ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「シューゲル係数」を試してみる

ノートパソコンが不調なので、今、通販で修理道具を注文。仕事のスピードが落ちているので、その間に、こんな事を思いつきました。

仕事でもプライベートでも、いろいろな人に会い続ける事は重要です。そして、いろいろな人に会う事以上に、ビジネス等で、この会社と付き合いしても良いかとか、この会社のサービスを使っても良いか等を瞬時に判断する必要があります。

映画業界は特にそうで、俳優さん等を選ぶ時、オーディションでは一日に何十人という人と会い、この俳優さんは役に適しているかの実力のみならず、チームワーク力はあるのか、厳しい映画撮影のスケジュールや、時には過酷な条件かの中で実力を発揮出来るか等の肝っ玉を持っているか等を見極められなくては行けません。その間、3〜4分。

もう10年くらいオーディションを乗り越えて来たので、だいたい、この俳優さんは実力があるか等の事を分かるようになって来ました。

オーディションで良い俳優さんを選ぶコツは・・・と聞かれても・・・正直言ってここには書けません・・・。いろいろなパターンがあるので、最終的にはカンになって来るからです。

しかし、ビジネスに関しては、俳優さんを選ぶよりずっと簡単です。特にセールスの方や社交的な場でいろいろな人とお会いする時は、私はとある事に注目しています。

それは、靴。

別に高い靴を履けとはいいませんが、私自身も、会う相手も、そのときに合った靴を履いているか。靴を大切にしているかを時々気にします。

もちろん、靴だけを見てその人すべてを判断している訳ではありませんが、身だしなみを足下からきちんとしているかを判断するには良い材料であると思っています。

私もファッションにあまりうるさくありませんが、靴だけはしっかりしたものをはいて行くようにしています。

これを私は、「エンゲル係数」をもじって、「シューゲル係数」と呼ぶ事にしました。

今年は私にとってもいろいろな新しい事をいろいろ始める年です。

昨年は、無事会社の第一期目を乗り越える事が出来、日本の法人は黒字。アメリカの法人も数百ドルの赤字のみでした。

2年目のジンクスではありませんが、第2期目だからこそ、足下を固めて行こうと思っています。

ということで、私の今年のシューゲル係数の目標値を決めました。

それは、シューゲル係数を50%に。

つまり、履いている靴の値段をその上の服装と同じ値段以上にしようかなと思っています。

つまり基本をしっかりとするけれども、余分なものは極力使って行かない。

もちろん身だしなみは気を付けて行きたいと思っていますが、いかに安く押さえてそれなりの印象を相手に伝えられるか・・・。

今年は、仕事の面談や社交的な場での身だしなみのシューゲル係数を大きめにとって行きたいと思います。





ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-29 17:41 | つれづれ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


Mac OS 10.5.6アップグレード時Mailの不具合対処方法

自分のメモ帳がてらに・・・。

Mac OS 10.4 Tigerから、Mac OS 10.5.6 Leopardへのアップグレード時にApple Mailのメールの移行がうまく行かない時の対処方法。

症状:迷惑メール機能を使用するをオンにしたままアップグレードを行うと、アップグレード後、Apple Mailが開くけれども、受信箱がまっさらになってメールが一通もなく、Mailを正常に終了出来なくなる。

原因:これは、10.5より迷惑メールの処理の仕方が大幅に変わったため、アップグレードがうまく行かないためにエラーを起こしてしまうから。

解決策1:アップグレードする前に迷惑メール機能をオフにする
解決策2:[ユーザー名]\Library\Preference\com.apple.mail.plistを削除する(設定がすべてパーになる)

これが、簡単な方法ですが、メールアカウントの設定を保存されたい方へは面倒くさいですが以下の方法があります。

解決策3:
0.Apple Mailを終了、もしくは強制終了
1.XcodeデベロッパーツールをLeopardのインストーラーDVDからインストール。
2.Property List Editor(プロパティーリストエディター)を起動(/Developer/Applilcation/Utility内)
3.[ユーザー名]\Library\Preference\com.apple.mail.plistを開く
4.Junkと始まるエントリーをすべて削除
5.画像のように
c0150860_16105928.jpg

JunkMailBehavior - String - 1
JunkMailTrustheaders - Boolean - Yes
を追加

6.保存。
7. Mailを起動

これで、アカウント情報の設定を保存したまま、修復出来ます。
私の起こったトラブルがなんだったかはお分かりだと思います。

<参考>
http://discussions.apple.com/thread.jspa?threadID=1885257&tstart=1



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-28 16:20 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ハムスター映画をラスベガスで!

