比較的安く導入出来るのがうれしいところでしょうか。でも・・・。

    ・でもマックと同じスペックのパソコンを購入しようと思うと費用は結局同じ
    ・選択がたくさんありすぎるので、初心者の導入は頭が痛い
    ・中にはカメラやデッキと、取り込みカードの互換性が悪いこともある
    ・ソフトや編集システムがありすぎる
    ・Adobe PremiereやAfterEffectsなどの高機能ソフトを導入すると、マックのソフト購入費用より高くついてしまう時もある
    ・ビデオ編集出来るノートパソコンが少ない(マックは今のところAirと最新Mac Bookにカメラから取り込めるFirewireポートがついていませんが、2GBのメモリと外付けハードディスクがあるとほとんど全新機種で編集出来ます。)


などです。んで、ウインドウズで編集するにはどのパソコンが良いの?と言われると、正直言って分かりません。私の周りはほとんど自作やオーダーメイドでパソコンを作られているし、ウインドウズパソコンの新機種は常に発売されていますので、ここのブログに書いて一週間後にまた情報が変わってしまうので、書けません(苦笑)

さて、ここで、ウインドウズでお進めするシステムは

・Adobe Premiereのシステム
http://www.adobe.com/jp/products/premiere/

・Thomson(旧カノープス)社のEdius
http://www.edius.jp/

・Ulead Video Sudio
http://www.corel.com/servlet/Satellite/jp/jp/Product/1210622733304

など、これ以外にも無料から10万円以上の様々なソフトが揃っています。

マックは無料で付いてくるiMovie、Final Cutは、2万円の低価格バージョンと15万円のFinal Cut Studioと3種類だけしかないので選択肢は限られます。反対に選択肢が少ない分選びやすいと言えばそうですが・・・。

てな感じです。時と状況によって、オススメ出来る編集システムは変わって来ます。

ご自分はMacが良いのかPCが良いのかよく考えて導入を決められて下さい。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-27 09:53 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


CMS(Joomla)で手抜きホームページ制作

私は、JoomlaというCMS(コンテンツマネージメントシステム)というオープンソースのソリューションを使ってホームページを制作しています。

CMSというのは、簡単に言うと、ホームページの更新が、ホームページ制作ソフトを使わなくても更新が比較的簡単に出来るシステムです。有償・無償版、いろいろなシステムがあります。

○CMS導入のススメ

CMSは、自分のホームページ上にソフトをインストールして作業を行うので、ホームページの制作を始めたばかりの人には敷居が高いかもしれません。

しかし、一旦インストールすると、ブログが書ける能力がある人には、簡単にホームページが更新出来るというシステムです。

が、そのなかでも、Joomlaというシステムが一番合っていたのでそれを使わさせていただいています。

Joomlaは、オープンソースソフト。つまり、ソフトウエアが無料で公開されて、自分でも能力があれば自由に改変出来るソフトです。また、プラグインという拡張機能も無料・有料も含めて充実しており、Joomlaがあれば、会社やお店のホームページが作れる他、毎日新聞や朝日新聞のようなニュースサイトも。そして掲示板やSNSのようなニュースサイトも。そしてショッピングカートのシステムも作れるようになります。

○Joomla!じゃぱん
http://www.joomla.jp/



○普通のホームページとCMSホームページの違い

実際、私は、アメリカでエンターテイメント情報サイトを運営しています。

○Entertainment Today
http://www.entertainmenttoday.net
c0150860_153228.jpg



そして、当社のホームページや、お客様のサイトもJoomlaで動かしています。
○株式会社deerstudio
http://deerstudio.jp
c0150860_15284491.jpg



○車いすランナー伊藤智也公式ホームページ
http://www.ito-tomoya.com
c0150860_1529577.jpg



○レストラン・バー、YUDELINS
http://www.yudelins.com
c0150860_15292230.jpg




などなどをJoomlaで構築しています。




○自分のホームページにはどちらが有効か?

