ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


「名古屋 de 鬼ごっこ〜2010」 エイプリルフィール記念
c0150860_241533.jpg

2010 エイプリルフィール記念・Social Mediaを使って「名古屋 de 鬼ごっこ」


詳しくは・・・
http://unkocurry.com/401nagoya/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-04-01 02:06 | ひまつぶし

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


テクノロジーと映画演出の危機

最近のパソコンのディスプレイにはHDMI端子がついているので、ビデオレコーダーをつけるだけで、パソコン用ディスプレーが地デジ対応テレビに早変わりします。



<関連記事>
● 5万円で フルHD地デジ & レコーダー。エコポイントなんて関係ない?
http://ja.katzueno.com/2009/09/1065/



朝に時間がある時は、テレ東→フジテレビ→NHKの朝のニュースを見て・・・というのが日課になっていますが、時々、仕事をしながら、テレビをつけっぱなしにして、朝の連続ドラマを見てしまう時がああります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 映像制作者にとっての雑誌記者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、



● 連続テレビ小説「ウェルかめ」
http://www9.nhk.or.jp/asadora/welkame/



を時々、「聞きながら」作業をしていました。(あくまでも仕事中心)

その時に、ちょっと違和感を感じたのです。

というか、映画制作者にとって、危機感を持たなくてはいけない重大な事実を発見したのです。

映像の演出にとって、かなり危機的な状況になっているのです。



簡単に説明すると、事の始まりは、このNHKドラマを見ていた時の疑問から始まります。

倉科カナさん演じる浜本波美が、地元活性化のために、地元徳島を紹介するフリーペーパーの発行を始めます。そこで、主人公の波美は、フリーペーパーの題材を探そうと試行錯誤します。

それから、フリーペーパーの評判が上がって・・・とストーリーが続きます。

その時に、私は、かなりの違和感を覚えました。

なぜかというと、主人公の波美が、フリーペーパーのネタを探している苦労が、あんまり伝わってこないのです。

なんでなんでしょうか。

NHKの演出さんが手抜きをしているわけでも有りません。倉科カナさんの演技がヘタでも無いのです。

でも、何故か、主人公の波美さんの苦労が伝わってこないのです・・・。



とにもかくにも、そうしている間に、最近、私はクラシック映画を見るようになりました。

時間があれば後で紹介しますが、1934年のクラシックコメディー、「或る夜の出来事(It Happened One Night)」や1953年制作オードリー・ヘップバーンの名作「ローマの休日」を見て、はっと気がついたのです。

「紙がね〜!」



※ちなみに、上記のクラシック映画は両方とも主人公が新聞記者




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「紙の存在」の重要性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうなんです。

「ALWAYS 三丁目の夕日」では、茶川竜之介が、子供小説や、小説を書く時にづまっている時に、紙をグチャクチャにして暴れます。

「ドラえもん」では、小池さんも締め切りに追われて、部屋には紙が散らばっています。時々、藤子F不二雄氏も漫画の中にでてきました。

そこで、グチャグチャになった紙っていうのは、試行錯誤をしている、記者、小説家、漫画家のシンボルだったわけで、私も小さい頃から、それを見て育っていたのです。

小説家、記者、漫画家 = ぐちゃぐちゃの紙

というのが、私の脳みそにインプットされていたのです〜!



そして・・・。



もう、記者、小説家、漫画家の方のほとんどは、紙を使いません。

パソコンを使って原稿を書きます。

なので、ストーリーの時代設定が現代であった場合、紙で原稿を書くなんて、50代以上の方ぐらいしか中々通用しません。



これは、映像制作者としてピンチです。



なんてったって、紙は、安くて簡単にセットを汚せてオーバーに見せて、んで、結構片付けも簡単です。

俳優さんの演技がちょっと下手でも、安価にごまかせたのです・・・。



しかーし、それがパソコンになったら、小道具としても、あんまり壊せないし、ビンボー小説家のストーリーだったら、どんなにネタに困っていても、パソコンをぶん投げることはしません。



昔だったら、小説家の人が、ネタに行き詰まって、商店兼アパートの2階の窓から紙くずをぶん投げたら、下を歩いていた近所のツルピカハゲのおっちゃんの頭に当たって、「このやろ〜」と階段を駆け上がって小説家のお兄ちゃんをブン殴るに来る程度で終わっていました。