○日系アメリカ人監督、ハムスターと青年の切ないロードムービーが6月12日、ラスベガスの映画祭でプレミア決定。(私もちょっと制作に参加)

さきほど、正式にアナウンスがあったのでお知らせ致します。このたび、私が編集で参加させてもらったインディー映画「Etienne!(エティエン)」のワールドプレミアが、6月12日、俳優のデニスホッパーが主催するラスベガスの映画祭「CineVegas(シネべガス)」にて行われます。

CineVegas.com

○CineVegasホームページ
http://www.cinevegas.com


c0150860_19193338.jpg


○「Etienne!」公式サイト(英語)
http://hamstermovie.com/

c0150860_19223071.jpg


○「Etienne!」予告編

http://www.youtube.com/watch?v=j2ZH7YaHbGo



○あらすじ

リチャードは、夢も希望もなく、専攻も決まらないまま大学でアートのクラスをとりながらバイトでつないでいるサンフランシスコの大学生。

パンクロックにはまっているルームメイトとの生活に飽き飽きしながらも、唯一の親友であるハムスターのEtienne(エティエン)と一緒にアパートで暮らしています。
c0150860_1926882.jpg

しかし、エティエンに食欲がなくなったのを心配したリチャードは動物病院へ。そこで獣医さんに、エティエンはガンに冒され、治る見込みがなく、安楽死させなければいけないと宣告を受けます。
c0150860_19255923.jpg

他に友達のいないリチャードにとって自分の唯一の親友であるエティエンでしたが、サンフランシスコでしか過ごした事のないエティエンを安楽死させる前に、世界を見せてあげようと、自転車に乗ってサイクリング・ロードトリップに出かけます。

エティエンとの最期の旅、それは、いろいろな人との出会いが待っていました・・・。
c0150860_19293594.jpg

70年代の青春映画を彷彿させるロードトリップムービーです。



○映画の裏話

私は残念ながら、映画の撮影自体にはロスでの雑誌の編集の仕事があったので参加出来ませんでしたが、編集には日本から参加させていただきました。

プロデューサーは、○0年前、私がロサンゼルスの英語学校に通っていた時に知り合ってから、何十本と一緒に仕事をしている、スイス人の親友Giacun Caduff(ジャクーン・カドゥーフ)。そして監督は私が通っていたカロフォルニア州立大学ロングビーチ校の映画学部の後輩で、日系アメリカ人のJeff Mizushima(ジェフ・ミズシマ)です。

監督のジェフは、大のハムスター好き。編集作業のときにハムスターの音を録りに彼の家に・・・ハムスターが沢山いて、分けの分からないカゴなんかも・・・。「なるほど、こういう映画作るわな」と納得しました(苦笑)

下の写真が監督のジェフです。普段はミュージックビデオや編集等ををしています。
c0150860_19305374.jpg

しかも、撮影スタッフのほとんどが、映画学部の同級生。ジェフとジャクーンが自分たちのお金と投資家からのお金を無事集め、デジタル化が進んでいる映画業界の中、あえて、70年代風の雰囲気を出したいという事で、16mmフィルムでの撮影でした。

といっても超低予算の撮影です。主人公リチャード役をしている彼が実際にバイトで働いていたサンフランシスコの古いホテルで撮影をしたり、知り合いの女優さんに、脇役権スタッフで働いてもらったり・・・というか撮影スタッフのほぼ全員がウチの映画学部の出身だったので、ある意味学校のプロジェクトの延長線上でした。みんな卒業してからしばらくしてのプロジェクトだったので、雰囲気が懐かしかったとの事です

私も本当は撮影に参加してほしいと頼まれたのですが、残念ながらロスの出版社の経営があり、1カ月近く事務所を離れるのはできなかったので、編集のみの参加となりました。

撮影は2年前の2007年初夏。編集作業は監督とプロデューサーが映像の編集。私が日本に本帰国してから、インターネットでデータをやり取りし音の編集を・・・、そして、去年の今頃にロサンゼルスに行って数ヶ月間、プロデューサーのアパートに急作りの手作りスタジオで編集して仕上げました。

そして、プロデューサーが完成から10ヶ月間、スイスとロサンゼルスを行ったり来たりしながら、映画のセールスエージェントを見つけ、各映画祭に応募。そして今回、ラスベガスの映画祭、シネべガスでワールドプレミアーとなりました。