会社のホームページだけでなく、個人でホームページを作られる方。「ホームページビルダー」などのホームページ制作ソフトで作るという手もあります。

ので、いまから普通のホームページ制作ソフトで作るのとCMSで作る時の違いを書いてみましょう。まずはホームページ制作ソフトで作る場合の利点です

  • 作業に時間が掛からない
  • サーバーの専門知識が比較的いらない
  • ソフト購入等の費用が要るが、ソフト一本で殆どの事ができる


比較的手軽に始められるのが普通にホームページを作るときの利点です。それでは普通のホームページ制作の短所を書いてみましょう。

  • 更新に手間がかかる
  • 特に十ページ以上のサイトだとリンク切れが起こってしまう
  • メールフォーム等、ホームページ訪問者が参加出来る機能を付ける時は、どっちにしろサーバーの専門知識が必要になる


などです。とにかく、手軽に始められるのが普通にホームページを作る方法です。ま反対に、CMSの良いところを書いて行きます。Joomlaをベースに書いて行きますが、Joomlaは標準の機能だけで・・・

  • サイトの更新はブラウザ上から
  • リンクが自動的に更新
  • 公開の時間指定出来る
  • メンバー限定サイトが出来る
  • RSSフィードの配信が可能
  • デザインに統一感がある


など。拡張機能を付ければ、

  • ヤフーやグーグルの検索エンジンに自動的に更新情報を配信(SEOを自動的に対策)
  • アンケートの収集
  • めっちゃカッコイイスライドショーなどでの演出
  • メールマガジンの配信
  • カレンダー予定システム
  • ショッピングカート
  • 掲示板
  • サポートフォーラム


などなど無償・有償のプラグインでいろいろな事が出来てしまいます。

もちろん良い部分もあれば悪い部分もあります。

  • 最初のインストールに専門知識がいる
  • ページごとのデザインの変更がしにくい、もしくはサイト運営の初期からデザインを考えて設計しなければ行けない
  • 最初のデザインに時間がかかる場合がある
  • 拡張機能の中にはサーバーをアップグレードしなければ行けなかったり時間がかかったりする


などです。また、ホームページのホスティング会社によっては、それの中間的なサービスとして、サイトビルダーを提供しているところがあります。例えば、私も小規模のCMSサイトをホストするときにも利用しているんですが

○ロリポップ
http://lolipop.jp/

さんには、専門知識やホームページ制作ソフトを購入しなくても作れる、サイトデザインの機能がついています。

この機能の良いところは、とにかく気軽にホームページが作れる事。専門的な知識はほとんど要らないと言ってよいでしょう。

ただ、弱点としてはデザインが固定されているので、他の人のホームページと同じようなデザインになってしまう。そして、このサービスがここのホスティング会社限定になってしまう事。オリジナルデザインを作りたい人や、規模が大きくなって引っ越す可能性がある人は、どっちにしろ使えない機能です。

でも、手軽に始められるということで、こういったところもおすすめですよ。



○会社のホームページにはどちらが有利?

プロのみなさんで、ホームページ制作には、月に数万円を徴収して、Dreamweaverなどのプロ用ホームページ制作ソフトで制作を行っているデザイン屋さんがいらっしゃいます。

ウチのようなCMSをしている場合は、最初に長時間の作業が必要で、更新作業が出来るように丁寧にレクチャーして行くので、最初に10万円単位でお金を頂きますが、その後は、こちらは大幅なデザインの変更をしたいとか、新しいプラグインを入れたい時までチャージしません。

ということで、私が正直に話す、CMSに向いている人いない人。

まずは、月2万円〜からの定額コース向きな人。

  • サイトの更新が頻繁でなく、更新もスピーディーでなくてよい人
  • サーチエンジン対策はしてほしい
  • デザインをきちんとしたい
  • 月に1回は更新をしたい
  • 会社の中にパソコンに詳しい人がいない


と言う方には、月定額コースをお進めします。そして、次にはCMSに向いている人。

  • サイトの更新を頻繁にしたい
  • サイトの更新をスピーディーにしたい
  • サイト制作で初期投資が出来る
  • 社内にパソコンがある程度できる人がいる


という方にはCMSをオススメします。しかし、便利な世の中、これの中間的なサービスを提供してくれるデザイン会社も存在します。定額で月1万円〜数万円。CMSなので、やろうと思えば自分で更新が出来、サーバー等のセットアップも制作会社がしてくれるといった会社です。

