ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


タグ:エンタメ業界 ( 69 ) タグの人気記事

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


38枚写真現地レポ E3 Expo ゲーム見本市、3DSとか触ってきたよ〜

突然ですが、今、ロスで開催されている、ゲーム見本市「E3 Expo」に YokosoNews として取材に来ています。

http://yokosonews.com/

YokosoNews は英語ですが、せっかくなので、日本語で簡単にレポートします。
知り合いの方と一緒に取材しました。

先ず最初に、駐車場から、E3の体験が始まっています。

E3 が開催されている ロサンゼルス・コンベンションセンターの公式駐車場が満車だったので、駐車場を探していると・・・会場からすぐ近いところに、開いている駐車場が・・・駐車料金が$40とかべらぼうに高い値段の駐車場が多いので、それなりの価格を覚悟していましたが・・・。

なんと

c0150860_172727100.jpg


北朝鮮の国旗を、車の窓につけるだけで、無料らしいのです〜。

なんか、ビミョー。
なんか、ビミョーなきもちです。

隣の駐車場は $40 。こっちの駐車場は、タダけれども、北朝鮮の国旗を窓につけなければいけない・・・。

ゲームのプロモーションでした。

c0150860_17285913.jpg
c0150860_17291646.jpg
c0150860_17294096.jpg


ということで、会場に入っていきます・・・。

c0150860_17301796.jpg


続きは「もっと読む」をクリック

【 もっと読む 】
[PR]
by katzueno | 2010-06-16 18:28 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ロサンゼルス・アジア・パシフフィック映画祭に参加しよう

さて、先月頭、ロサンゼルスで、 Los Angeles Asian Pacific Film Festival 2010 が開催され、最終日にちょっくら取材に行ってきました。

映画祭の期間中のほとんどは、ヒューストンに出張していたため、メインイベントに参加できたのは最終日のみ。それも、参加するのを決めたのがイベント開始の数時間前という強行軍でした。

そのため、他の予定していた仕事をこなすことが優先され‥取材をしたのが先月の最初なので、レポートするのに1ヶ月ほどかかってしまいました。関係者の方には申し訳ない。

ともかくも、取材ビデオの編集と、英語記事の出稿が終わったので、こちらでも報告〜。

c0150860_1954103.jpg


英語の本記事はこちらです。

● Los Angeles Asian Pacific Film Fesitval is now seeking new people and new films for 2011
http://yokosonews.com/entertainment/los-angeles-asian-pacific-film-festival-is-seeking-more-for-2011/

● Karin Anna Cheung and her recent visit to Japan
http://yokosonews.com/entertainment/laapff-2010-karin-anna-cheung/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 成長するLos Angeles Asian Pacific Film Festival
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、長年、懇意にしていただいている、映画祭のトップで、 フィリピン系アメリカ人の、David Magdael(デービッド・マグデル)さんのインタビューです。英語が分かる方はこちらをどうぞ。

ビデオの下に日本語訳を掲載しておきます。



Los Angeles Asian Pacific Film Festival (ロサンゼルス・アジア・パシフィック映画祭)とは、 Visual Communications (ビジュアル・コミュニケーションズ)という、ロサンゼルスのNPO団体が主催する、毎年5月初めに開催される、アジア系アメリカ人とアジアの映画を中心に扱った映画祭イベントです。

c0150860_19544981.jpg


Visual Communications とは1970年に、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のアジア系アメリカ人の学生たちが、アジア系アメリカ人として文化的に社会にアピールしていくための活動としてスタートし、設立40年となります。

アジア系アメリカ人として、ドキュメンタリー作品や映画などの制作、上映などのサポートをしてきました。現在でも、定期的に小さなイベントを開催しています。

そして、26年前に、その集大成として、年に1度、映画祭を開催することになり、アジア系アメリカ人の映画作品や世界中のアジア映画作品を上映する、 Los Angeles Asian Pacific Film Festival をスタートさせたのです。

c0150860_19551559.jpg


映画祭は基本的に一般公募。上映作品のほぼ全てが一般公募によるもの。

毎年500以上のショートフィルムや映画の応募があり、その中から、開催期間中、10日間で170本以上の映画が上映され、観客動員数は毎年2万人ほど。LAのアジア系イベントで最大級のイベントです。