○シネべガス映画祭とは

シネベガス映画祭は、日本ではあまり有名ではありませんが、サンダンス映画祭、ロサンゼルス映画祭に肩を並べるほどの、最近急成長している映画祭です。

デニスホッパーが主催している映画祭である事と、ラスベガスという観光地でもある事から、アカデミー賞を受賞した映画のプレミアも最近ここで行われるようになりました。

そして、2年前には、「オーシャンズ13」のプレミアも行われました。

○「オーシャンズ13」プレミア時のビデオ
http://www.cinevegas.com/cv/index.php?option=com_content&task=view&id=653&Itemid=364&bcpid=1902518832&bclid=1078617373&bctid=1037207792

ということは、小さいながらも自分が関わった作品が「オーシャンズ13」と同じステージで人々の日の目を浴びることになると言っていいですよね(おおげさですが・・・)。

ということで映画業界から注目されている映画祭なので、映画のバイヤーも訪れます。プロデューサーと、セールスエージェントは、なんとかこの映画祭でのプレミアを成功させて、劇場公開をしたいともくろんでいます。


○6月12日夜8時半にラスベガス集合!

ということで、今日、正式にスケジュールが発表されました。6月12日金曜日、午後8時半。パームカジノリゾート内にある映画観、ブレンデン・シアターにて、私たちの手作り映画「エティエン」のプレミアが行われます。

○Brenden Theatersホームページ
http://www.brendentheatres.com/main.php

金曜日の夜にスケジュールを組んでいただいたという事は、映画祭関係者の方に気に入っていただいたという証拠でもあり、うれしいですね。

ということで、6月まで時間がありますので、みなさん、有給休暇の申請をしてチケットとホテルの予約をして下さい。英語なので日本語字幕はもちろんありませんが、ラスベガスで休暇するがてら、よろしくお願いします。

----------
日時:6月12日金曜日
時間:午後8時30(現地時間)
場所:Brenden Theater(Palms Casino Resort内)
住所:4321 W. Flamingo Road, Las Vegas, NV, 89103, USA

Googleマップ
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=4321+W.+Flamingo+Road,+Las+Vegas,+NV&sll=37.0625,-95.677068&sspn=44.47475,74.707031&ie=UTF8&t=h&z=16
----------





ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-25 21:07 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


WBCで見つけた新しい技術?
一応時事ネタで、映像とマーケティングを本職としている人間の観点から、今回のWBCで気がついた事を一つ。

アメリカのスポーツテレビ局ESPNのサイトで、今、ハイライトのビデオが見れます。

http://sports.espn.go.com/mlb/worldclassic2009/columns/story?columnist=neel_eric&id=4011321

ここで気がついたんですが、ESPNのビデオのバッターボックス後ろの電子広告。

アメリカ企業の広告です。

日本の中継の時は、日本の広告ばっかりだったので「WBCの日本スポンサーって金持っているんだな〜」と思っていました。

いや、ESPNのサイトのビデオでは、すべてアメリカ企業の広告でした。

日本の中継用にすり替えていたんですね。
ということは、韓国のテレビでは韓国の広告をすり替えているんでしょうね。

と思っていて調べてみたら見つけました。WBCのホームページ中のマルチメディアのページ
http://web.worldbaseballclassic.com/multimedia/index.jsp?team=wbc

でもビデオを見る事が出来ます。が、ここの「Recap: JPN 5, KOR 3 F/10」をクリックしてビデオを見てみて下さい。

バッターボックス後ろの電子広告が緑色になっています。

ということはグリーンスクリーンで後ですり替えていたんですね・・・。

全然分からなかった〜。不覚です〜。

すごい技術でした。

なぜかというと、芝生の色も緑色。しかも選手が広告の前を通ったときはきちんと選手を映さないと行けません。また、画面の揺れにきちんと反応しなければ行けません・・・。

ちょっとマニアックな事を書くと、芝生の緑と電子広告の緑はHD換算で、あっても数十ピクセル程度。そして選手が前を通る時のマスキングと、カメラのモーションコントロール技術の処理速度の速さが逸脱していたので、素人目には全然気がつきません。

広告業界は、ここまで進化しているんですね〜。

とにかく、久しぶりに手に汗握る試合を観戦出来ました。



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-24 20:04 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