みなさんも、自分のニーズに会ったホームページ制作をされて下さい。これから、時々、CMS関連のお話もして行きたいと思っています。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-26 16:35 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


映画制作者もチェックしておきたいホームページ制作関連リソースサイト

昨日の「映画制作者の為のマーケティング術」に紹介した、低予算の自主制作、映画のプロモーションノウハウ。

○映画制作者の為のマーケティング術
http://katz515.exblog.jp/9995403/

その中でホームページ制作について、いろいろためになるサイトを紹介します。これは、自主制作の映画を作っている人のみならず、ホームページ制作に携わっている人は絶対ブックマークしておきたいサイトです。

今日はちょっと、仕事が立て込んでいるので、短く行きます。


○ホームページを作る人のネタ帳
http://e0166.blog89.fc2.com/


このサイトおすすめです。特にフォとショップを持っている人、いろいろ、無料でダウンロード出来るブラシやグラディエーションのサンプル収や、フォント等のサイトを載せており、そして、ホームページ制作に対する基本も時々語られています。

最初の数ページにもたくさん有益な情報があるのですが、私がピックアップしたいくつかのページを紹介



○[これすご]70のphotoshop修正テクニック
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-513.html
○photoshopでちょっとしょっぱい写真を素敵に変身させるチュートリアル
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-488.html
○Photoshopちょいテク『惑星を作ってみよう』+360度パノラマ画像も作れるように
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-473.html
○今後の期待度が高いphotoshopブラシまとめサイト『Quality Brushes for Photoshop』
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-468.html

映画ポスターの制作・修正に使えるテクニック。



○フリーで使えるCDとDVDのケーステンプレートPSDファイルセット
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-521.html

作品を作ったら、DVDを映画祭等に提出しなければ行けません。しかし編集作業でいそがしくて、自分で作り込んで行く時間がないときに・・・。



○『こんなwebサイトは嫌だベスト20』をチェックシート化して現場に持っていこうと考えてPDF形式で作った
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-504.html
○2008年2月版web開発者のためのベストクリップ36個
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-481.html

ホームページを作る時の参考に。

時々、このサイトに来ると、ダウンロードするものがたくさんありすぎて、困っちゃいます。ここに来るのは程々にしましょう〜(苦笑)



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-25 12:02 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


映画制作者の為のマーケティング術
ホームページ制作や、YouTubeなど、安価もしくは無料で利用出来るツールが揃って来ているこの世の中、私が貧乏フィルムメーカーとして培って来たマーケティング術を公開します。


○映画を上手にマーケティング

さて、日本でも、いろいろ自主制作で映画を作っておられる方がたくさんいらっしゃいます。また、それを上映出来るスペースも多くなり、発表の場が多くなっている事は喜ばしい限りです。

日本のインディー映画発展のため、私が培って来たノウハウをお伝えしたいと思います。




○映画の制作時に気をつけること

さて、自分の作品を上手にマーケティングするための努力は映画の制作段階から始まります。以下、映画を制作している時にできればやっておきたい事。


1.写真を撮る

これは絶対にやっておきたい事です。

「映像を作っているのに、なんで写真を撮らないと行けないの」

と疑問に思っている方がいらっしゃるとおもいますが、写真はポスターやマスコミ・ウェブサイトに宣伝するときに絶対必要なもの。

できるだけ、プロに撮ってもらう事が好ましいですが、写真学校に通っている友人や、写真を趣味にしている人がいたら頼みましょう。

そんな人がいなかったら、仕方がありません。手持ちのデジカメで撮りましょう。

そうして、できるなら、「写真タイム」を作って下さい。

それは、リハーサル等で役者さんがリハーサルをしているときの写真です。

「最近はハイビジョンで録っているから画面から切り出してもいいじゃん」

と思われている方。ちょっと写真に詳しい方なら分かるのですが、ビデオのシャッタースピードは、基本的に1/60程度。速い動きをしているシーンを撮る時は被写体がぶれている可能性があります。