ロサンゼルスには他にも有名な映画祭があります。

もうすぐ開催されるのが

● Los Angeles Film Festival
http://www.lafilmfest.com/

また・・・

●AFI FEST
www.afi.com/afifest/

他にも、Sundance や Vancouver Film Festival など、規模の大きい映画祭の方が、配給会社の人に目を止められる可能性が高いです。

しかし、問題があります。

その代わりに、世界中の映画と競争するので、宣伝をしなければいけない。

上映を成功させるためには、プロモーションが必要です。

これは、映画祭がしてくれるプロモーションではなくて、自分たちが行うプロモです。

百万円単位のお金がかかっちゃいます。



なので、これらのアジア系映画祭のイベント進出から始められるのも良いかもしれません。

ロサンゼルス以外にも有名なところでは、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイ、サンディエゴ、ワシントンDC、オレゴンなどでもアジア映画祭を開催しています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ぢつは・・・Los Angeles Asian Pacific Film Festivalで私の映画が売れちゃった〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぢつは・・・。

私も、4年前、自分がプロデュースした長編映画を、 Los Angeles Asian Pacific Film Festival でプレミア上映したことがあるのです。

c0150860_20452838.jpg


この映画祭でのワールドプレミアが決定してから数カ月間、映画祭のサポートの他に、自分たちで、新聞やメディア、各コミュニティー団体にお願いして、800人収容できるハリウッドの劇場が、前売りの段階で売り切れになり・・・

c0150860_20464060.jpg


観客賞を頂ました。

c0150860_2048584.jpg


そして〜、この映画祭に見に来ていた、配給会社の方の目に止まり・・・

c0150860_20495330.jpg


無事、劇場公開、DVDも発売となりました。

http://www.amazon.com/gp/product/B001AXTUQQ?ie=UTF8&tag=deerstudllc-20&linkCode=as2&camp=1789&creative=390957&creativeASIN=B001AXTUQQ

実は、他にも、いろいろありまして、この時の出来事が、今年4月から始めることになった、YokosoNews & JapanExp につながることになるのです・・・。

詳しくは・・・Part 1 と Part 2 の録画ビデオ・・・

● YokosoNews 編集会議 in ロス
http://japanexp.org/ustream/editorial-meeting/

に収められております〜。




ということで、自分にとっても、Los Angeles Asian Pacific Film Festival は、自分が飛躍することになる第一歩の土台を与えてくれたので、ある意味、エコひいきしております〜。

でも、実際問題、チャンスを与えてくれたのは言うまでもありません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 日本のインディー映画制作者の皆さん、アメリカの映画祭に是非〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、映画祭ディレクターの David とのインタビューで、考えつきました・・・

というか、私は以前にも、映画祭の重要性をかなり認識しており、そのために、友人の box[ur]short Film Festival のサイト制作を手伝ったり、この4月には Japan Film Festival Los Angeles のスポンサーになりました。


<参考記事>

● 岩井俊二監督が審査員の短編映画祭「box[ur]shorts Film Festival」サイトリニューアル
http://ja.katzueno.com/2009/11/1087/

● 映像コンテンツ後進国日本の課題 - YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100からみる可能性
http://ja.katzueno.com/2008/11/889/

● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その1)
http://ja.katzueno.com/2008/11/889/

● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その2)
http://ja.katzueno.com/2010/08/897/

● ラスベガス映画祭レポート (1)
http://ja.katzueno.com/2009/07/1023/


日本のインディー映画制作者の皆さんで、ハリウッドで本気で自分の映画を、ハリウッドの人間に「うーん」といわせられるかもしれないと思っている方。

YokosoNews が全面的に映画のバックアップ(金銭的なものは置いておいて〜)しちゃってもいいかもしれないと考えております。

この中で、日本のインディー映画制作者の皆さんで、どれくらいいらっしゃるでしょうかね〜。

とにもかくにも、日本のインディー映画界の皆さんの反応が良ければ、 Los Angeles Asian Pacific Film Festival のスタッフと企画を進めていきたいな〜と思っておる次第です。






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-06-03 21:08 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ロスのメイドカフェで米初!コスプレ写真集発売記念イベント

英語のビデオを編集したり、レポートや書いていたので、遅くなりましたが、先週の日曜日、ロサンゼルス唯一のメイド喫茶である「Royal/T」で、アメリカ発のコスプレ写真集が発売となり、その発売記念サイン会&パーティーが行われたので、行ってきました。

コスプレの会場に足を運ぶのは15年ぶりぐらいになります。

15年前は知り合いに連れられて興味本位で、地元四日市の小さい同人販売会に数回参加しましたが、かなり地味〜だったのを覚えています。

しかし、今回は音楽あり、踊りあり、子供から中年から、家族連れまで・・・オープンで賑やかなイベントでした。



英語のレポートはこちら。

●"Cosplay in America" Book Release Party (Part 1) - Interview with Ejen & Tune in Tokyo
http://yokosonews.com/entertainment/cosplay-in-america-at-royalt/