インド映画がオスカーを穫ったわけ

久しぶりに、映画に関して書いてみます。

ちょっと話題は遅くなりましたが、先月オスカーを受賞した「スラムドッグ・ミリオネアー(Slumdog Millionaire)」を観る機会がありました。

実は私的に、「ベンジャミンバトンの数奇な人生」が穫るかな〜と思っていたんですが、スラムドッグを見て、オスカー受賞に納得しました。もちろん両作品はすごく良い作品なので、機会があれば両作品を見てみて下さい。

「スラムドッグ・ミリオネアー」は、あの「クイズ・ミリオネアー」のインド版にひょんなことから出演したスラム街出身の青年が、史上初めて1000万ルピアーの問題をクリアーしたところから始まります。

スラム街出身の青年が、他の有識者を出し抜いて1000万ルピアーの問題まで答え続けれるはずはないと、警察に拘束されて尋問されて行きます。それを通じて、少年が、たまたま出題された問題たちが、自分のスラム街での差別や迫害、ギャングとの抗争を通じ得た経験によって知っていただけだというところから始まります。

結構グロテスクなシーンがあるので覚悟して観てもらいたいですが、7年前のブラジル映画の「シティーオブゴッド (City of God)」

○City of God日本公式サイト
http://cityofgod.asmik-ace.co.jp/
シティ・オブ・ゴッド[DVD]

と方向性は似ています。シティーオブゴッドも、ブラジルのスラム街を舞台にした青年とギャングとの抗争を描いた青春映画です。ブラジルの映画各賞を総なめし、アカデミー賞にも何部門かにノミネートされました。


○ハリウッド映画の7年の変化?

実は、この2作品、いろいろな共通点があります。

1.両作品とも青年の成長を中心に描いている
2.両作品とも子供の虐待や殺し合いを描写している
3.両作品とも制作者は海外主体

です。特に注目したいのは、制作者の部分です。

「シティーオブゴッド」は、プロデューサーはアメリカ人、制作費はブラジルとフランスから出ています。

「スラムドッグ」の方は、監督がイギリス人、制作プロダクションもイギリスです。

つまり、両作品とも非常に良く似ているんですが、「シティーオブゴッド」はオスカーにノミネートされただけ。

オスカー受賞の明暗を分けたのはなぜでしょうか。



○「スラムドッグ」にあって「シティーオブゴッド」になかったもの - 言葉

まずは、言語です。

シティーオブゴッドは前編ポルトガル語でしたが、スラムドッグは、本編の7−8割が英語です。これは、インド人が元々イギリスの植民地で多民族国家だったこともあり、学校の授業はほとんど英語で行われています。なので、インド人は英語がしゃべれるというのがあります。

実際に、映画の公開がアメリカで開始されたのは、昨年の11月。全米で10館ほどしかありませんでした。

しかし、人気はどんどんと上がり、オスカーの前の週から2000スクリーンを超え、オスカー受賞後は3000スクリーンに達し、映画の興行収入も全米1位になってしまいました。アメリカだけで興行収入が100億円を超えてしまったのです。超ロングランの記録です。

これには、映画の大半が英語である事実は否めません。



○親しみのある題材

そして、アメリカでも親しみのあるクイズ番組「クイズ・ミリオネアー」が題材です。
しかし、インドのスラム街の青年の話です。

親しみと新しさのバランスが絶妙ですね。

シティーオブゴッドは、全編ポルトガル語。そしてブラジルの生活だけですから親しみは具合から負けていますね。



○監督・制作会社がイギリス人

監督は、イギリス人の監督、Danny Boyleでした。オスカー監督賞も受賞しましたね。

イギリスでは、6年前に、

○ベッカムに恋して
http://www.albatros-film.com/movie/beckham/
ベッカムに恋して [DVD]

という映画が大ヒットしました。これはイギリスに住むインド人のサッカー好きの少女がプロサッカー選手として成長して行くという青春映画ですが、植民地だったインドから、たくさんのインド人が移民として生活しているイギリス。

インドの映画産業はすごく活発ですが、インド国内に限定していました。しかし最近になって、イギリス在住のインドの映画関係者の影響が大きくなって来たというタイミングも見逃せません。

イギリスが制作会社で、監督がイギリス人。そして「クイズ・ミリオネアー」もイギリスが発祥です。

インドの事を良く分かって、しかも世界に通じる英語での映画を作る事が出来たイギリスだからこそ出来た成果でもあると思います。



○音楽によるマーケティング

そして、私が今回、オスカー受賞にめちゃくちゃ貢献したと思っているのが、ここです。

私が過去何回も取り上げているロサンゼルスの公共ラジオ局、KCRWが、映画の公開前から、スラムドッグのサウンドトラックを毎日のようにかけていたのです・・・というか、今でも結構流れています。