また、最近は1000万画素のデジタルカメラ等がありますが、それらの画像はおっきいポスターが作れますが、ハイビジョンで録った画像は、せいぜいポストカード程度にしか使い物になりません。

できるだけ、デジカメで写真を撮っておきましょう。



2.メイキングビデオを撮る

これはちょっと、写真よりも負担がかかりますが、予備のビデオカメラがあったら録っておきましょう。

しかも、最近のデジタルカメラや携帯カメラにもビデオが撮れる機能がついています。

それらの映像は、YouTubeで、完成前のプレビューとかには使えますので、予備のビデオカメラがなくても、動画が撮れるカメラでなにかメイキングの映像を撮っておきましょう。


これは私が撮影した映画祭の時の観客の人の感想インタビュー集です(RSSフィードで見ている人はご覧に慣れないので、私のブログに来ていただけるとご覧になれます)




○プロモーションを準備する

さて、撮影も終わり、編集作業もほぼ終わりという段階で行っておくべき事です。



1.作っておきたいプロモ関連グッズ

作っておきたいプロモ関連グッズは

    ----------
    1. 映画専用の名刺
    2. ポストカード
    3. フライヤー
    4. Tシャツ
    5. ポスター
    ----------


費用が少ない純に書いてみました。ポスターやポストカードを作り予算がなかったら、最低限、名刺は作りましょう。ホームページのアドレスを記入して、デジカメで撮った写真なんかをフルカラーで印刷できれば、最低限のプロモーションになります。

4.Tシャツは、イベントやクラブとかに着ていってもらったら効果絶大です。町を歩いているだけで宣伝になりますからね。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のプロデューサーの話では、プロジェクトをプロモートするときにビーチバレーの会場に行きました。そうして、まず、テレビのカメラマンスタッフに映画のTシャツをあげ、そして会場の観客にもTシャツをあげました。そうして、ゲームの途中に、カメラが観客を撮るときに、自分の来ているTシャツと同じTシャツを着ている観客にカメラを持って行きたくなります・・・。タダ(Tシャツの印刷代)で自分の映画がテレビで宣伝出来たのでした・・・。

ただし、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は制作費こそ数百万円ですが、マーケティングに数億円かけてますので、あれだけのヒットを呼ぶには、Tシャツを作るだけで数百万掛かりますから、それくらいのお金をかけないと、どっちにしろ大成功には行かない事を知っておいて下さい。

ただ、スタッフの人や俳優の人に、「おつかれさま」という感じで少量作るのはオッケーです。家族友人総動員で上映会に来てくれる訳ですから。それくらいの恩返しはしてあげましょう。

また、これ以外にも携帯ストラップとかうちわとかいろいろグッズは考えられます。自分との予算を考えてそれらを惜しげもなく作って行きましょう。



2.作っておきたい「あらすじ」

ここで、50語、100語、200語のあらすじを用意しておきましょう。ショートフィルムなら200語はちょっと長過ぎますけれど・・・。

新聞などに来てもらうときや取材してもらうときに、映画のあらすじを紹介してもらえるかも。そのときに、場合によっては紙面やスペースを割いてくれますが限界があります。取材してくれる人もあまり時間はありません。ということで、あらすじを何パターンかにわけて事前に作っておきましょう。そうして、「好きにコピペしてください」と伝えておきますが、だいたい取材してくれた人はそのまま使ってくれます。

あらすじを提供しないと、取材してくれた人は自分であらすじを考えられます。もしかしたら自分が意図しないあらすじを書かれてしまうかもしれません。それを防止するためにも、自分で用意するのが懸命です。



3.そのほかに作っておきたい関係資料

これは、後日お知らせするホームページにも載せられる資料ですが、取材してくれる一に渡せるように、ワードファイルかPDFにして作っておきましょう。

    ----------
    1.映画を作ることになったきっかけ
    2.監督の言葉
    3.制作秘話
    4.主演のプロフィール
    5.メインスタッフのプロフィール
    6.完成作品、もしくはほぼ完成作品を見た主役の感想
    7.キャスト・スタッフ一覧
    8.テーマソングがあるならそのミュージシャンの情報
    ----------