現代の設定では、小説家の人が、パソコンを2階の窓の外から投げたら、パソコンの角が下に歩いているオッちゃんの後頭部を激突して死亡してしまうので、火曜サスペンス劇場になってします。しかも、パソコンの中に個人情報が入っているので、直ぐに犯人が分かります。そんなドラマはつまらないです。



予算、人物設定、ストーリー自体・・・どの面から見ても難しくなってきました。



どんなに、俳優さんがパソコンの前で悩んでいる上手い演技をしても、画面一面に散りべられる紙に比べると、全然映像のインパクトが違います・・・。



コンピュータを使って仕事をしている者として、いろいろな恩恵を受けているのですが、映像制作者の立場でもあり、それを考えると、かなりキビシー状態です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ エコが演出をダメ(?)にする!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこで、もう1つの危機感を覚えました。

「ガソリンスタンドがなくなる!」

やばいです。電気自動車が発達するので、ガソリンスタンドがなくなってしまいます!

ということは、数十年後、どんなにお金があっても、存在しなくなるので、未来の時代設定のストーリーでは、ガソリンスタンドが爆発するアクション映画が作れなくなります!

しかも、ガソリンスタンドが消えてしまうので、今後、ガソリンスタンドを爆発させるシーンを作るのに、余計にお金がかかってしまいます!



映画制作者の皆様。ガソリンスタンド爆破シーンがある、アクション映画を作るのは今しか有りません!


(って、別に工場とか、他の建物を爆発させてもいいんですけれど〜)



車のカーチェースで、車が激突、横転して、「脇役A」の運転手が中に閉じ込められて〜、主人公が助けに来てるけれど、漏れたガソリンに火が燃え移って、中にいる「脇役A」が「逃げろ〜」と言っても、主人公「そんな〜お前を見殺しに出来るか〜!」と助けようとするんだけれど、「脇役B」が間一髪で主人公を助けて、「脇役A」は、交差点の真ん中で車と一緒に爆発して、主人公が「お〜〜〜!!!」と号泣する隣に、ヒロインのネーちゃんが寄りそうという感動シーンが作れなくなるのです!





映像制作者も、技術の変化についていかなくてはいけないと実感した一日でした。

いや、しょーもないネタでした・・・。

というか、どなたか数十億円くらいください〜。今のうちにガソリンスタンド爆破シーンの映画撮りましょう〜!







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-03-30 16:41 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


Twitter成功のわけ = Ustream (ボケ) + Twitter (ツッコミ) 関係

忙しいです。すごく忙しいです。でも、幸せです〜。

数ヶ月前にちょっとだけ、取り掛かっていると紹介した、「Japan Film Festival Los Angeles」のホームページが段々と形になってきました。
c0150860_2335528.jpg
● Japan Film Festival Los Angeles 2010
http://www.jffla.org/2010/ja/

私が関わっている concrete5 を使用して構築しました。

当社もスポンサーとして参加させていただいています。



<関連記事>

● 岩井俊二監督が審査員の短編映画祭「box[ur]shorts Film Festival」サイトリニューアル
http://ja.katzueno.com/2009/11/1087/





自分でも、日本語版翻訳者として concrete5 を理解しているつもりですが、こうやって実際の案件で作業していくと、その効率性と操作性が素晴らしいことを再実感させられます。

最初、WordPress さんや Movable Type さんを使われている方にとっては、慣れない部分があると思います。ですので、数カ月、ゆっくりと自分で勉強できる方に限ってですが、きちんと勉強できれば、かなり効率良くサイト構築が出来ると思います。

今回は、このプロジェクトで

・サイト構築
 ・テンプレート制作
 ・多言語化
 ・パスワード保護ページ
 ・予約フォームシステム

などを、ほぼ concrete5 の基本機能だけで構築しました。68ページものサイトを、ほぼ一ヶ月で構築できたのは、奇跡です。




この他にも、

・SNSで情報交換
 ・Usagi Project の MyNETS を使用
・Google Docs で文章管理
・Twitter & Facebook でマーケティング

などを活用しています。

さて、今日は、この中でも Facebook と Twitter に関して紹介したいと思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Twitter が成功したわけ:SNSの歴史
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実はさきほど、ロサンゼルスから連絡がありました。

とある知り合いの企業から、とある商品を紹介したいとのことでした。

ということで、企画書を2時間でメールで書いて、3〜4時間待ったら・・・。

「オッケー。予算も降りたよ」

と即認可が降りて、Ustream、Twitter、Facebook を使ったマーケティング活動をロサンゼルスの3人と日本の私1人で行うことになり、翌日には、Skype を使ってネットミーティング。