<参考記事>

○アメリカのNPO“ビジネス”から日本のNPOを考える
http://ja.katzueno.com/2008/04/583/

○英語の勉強にネットラジオを活用しよう
http://ja.katzueno.com/2008/10/857/


なんか、裏取引が会ったのではと思うくらいですが・・・実は、このKCRWというラジオ局、結構インドの音楽を、私が聴きだした10年以上前から流していました。

というか、ここのKCRWの音楽ディレクターをしていた方が、イギリス人の方。
http://www.nicharcourt.com

なんか、すごくパズルがうまく組み合わさって来ていますね〜。インド人の移民がたくさんいるイギリスで育った方がKCRWの音楽ディレクターであれば、インドの音楽を流しますよ〜。

そして、これはあくまでも私の推測ですが、KCRWはメンバーの寄付金から成り立つラジオ局です。

おそらく、KCRWに寄付をする人で、インド人の方が結構いらっしゃったのではないかと考えているのですが・・・って、そういえば、自分の周りでも数人、インド人で映画関係者でKCRWのメンバーいます・・・。

そして、このKCRW、ハリウッドの映画関係者が結構聞いています。なぜかとう言うと・・・。



○The Business
http://www.kcrw.com/etc/programs/tb
ハリウッド業界を中心に扱ったエンタメビジネス番組

○The Treatment
http://www.kcrw.com/etc/programs/tt
ハリウッドの有名人との対談番組

○Martini Shot
http://www.kcrw.com/etc/programs/ma
ハリウッドのプロデューサーが自ら語る裏側トーク番組



というふうに、ロサンゼルスでハリウッド関係者の多くが寄付者であるからこそ出来る、公共ラジオ局ならではのラインナップが揃っています。



ちなみに、各番組は、各ページから今でも視聴する事が出来ます。最近面白かったと思ったのが、2月23日に放送された、世界のメディア王、ロバートマードックの自叙伝を書いた著者の一とのインタビューを放送した“The Business”

○Rupert Murdoch, 'the Man Who Owns the News'...and a Lot of Hollywood
http://www.kcrw.com/etc/programs/tb/tb090223rupert_murdoch_the_m

内容は、世界のメディア王、ロバートマードックは、最近のMySpace買収、テレビや映画に進出していますが、それらは金のためであって、本当は新聞業界が一番大好き。という内容でした。



おっと、話は脱線しました。

とにかく、これほど、映画業界の人が聞いているラジオ局に、元々インドの音楽が結構流れている、音楽番組に「スラムドッグ」のサウンドトラックが連日のように流れているのです。



アカデミー協会の会員は、すべての映画を見てオスカーの投票します。

正直言って、面倒くさい作業です(とある知人曰く)。

仕事で忙しくても見なくては行けないので、負担になっている人もいます。

でも、ラジオ番組でサウンドトラックが連日のように流れ、英語で、しかも「クイズ・ミリオネアー」が題材の映画を見に行くのと、海外で数々の賞を受賞していても、事前資料が全然ない外国語で文化が違う映画を観るのとは、全然環境が違います。

以上の事から、「スラムドッグ」は、海外で制作された映画でありながら、他のハリウッドで作られた作品と同等の土台で争う事が出来た要因になっていると思うのです。



などなど、インド映画がなぜ、オスカーを受賞出来たかを書いて行きましたが、これは一夜にして成し遂げた偉業ではなかったのです。私は、オスカーは「ベンジャミン」が穫るかな〜と思っていましたが、「スラムドッグ」が賞を総なめにした事を耳にしたとき、あまり驚く事もなく納得してしまいました。

それは、インド人が何百年もの植民地政策でイギリスの支配下にいた事・・・。そしてそのインド人の影響がハリウッドに影響を与えている事。そしてKCRWのラジオ番組を10年くらい聞き続けていたからなんですね〜。



以上の事を書きましたが、所詮は良い映画を作れないと話になりません。
良い映画を作るというのは大前提ですが、以上のように、今までの長年の努力がこつこつと積み重なった集大成がこのような結果になったと思います。