などなど。

これらの情報がそろえてあると、取材してくれる側としても事前勉強ができるので、やりやすいです。



4.予告編

まあ、これは皆さんお分かりでしょう。予告編は2分以内。できれば1分バージョンとかも作っておきましょう。



5.ビデオクリップ

さあ、テレビの取材が来てくれるならあなたはラッキーです。

そうして、映画の一部分をビデオクリップとして、DVD、DVもしくはHDVテープで提供出来るようにしてくれるならなおさらラッキーです。

自分の作った映像がちょっとだけテレビ放映されるかも。また映画祭に参加する時も、そういったビデオクリップを提出しておくと、彼らが地元のテレビ局にビデオクリップを提供してくれるかも。

また、

○アップルのプレゼン術を盗め!(その3)
http://katz515.exblog.jp/9940992/

でも書きましたが、DVもしくはHDV圧縮のmov、aviデータをサーバーにそのまま載せておけるならば、データを郵送する手間も省けますが、放送局によってはテープしか受け付けてくれませんので、テープは絶対に用意しておきましょう。


これが私が実際にYouTubeに公開しているビデオクリップです(RSSフィードで見ている人はご覧に慣れないので、私のブログに来ていただけるとご覧になれます)

さて、いよいよ次は、ホームページ制作です。




○映画のホームページのコツ

まずは、インディー映画を作っている皆様にアドバイス。



1.Flashアニメサイトを作るな〜!

ハリウッドの映画サイトでも、日本の映画サイトでも、フラッシュを使った華麗なアニメサイトを良く見かけます。

ただ、自主制作映画を作っている人たちは、おそらく、監督とかプロデューサーが全部自分でやっている可能性があります。

なので、時間がないとおもいます。実はホームページに重要なのは、どれだけ早く最新情報を伝えられるか。

例えば、上映するイベントが出来たとしましょう。でも、その情報をいち早く載せられないと意味がありません。アメリカでもたくさんのインディー映画製作者が、フラッシュで凝りすぎる映画サイトを作ったために、更新が完全にストップしてホームページが死んでしまう可能性があります。

もちろん、フラッシュを扱えるデザイナーさんを専属してついてくれる幸運なプロデューサーさんはどんどんフラッシュを使ってもらって結構ですが・・・ここで忠告。

フラッシュサイトは検索エンジン対策が基本的に出来ないことも言及しておきます。

なので、きちんと更新出来る体制が出来ない時は、HTML中心のホームページにすることが重要です。

んで、お金がある人は当社に頼むという手も(苦笑)更新がブラウザ上からも出来る簡単な CMSオリジナルサイトが作れますぜ〜って所詮はそこかいっ・・・。



2.ホームページを訪れる人を考える

ホームページは所詮、映画の情報を知りたい人が来る場所。時々、かっこ良くするためにデザインに気を使いすぎてメニューが滅茶苦茶になっているとか、見にくいサイトを見かけます。

これは普通のホームページを制作している人にも言えるのですが、とにかく、自分のホームページに来る人がどんな情報が欲しいのかを考えたデザインにしましょう。

ということで、私が今までの経験で・・・。

    ---------
    1.予告編等の動画
    2.上映会の情報
    3.あらすじ
    4.キャスト
    5.スタッフ
    6.裏話
    ----------


が、ホームページに訪れる人が欲している情報の優先順位です。これに従った情報サイトを作って行きましょう。



3.マスコミ向け・ブロガー向けのページを作る

私が数日前に書いた、

○アップルのプレゼン術を盗め!(その2)
http://katz515.exblog.jp/9935407/

○アップルのプレゼン術を盗め!(その3)
http://katz515.exblog.jp/9940992/

と基本的な事は同じです。上で書いた報道関係者向けの資料を、ホームページ中に簡単にコピー出来るテキストとして、そして、ワードファイル、PDFファイルとしてダウンロード出来るように公開して行きましょう。