そして、私が Google Docs と Google Wave を使って文章を共同管理して行こうと提案し、作業が始まっています。





クライアントさんからお願いがきてから3日目にチームが結成され、作業が始まりました。

・Twitter
・Facebook
・Ustream
・YouTube
・Eメール

を中心とした活動を

・Skype
・iChat
・HootSuite
・bit.ly
・Google Docs
・Google Wave

などのサービスと

・Tweetie
・TweetBubble
・Ustream Producer

などのソフトやiPhoneアプリを使って行います。

正直言って、各サービスの使い方を紹介するだけで数冊の本が書けてしまうような状態です・・・。

今回は、簡単に、今、「Twitter」がなんで注目されているのかを紹介したいと思います。

本当にTwitterを使いこなしたいと思われる方は、上記のような様々なサービスを使いこなしていくのが重要なのです。





Twitter の成功を紐解くと、アメリカのソーシャルメディアの変革に当てはまります。

Six Degree というサービスから始まったSNSサービス。最初の火が付いたのは、 Friendster というサービス。私も2003年4月ぐらいに最初にFriendsterにユーザー登録。

最初の SNS は友達と紹介しあう程度。

Friendster は現在でも東南アジアには人気です。これは、インターネットの接続スピードに関係があるかもしれません。

しかし、アメリカでは MySpace が大人気になりました。そのキーワードが「カスタマイズ」と「ミュージシャン」でした。

HTMLやCSSを習得する必要がありましたが、その後、オンラインで簡単にコードを作れるサイトも出てきて、皆が自由自在に自分のプロフィールをデザインすることが出来ました。

自己主張が激しいアメリカならではです。

そして普及したもう一つの理由が、アーティストが気軽に自分の楽曲などを紹介し、ファンとの交流やマーケティングが可能になったことです。

ここで、私のソーシャルメディアとの関わりも、友達と連絡を取り合うツールから、仕事のツールとしても活用するようになりました。2005年頃のことです。

というのも、MySpace で、「映画」のプロフィールが作れるようになったのです。

ということで、インディー映画を作っていた私は、MySpace で自分の作品のプロモーションを開始、そして他の映画のプロモも、お金をもらって管理するようになったのです。

最終的に MySpace で管理していたアカウントは 8つになりました(苦笑)

つまり、考えていただくと、私が Mixi で8つのプロフィールを持っていたと言うことになります。



しかし、MySpace も問題があったのです。

・プロフィールの装飾がかなり自由に行え、読み込みが重いプロフィールが出る
・アーティストやねずみ講ビジネスからのスパムが大量に発生した

そして、サーバーからのレスポンスが遅かったり、よくサーバーが落ちたりしました。

(全然関係有りませんが、ネットワーク管理をしている知り合いが働いていたサーバーセンターに、 MySpace のサーバーがおいてあり、直に見たことがあります。それだけなんですが〜)



そして、2007年、Twitter が登場し Facebook が後述の理由で一躍有名になりました。



んで・・・ここで気がついたのですが、7年間の変革を書くと、めちゃくちゃややこしくなるので、ハショります・・・。




ともかくも

Friendster はソーシャルの基礎を確立し
MySpace は、ビジネスとしての可能性を与えてくれましたが、ユーザーに過ぎた自由を上げてしまって混沌としてしまいました。

それらの SNS の欠点たちを Facebook はバランスよく調整しました。

Facebook は2009年に自分のプロフィールのデザインの自由度をあえてなくし、他のSNSに比べると、結構な“規制”をかけました。しかし、ユーザーのカスタマイズ度が制限されることにより、目障りなプロフィールなどがでてこなくなりました。

Facebook のデザインに自由度が効かないことが受け入れられたのは、 MySpace がどれだけひどい状態になったかを皆が見てきたからでだとおもいます・・・というか私のアメリカにいる友人たちも異口同音に語っています。なので、 Facebook は運が良かったのもあるかもしれませんね。



そして、Facebookは、他のどのソーシャルネットワークが考えつかなかったことを、2007年5月にやったのです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Twitter が成功したわけ:オープンになること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それが、「オープンになること」でした。

MySpace 時代では、サイトの中にすべての機能を入れて完結しようとしました。しかし、私のように、仕事として、ブログや Twitter や・・・と、いくつものアカウントを管理するのはすごく面倒くさかったのです。