というか、映画自体もかなり面白かったので、かなりおすすめです〜。

とにもかくにも、スラムドッグ関係者の皆さん、おめでとうございます〜。



<ハリウッド・オスカー関連記事>

○ハリウッド映画・ヨーロッパ・そして資金調達のヒミツ
http://ja.katzueno.com/2008/02/470/

○映画の投資の集め方(前の続き)
http://ja.katzueno.com/2008/02/472/

○日本インディ映画に未来はあるのか。スタジオとインディーの違い
http://ja.katzueno.com/2008/10/806/

○一足先に日本人がアカデミー賞を受賞
http://ja.katzueno.com/2008/02/437/

○今度は日本人メイクアップアーティストがアカデミー賞に
http://ja.katzueno.com/2008/02/445/

○ハリウッドで頑張っている日本人の紹介
http://ja.katzueno.com/2008/02/550/

○ロスでブレイク!日本人映画監督
http://ja.katzueno.com/2009/01/939/





ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-10 13:56 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


東京オープンソースコンファレンスのビデオ公開〜!

さて、私は、日本で、オープンソースのソフトウエアを開発している、Usagi Projectの開発メンバーの一員ですが、このたび、先週末行われた、東京オープンソースコンファレンス2009/Springに参加して参りました。

Usagi Projectでは、MixiのようなSNSを、サーバーの知識があれば、どなたでも安価に導入出来るように、MyNETSというソフトウエアをボランティアの有志によって開発、無償で公開しています。

また、このたび、Usagi Projectが、concrete5という、ホームページ運用ソフトウエアの日本語版を開発・配布していくことになり、その発表をかねて、東京に行って参りました。

オープンソースとは、ソフトウエアを無償で公開し、しかも、利用者が自分で好き勝手に変更出来るようにとプログラムのソースコードも公開されたソフトウエアの事を指します。

concrete5も、元々は、アメリカのデザインスタジオで開発されていた110万円もする商用ソフトウエアでしたが、彼らが昨年、自分たちの技術をより多くの人に使ってもらおうと、オープンソース化されました。

つまり、110万円したソフトが、タダになったのです。

オープンソースというビジネスモデルは様々な業態があります。

例えば、寄付金を募ったり、開発者をボランティアで募集して運営して行くオープンソースもあれば、会社が主体となってオープンソースのソフトウエアを普及させて行き、企業やプロジェクトによって、それ独自の特定の機能を追加させたい場合、そこからカスタマイズ料金として収益を受け取るなどのビジネスモデルがあります。

Usagi Projectは、どちらかといえば、前者のグループですが、全国各地の企業様がMyNETSを独自にカスタマイズするという有償サービスも提供しています。

■Usagi Project パートナー企業一覧
http://tinyurl.com/bo5zv9

Usagi Project メンバーにはプロのプログラマーさんもいらっしゃいますし、私のようなデザインや映像業を本業としているものもいます。また普通の会社員さんで、趣味のSNSのサイトを運営されている方もいらっしゃいます。

私は元々映像・出版・デザイン出身ですが、Usagi Projectで活動して行くうちに、ウェブサーバー管理ができるようになり、プログラミングもある程度できるようになってしまいました・・・。ますます自分の職業が分からなくなって来ました・・・(苦笑)

企業主体のオープンソースのグループとは違い、きちんとしたルールを守っていただければ、どなたでも参加する事が出来ます。自由な雰囲気のあるオープンソースグループです。

concrete5開発元は、どちらかというと、デザイン会社主体で後者にあてはまります。しかし、今現在、世界各地の有志が各国語判を制作しており、私も日本語制作にあたり、スイスのユーザーグループの方と外国語への対応について協力し合ったりしています。

現在、concrete5は日本語対応すべく誠意制作中です。できれば今月中に一般公開出来るレベルにまで行けたらなと思っています・・・。



さて、前置きが長くなってしまいましたが、先週行われたイベントのビデオの模様です。実は英語なんですが・・・。

普通画質
http://www.youtube.com/watch?v=1AFjZKTWMSA
HD画質
http://www.youtube.com/watch?v=1AFjZKTWMSA&fmt=22




このビデオは以下の理由で英語で作らせていただきました。

1.開発元への敬意と結果報告
2.Usagi Projectの活動を世界にアピール

日本のオープンソースのグループが頑張っているんだ〜と世界の皆さんにアピールできればとも思っています。

また後日オープンソースの活動について、誰でも使えるSNSソフト、MyNETS、そして、この画期的なホームページ運用ソフト、concrete5について、詳しくレポートして行ければとも思っています。


■Usagi Project公式ホームページ
http://usagi-project.org

■concrete5日本語公式サイト(準備中です)
http://concrete5-japan.org



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2009-03-02 17:47 | きんきょう

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