印刷に耐えうる高解像度写真をどんどん公開しましょう。著作権が気になるって言ってられません。ちゃんとカメラマンさんに許可を取って、どんどん公開して行きましょう。小さめの画像もダウンロード出来るようにして、ブログに使ってもらったりもしましょう。ブログ用の画像は自分のホームページアドレスを埋め込むのを忘れずに。

○Press Page - Asian Stories
http://www.asianstoriesmovie.com/en/press/index.html

これが、私が実際に作成した報道関係者向けのプレスキットです。

また、ホームページやブログに貼付ける事の出来るアイコンやバナーを公開する事も有益です。例えば、私の映画のホームページには、

○Help Us Promote -Asian Stories
http://www.asianstoriesmovie.com/en/prom/index.html

のように、コードを貼付けるだけで、個人のホームページやブログに貼付ける事が出来るようになっています。また、アニメGIFを使い自分のサーバースペースに保存してある画像を毎回読み込んでもらう事によって、新しい情報を常に発信して行けるようになります。その時は、きちんと毎回作る画像が同じサイズである事に留意して下さい。

また、YouTubeの動画等へリンクをして、どんどん自分のブログに動画を貼付けて行って下さいと宣伝しています。



4.メルマガの発行や更新をきちんと

まぐまぐなどのメールマガジン無両発行ツール等があります。更新も頻繁に出来るようにしましょう。



5.ホームページ制作に役立つ情報

さて、私が以前に書いたブログ記事です。ホームページ制作にお役に立てて下さい。ただし、以下のホームページ制作ソフトはプロの視点からいろいろ問題があるのですが、まあ、適当にホームページが作れるソフトとして紹介しています。

○手抜きウェブサイト作成ソフトの紹介
http://katz515.exblog.jp/7779329/
○独自ドメインで格安ホームページ制作のススメ
http://katz515.exblog.jp/8603491/




○YouTube、Mixi、MySpaceを活用する

YouTuneにどんどん動画を公開して行きましょう。予告編のみならず、前述した携帯カメラから録ったメイキング映像等。また、方法の一つとして、本編の最初の数分を思い切って公開してしまうという手法もあります。しかしYouTubeに公開したからといってほとんどの場合はすぐ有名になれません。地道にブログに紹介してもらう努力を惜しまずにしてください。

○Asian Stories - YouTube Channel
http://jp.youtube.com/asianstories

これが私の映画のYouTubeチャンネルです。残念ながらメイキングを取る時間がなかったのですが、映画祭の模様等を撮影・編集して載せました。ちなみに、全部私一人の手作りです。

自主制作の作品であれば、Mixiに関連するコミュに参加して、きちんろ管理人さんに許可を取った上でイベントを宣伝しましょう。Mixiは法人による宣伝活動を禁止しているので、会社として制作したインディー作品はあまり宣伝出来ません。

しかし、MySpaceは大々的に宣伝出来ます。ユーザー数は少ないですが、ビデオを載せられたり音楽を載せられたりします。バンドが映画に参加していたら、ついでにバンドの人と一緒にMySpace始めましょう〜。

ただし、アメリカではMySpaceはかなり有効ですが、日本ではあまり有効ではありません。なので、MySpaceは時間があるひとのみ。以下が私が運営しているMySpaceの映画プロフィール群です、

○Asian Stories - MySpace
http://www.myspace.com/asianstories
○My Life Disoriented - MySpace
http://www.myspace.com/mylifedisoriented
○Americanese - MySpace
http://www.myspace.com/americanesemovie


以上、私なりの貧乏自主制作をしている人へのアドバイスでした。

ただ、いい映画を作る事が大前提です。どれだけ良いホームページを作っても、プロモーションが出来ても、良い映画じゃないと観客の皆さんは来てくれません。なので、まずは良い映画を作る事に専念して下さいね。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-24 18:29 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


英語の文法よりも大切な事
私は、仕事柄、いろいろなSNSに参加させてもらっているのですが、

ニフティーのSNSである、ビジネススペースの日記で、英語の文法に関することをお話しさせていただいているときに、英語の学習についてふと思った事があるので、ネタにさせていただきました。