そこで、Facebook では、今ではMixiでも導入された「アプリ」機能を始め、そして、Facebook Connect というサービスを始めたのです。

ユーザーが自分の好きな機能を付け加える・・・。iPhoneのアプリの機能のようなもの、そして、Facebook Connectとは、Facebookが、他のサービスに、ユーザー認証を代行しようというサービスです。

Facebookは、ユーザーのログインなどのユーザー管理で基本的なことを行い、第3者の企業が、サービスに参入出来るようにし、商業的に大成功をおさめることができた最初のケースだったのです。

そして、TwitterとFacebookは、つぶやきをFacebookとTwitter相互にシンクロさせることによって、ユーザーの面倒くささを解消することになり、それが爆発的な発展を遂げることになったのです。

そして今、Ustreamも爆発的な人気を収めています。

その起爆剤となったのが、TwitterとFacebookとの連動です。

TwitterやFacebookで、該当するUstreamの放送をつぶやくと、それがUstreamの放送ページにも反映されるようになったのです。

つまり、これからは、どれだけ、プラットフォームを「オープン」にして、ユーザーの面倒くささを解消することが鍵になると思います。





さて、Twitterが成功したわけ・・・を書いているのですが、なぜか Facebook の話しばかりになってしまいました・・・。

時間もないので要約すると・・・ Twitter は、Facebookの例に習い、自分たちの中で完結するのではなくて、他のサービスと一緒に共存することを選んだのです。

Twitterは、2007年にサービスが開始したものの、ちょっと低迷した時期が続きました。2008年の大統領選挙でちょっとだけ注目を浴びましたがそれほどでもありません。

ですので、 2009年に Facebook と同じように、ユーザー認証を公開しました。そして、それに加え、 Twitter は認証されたユーザーの情報を他のサービスに提供することを許したのです。

また、Twitter 自身は140文字のマイクロブログというスタンスを崩さず、シンプルを貫いていると言うのも MySpace からの教訓かもしれません(憶測です)。そして、Bit.ly、TwitPic や Twitlogなど、追加機能を他のサービスととして提供させることにしたのです。

Twitter が成功したのは、Facebook の Friend Connect の成功を垣間見た Twitter が、それを取り入れて、 Facebook との共存を図り、しかもその拡張機能追加をスピーディーに行えたからです。

そして、Ustream も同じように、 Facebook Connect を見て、 Facebook と Twitter との共存を他のライブ放送サイトの誰よりも早く行ったので、成功したのではないでしょうか・・・。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Ustream (ボケ) + Twitter (ツッコミ) 関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、技術的な難しい話はおいといて・・・。

簡単に言うと、「Twitter」と「Ustream」は、ボケとツッコミの関係を築けたのではないでしょうか〜。





Twitter を使いこなすためのコツ・・・。

それは、SNSの試行錯誤の歴史そのものです。

他のサービスを上手に使い分け、気軽に連携できる。

そして、それらを誰よりも速く行わなければいけません(ここ重要)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今からの鍵は「オープン」と「コラボレーション」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実はこれ、ネット上で発展したものではなく、実際の社会ではすでにあるものです。

例えば、免許証を例にとります。

免許証の本来の役割は、自動車が運転出来ることを証明するためのためだけに作られました。

しかし、免許証があると、なぜか、本来の「車の運転」という目的以外に、レンタルビデオでビデオを借りられたり、アメリカではクラブに入るときの年齢チェックに使われます(車の運転を証明するものが、飲酒のため使われています(苦笑))



これって、将来のネット以外のビジネスにも繋がることではないかなと思っています。











ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-03-28 02:41 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


開いた口がふさがらない Photoshop CS5

寝ようと思ったら、以下の動画を紹介するつぶやきが・・・。

次期 Photoshop 新バージョン CS5 に搭載される「Content-Aware Fill」機能・・・。

日本語訳チームがどのように翻訳をするのか楽しみですが・・・。

なんでも・・・周りの画像パターンを自動検出して、きれいな形で「塗りつぶして」くれる機能です・・・。

Photoshopを使って写真の修整をしている人は必見!!!
というか、これは、CS5買わないといけなくなりましたね・・・・。

とにもかくにも、英語がわからなくても、動画を見たらわかります。

フルスクリーンにして御覧下さい。

ちょっとした選択 & クリックでこんなことが出来るなんて・・・。これを見た瞬間、笑いが止まりませんでした・・・。 concrete5 を最初に見た時と同じくらいの感動です!







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-03-25 02:30 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ソーシャルメディアのプロが使うデザイン素材集

今日は短い紹介。

ここ数カ月、「Mashable」というブログ情報サイトを購読しだしました。
ブログやソーシャルメディア情報を中心に情報発信しているニュースサイトです。

サイト自体にも最新の技術が取り入れられ、私も結構自分のサイト制作に取り入れたりさせていただいています。

しかし問題が・・・。

使える情報がありすぎて、紹介しようと思っていると、また新たな美味しい情報を発信しています・・・。

この情報量は凄いです。

ということで、詳しく紹介するのを諦めて、手抜き紹介することになりました。

今回紹介する記事は・・・



● 10 Essential Design Tools for Social Media Pros
http://mashable.com/2010/03/23/social-media-design-tools/

「ソーシャルメディアのプロが使う10の基本デザインツール」



各ソーシャルメディアのプロと呼ばれるデザイナーさんが方が実際に使っているツールをまとめたものです。

企画書作成ツールとか、プロジェクト管理ツールなど、楽になるツールが目白押しなのですが・・・。英語ができないと問題です。英語が出来る方でも、クライアントが英語読めなかったら使い物になりませんし・・・。

ということで・・・今回紹介するのは



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● デザイン素材のリソース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベクター形式デザインは

c0150860_8462922.jpg
● Dezignus
http://dezignus.com/





色彩デザインは

c0150860_8464063.jpg
● COLOURlovers
http://www.colourlovers.com/





フォントは

c0150860_8482850.jpg
● DaFont
http://www.dafont.com/





グラフィックのインスピレーションはもとより、Photoshopのカスタムブラシや、テキスチャー、アイコン、スタイルなども豊富にある・・・

c0150860_8503418.jpg
● deviantART
http://www.deviantart.com/





そして、極めつけがこれです!
というか、個人的に探していたので、忘れないために今回は紹介したのでした・・・。





英語のみですが、単語で自分にあったアイコンを検索してくれる・・・

c0150860_8523546.jpg
● Iconfinder
http://www.iconfinder.net/





これは便利そう・・・。

しかも、今、 concrete5 日本語サイトのコミュニティーを作っているところなので、かゆいところに手が届くアイコンを探していたのでした・・・。

わーいわーい。






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-03-24 08:55 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「障がい者」表記の矛盾と英語力

突然ですが、私は、ネイティブの英語を直せるくらいの英語をしゃべることが出来ます。

ネイティブの英語を直して、お金をもらっているので、私の英語はネイティブ以上と言ってもセーフなんじゃないでしょうか・・・(苦笑)





ともかく、英語をしゃべれるようになるに当たって実感していることの1つは・・・

「母国語もきちんと喋れること」

が、どれだけ重要だったのかです。



このブログもそうです。

このブログは、自由気ままに書いているので、誤字脱字が多いですが、このブログを始めた4年前に比べると、格段に文章力が向上しています。

そして、同じように、英語力もこの4年間で向上したと思いました。




日本語が上達し、言葉を使う力が向上したことによって、他の言語に対する理解力も強まると実感しました。





また、以前、このような記事を書きました。

----------
● 留学に必要なのは日本史か世界史か
http://ja.katzueno.com/2008/10/841/
----------

国際派人間になるために、日本史と世界史、高校でどちらを履修するべきか良いかです・・・。

上の記事を読む時間が無いひとのためにちょっとだけ書いておきますが、留学したり、海外に行く人こそ、日本史を勉強すべきだと思っています。

このように話題の本もありますし・・・。

----------
● もういちど読む山川日本史 - 山川出版社 - Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4634590646?ie=UTF8&tag=katz515-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4634590646
----------

ともかく、高校のときに日本史を選択したおかげで、ロスで、友達との会話がすごく役に立ちました。

なぜかと言うと、アメリカは多民族国家です。ですので、イギリス、ギリシャ、ユダヤ人、イタリア、イラン、パキスタン、メキシコ、ブラジルなどなど、いろいろな人種の人と知り合いました。んで、彼らと話すときに、自分のバッググラウンドをうまく説明出来ることによって、彼らと比較できるし、彼らの民族的背景を理解するのに役に立ったからです。





同じように、語学に対しても、日本語が上達したからこそ英語が上達したと思っています。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「障がい者」表記について・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、今回は日本語に関しての疑問と提案です。