○ビジネススペース
http://space.business.nifty.com/sns/media/index.htm

英語の学習について、皆様、スキルアップでいろいろやられております。

その中で、ちょっっと、私なりの考えを皆さんにお話ししたいと思います。

私は高校生のときに留学を決意して、受験勉強をほっぽらかして、TOEFLと陸上の練習だけに明け暮れていたんですが、英語の勉強はTOEFL対策のみ。TOEFLの勉強本を読んで、TOEFLの試験会場に足を運んでいました。

そうして留学した訳です。その時のTOEFLの点数が、昔の筆記試験の時の点数だったのですが、だいたい480〜490点ぐらいだったと思います。

その後、10年間ロサンゼルスに居た訳ですが、最初は、友達と酔っぱらいながらつたない英語をしゃべっていたんですが、酔っぱらっているので、フィーリングで伝わっていました(笑)

映画の撮影に行き、英語が分かるふりして全然分からないので、誰かに何かをとって来てと言われても、「なんやったろな〜。これかな〜」と見当違いの物をセットに持って行って叱られるなど、楽しい思い出がありました。

レポートの提出のときに、彼女さんに添削してもらったり・・・。徹夜している私に付き合ってくれてありがたかったです。

そんな今、10年後の僕が40年の歴史のある小さい英語の編集長になってしまったのですが・・・。



○英文法を学ぶことの本意を考える

*ちなみに、この説明は、受験を控えている高校生諸君は、時間の無駄です。変な知識を身につけるより、受験勉強に専念して下さい・・・。残念ながら・・・。

話を戻しすが、ニフティーのビジネスSNSで、英語の文法についての学習法について話されている方がいらっしゃいました。

NHKの英会話の番組で、助詞についての使い方の解説が分かりやすいとの事・・・。

以下がその例文です。



    ---------
    1.This is the girl whom Jim loves
    2.This is the girl who Jim loves
    3.This is the girl that Jim loves
    4.This is the girl (空白) Jim loves
    ----------




日本流だったら、「すべて同じ意味である」から始まって、「この子はジムが愛している女の子」という訳になる・・・こういう解説がつきます・・・。



    ---------
    「whom」は、目的格でもありフォーマルな文章でしか使わず、口語で使わない
    「who」は人に対してはどのような場合でも使える
    「that」は、人でも物でも使われ、口語ではこれが使われ頻度が高い。
    「なし」は口語で一番使われる・・・。
    ----------




などなど。

ここから私流の解説です。

----------
*ちなみに、くどいようですが、私、5年前、4年制大学に編入するときにTOEFLのテストを受けました。スコアはコンピュータで230、インターネットで90ぐらいのスコアーをとったんですが、文法が一番最悪でした。

リスニングが、ほぼ満点。リーディングも向上しましたが、文法が私の高校生以下の得点だったのです・・・(笑)

なので、高校生諸君には、絶対に私の解説はためになりませんので、受験が終わったぐらいのときに読みに来て下さい。
----------



○文法は「文法だけ」という事


さて、ここで、皆さんが日本語をしゃべられるときに、文法を考えられているでしょうか?

    ----
    This is the girl who Jim loves
    ----


のバリエーションを、強引に日本語のパターンとして考えてみましょう。

    ----
    1.「この子、ソウイチロウ様が一目置かれている方なんです」(Whom的)
    2.「この子、ソウイチロウさんが好きな人だよ」(Who的)
    3.「この子、ソウイチロウ君が気に入ってる」(That的)
    4.「この子、ソウイチロウ、気に入ってる」(なし的)
    ----


さて、Whom的(公式)、Who的(人のみ)、That的 (ものに置き換えても使える)・・・などなど。

さて、皆さんに質問ですが、皆さんは日本語を話しているときに上のように、「この助詞は人と物に両方とも使えるな〜」と考えられているでしょうか?

「意味」と「状況」だけを考えて言葉選びをしていないでしょうか。



ということで、「意味」と「状況」を考えて、例文に戻ります。

    ---------
    1.This is the girl whom Jim loves
    2.This is the girl who Jim loves
    3.This is the girl that Jim loves
    4.This is the girl Jim loves
    ----------


さて、私なりにどうやって使っているかです。

1.「Whom」と「Who」は、口で発音するとほとんど同じような発音。んで、目上の人と話す時や、改まった場所で話すときに使う。ある意味、英語の丁寧語。

3.「That」は、「This(これ)」「That(あれ)」の「That」でもあります。つまり、遠くにいる印象があります。

なので、例えば、バーで友達と飲んでいるときに、ジムが側に居ないとに使います。あと、女の子の写真をさしてこの文を使っている時等もあると言えばあります・・・。

しかし、「that」と「なし」の使い分けは、前後の文章によってかわります。シンプルな言い方をしたい時とか、前後の文で「that」を使いすぎている時は使わない・・・などなど。



ここで、私が警鐘を鳴らしたいのは、良い文法の本を探しまくっている方。

正直言って、文法の本は一冊読んで終わりです。

あとは、実践あるのみ。

今の世の中を生きている皆さんは幸運です。

テレビドラマを見たり、六本木に行ったり、オンラインチャットをしたり、実践出来る場はたくさんあります。



最後の「that」と「なし」の使い分けは前後の文章や感情の込め方によって使い方が異なるので、使って行かないと正しい使い方を覚えられません。



「『that』は物と人と両方使えるから、これを使い続けていけばいいか〜」



と思われている方。機会があったら、片言のおかしな日本語をしゃべる外国人の方の日本語を聞いてみて下さい。

時々、日本語の文法はパーフェストなのに、なんか使い方がおかしいという方を見かけると思います。

「that」を状況判断なしに使う続けている方は、そのような、ちょっとおかしな文法パーフェクトの日本語をしゃべる外国人の方のようになるのです。



○文法は一通り習ったら実践あるのみです

文法の解説本を読んで文法が上達しないのは、上に書いたような状況判断によって使い方が違ってくるので、絶対に正解な文法は存在しないのです。

なので、状況判断出来るようになることに一番の方法は、実践あるのみです。

一番のおすすめは、外国人がたくさん集まるバーです。

酒が入ると話が進んで、度胸もつきます。

ただ、僕のせいで、アルコール依存症になってもらっても困るので、大学生の方はサークルに行ったり、外国人が集まるボランティアグループ等に参加されるのもいいでしょう。

例えば、名古屋付近に在住の方。

○Nagoya Players
http://www.nagoyaplayers.info/

など、英語劇で活動をしている団体があります。常にメンバーを募集しているようなので、参加してみたらいかがでしょう。

てな感じです。



でも、ビジネススペースのある方に、おすすめの文法の本をこっそり教えてくれと言われましたが・・・ないです。

あえて言うなら、自分が高校生のときに授業で使った・・・基礎英文法問題精講(アマゾンのページ)でしょうか・・・。

でも、当時はその本読んで頭が痛くなったような気が・・・。

でも、この本読んだっきり、後はあんまり文法の勉強はしませんでした〜。

英語は言葉です。言葉は使うために存在しています。使わない言葉は一生上達しません。

スラングや方言も覚えられないし・・・。

ちなみに、私は、ロサンゼルスとテキサスを行ったり来たりしているので、テキサス訛りの英語もちょっとだけしゃべれるようになりました。



日本語は関西弁、英語は南カリフォルニアとテキサス訛りKatz君から、エラそうな事を書いてしまいました。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-23 16:17 | つれづれ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


万年筆を掃除してみる
久しぶりに万年筆を掃除しました。

エコです。

私が使っているのは、普通のパイロットの1万円くらいする万年筆ですが、メモをするときに使っています。

万年筆の掃除の方法は

○万年筆・ボールペンなど筆記具の基礎知識:世界の一流筆記具販売ペンルーム
http://www.rakuten.ne.jp/gold/penroom/grounding.htm

に詳しく載っています。

<私の関連ブログ>
○パソコンを使うからこそ重要な「手書き」
http://katz515.exblog.jp/9810381



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2008-10-22 03:53 | きんきょう

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