さて、3月22日、東京新聞の社説でこんなことが書かれていました

----------
● 『障がい』表記 呼ばれる側の立場から
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010032202000082.html
----------

私の住んでいる三重県を含めて、世間では、「障害者」表記から「害」の表記を平仮名の「障がい者」という表記にして、障害者は「害」ではないという努力をしようと言うのです。

ちょっとですね、これに対して、ちょっと喉につっかえた違和感を感じ続けているのです。

それは、「障害者」の「害」を平仮名にしたって、ひらがなの「がい」は、どっちにしろ「害」から来ているだけであるということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「障害者」を平仮名にしても根本的な解決ではない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語には、大きく別れて、3つの種類の言葉があります。

1. モンゴル語系の古来からある日本語
2. 中国から漢語を通して中国語から取り入れられた日本語
3. カタカナ語(外来語。主に、英語から)

もちろん正岡子規が明治時代に考案した「野球」など、例外はあるものの、日本語のほとんどは上記のように、大きく別れて3つ有ります。



言語学者の方には申し訳ないくらいの手抜き解釈ですが・・・

1 の「モンゴル語系の古来からある日本語」であると日本で発明された言葉で、漢字を当て字として使った例が多いので、漢字には意味が無い。

2 の「中国語から取り入れられた日本語」は、漢字の意味や発音を取り入れられて日本語として使われるようになった。

ということが言えます。

それでは、障害者の「害(がい)」という漢字を Goo の漢和辞書で調べて、どちらの種類の漢字か調べてみましょう。



----------
● かい【害】の意味 - 国語辞典 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/28871/m0u/%e5%ae%b3/
----------

によると、

「〔漢音〕妨げ。支障。災い。」

とあります。

つまり、「害」という漢字は中国語から取り入れられた言葉で、「がい」は、その漢字「害」の「漢音」でしかないのです。

ひらがなにしてもしなくても、「がい」は、根本的には「害」なのです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「がい」の啓発は、手抜きにしか思えない〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なので、私は、「害」を「がい」と表記しましょうと活動をされている方々は、手抜きをしているとしか思えないのです。

臭い物にフタをしているだけなような気がします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 思い切って新語を作りましょうよ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英語の変わり方を見てみましょう。

上記の東京新聞の社説でも有りましたが、英語では「物乞い」という英単語と発音が似ている「ハンディキャップ」と言う言葉から「The Disabled」「The people with disability」という言葉に変わりつつあります。ロサンゼルスの街中のサインは、ほとんどこの表記になったと言ってもいいでしょう。

「Handicap」から「disability」という言葉に代わりましたが、その時、新しい言葉「Disability」には、「Hand」や「Cap」など昔の言葉は一切使われていません。

100%言葉を変えたので、イメージを100%変えてやるぐらいの意気込みが伝わってきます。



ということで、英語に習って「障害者」そのものの言葉を変える必要があるのではないでしょうか・・・。



ということで・・・私が提案する言葉。



英語に習って「不全者」というのはいかがでしょう。



「不全」という言葉は



----------
● ふぜん【不全】の意味 - 国語辞典 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/169575/m0u/%e4%b8%8d%e5%85%a8/
----------

「物事の状態や活動のしかたが完全でないこと。十分でないこと。また、そのさま。不完全。」



とあります。英語の「Diability」に似ています。





ともかくも・・・

「障害者」を「がい」にする啓発は中途半端という疑問でした〜。

ということで、「障がい者」と、ひらがなで使おうと啓発している方。
ひらがな化以上のチェンジが必要ではないのでしょうか〜。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 追記:「障碍」は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事投稿から、数人の方から「もともとは『障害』ではなく『障碍』である説もある」と指摘を頂ました。

それであれば、わざわざ、ひらがなではなく『障碍』とすべきです。

ひらがなの「がい」にしてしまうと、今まで私たちが使い慣れてきた「害」という漢字が無意識に浮かんでしまいます。

んで、常用漢字ではないから、常用漢字にならなければ漢字使用ができないといわれる方もいらっしゃるしょう・・・。「碍」の字をこのために常用漢字にしようと活動されている方がいらっしゃいます。

でも結局「しょうがいしゃ」という言葉が使われ続けることによって、「障害者」という言葉とイメージが続くことになります。

イメージアップを図るのであれば、100%変えるのがいいのではないでしょうか。

常用漢字化活動の労力を、そのまま新しい新語を考えるエネルギーにした方がいいと思います。







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
# by katzueno | 2010-03-22 19:55 | つれづれ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