● "Cosplay in America" Book Release Party (Part 2) - Interview with Cosplayers
http://yokosonews.com/entertainment/cosplay-in-america-book-release-party-part-2-interviews/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アメリカ人コスプレーヤーの発の写真集が発売されたのを取材してきました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国系アメリカ人で写真家の Ejen Chuang (イジェン・チャン) さんが、アメリカ人のコスプレイヤーの写真集が無いことをずっと不満に思っていたので、クレジットカードを片手に一念発起。2009年に5ヶ月間、アメリカ中のコミケイベントで延べ1600人のコスプレイヤーの写真を撮影し、そのうちの260名を一冊の写真集にしました。

そして、この日曜日に、ロサンゼルス群カルバーシティーのアートギャラリーが集中しているアートディストリクト(地域)にある、メイド喫茶&アートギャラリーの「Royal/T」で発行記念パーティーが行われたのです。

c0150860_1862339.jpg
c0150860_1864616.jpg
c0150860_1865848.jpg
c0150860_1871056.jpg


そして、以下が、私が撮影・編集したインタビュービデオその1。

● "Cosplay in America" Book Release Party (Part 1) @ Royal/T
http://www.youtube.com/watch?v=0XXWLq1MKMU



最初に出てこられるアジア系アメリカ人の方がチェンさんです。チェンさんは、普段はプロの写真屋さんですが、実は強者さん。

● PIX FEED LA
http://www.pixfeedla.com/
http://twitter.com/PIXFeedLA

● Ejenさん個人サイト
http://www.ejenchuang.com/


という、ロサンゼルスの写真カメラマンなら誰でもチェックしているという、イベントやセミナーの情報サイトも運営されています。

そんな彼も、日本のカメラ小僧のように、コスプレを撮るのが趣味。しかし、今までアメリカ人コスプレーヤーによる写真集本がないのに不満を持ちます。

ということで、自分で写真集を作ることを決意。

昨年、5ヶ月間にわたり、全米のコミケやアニメイベントでブースを設置。1600人以上のコスプレを撮影。そして半年にわたる編集作業ののち、260枚に厳選した写真集に仕上げました。

その写真集のクオリティーはなかなかのものです。

また、日本人の知り合いの力を借りて、本の文章も英語と日本語で書かれており、日本人の方もきちんと読めるようになっています。

今年2010年は、この本を持って、ネット上やコミケで販売活動をして、クレジットカードの支払を返済していくようなので、皆さん、協力してあげましょう〜。

● 「Cosplay in America」(アメリカのコスプレ)公式サイト
http://www.cosplayinamerica.com/

公式サイトには、なんと、全ページをめくって内容を紹介する立ち読みならず、立ち読みビデオがあります(以下のページ)

●「Cosplay in America」(アメリカのコスプレ)販売先
http://www.cosplayinamerica.com/purchase/

日本からの場合は、PayPalを使ったクレジットカードを使っての購入になるそうです。

チャンさんは上記のビデオインタビューでも、「注文があれば日本にも送るよ〜」と言っています。

調べてみましたが、価格は一冊$40で、日本への送料が$26です。ちょっとだけ初版はすでに完売し、2版が今週に着くそうで、発送開始は6月初旬からになるそうです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ロサンゼルスでJPOPを流しているDJ集団も取材
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記のビデオの後半は、パーティーの当日、音楽を担当していた「Tune in Tokyo」の代表のお二人、 Greg Hignight (グレッグ・ヒグナイト)さんと Del Martin (デル・マーティン)さんのインタビュー。

c0150860_18371499.jpg

c0150860_18373583.jpg


2年前から、アジア系のポップをDJしてきた二人が、日本の音楽にテーマを絞ったDJユニット「Tune in Tokyo」を結成。

レギュラーでは、毎月第3木曜日の夜にロサンゼルスのリトル東京にある「2nd Street Jazz」というライブハウスでダンスイベントを行っています。

デルさんのお好きなアーティストは Perfume だそうです。インタビューをしていた時も Perfume が掛かっていましたが、チャゲヤスなどの古い曲もカバーしていました。

時々、日本からもアーティストを呼ぶようですよ。

●「Tune in Tokyo」 MySpace プロフ
http://www.myspace.com/tuneintokyoclub

●「Tune in Tokyo」 Facebook グループ
http://www.facebook.com/group.php?gid=31363416722

ロサンゼルスにお住まいの方で彼らのイベントをチェックしたければ、Facebook のグループに加入すると、彼らがイベントのお知らせを送ってきますので、チェックしてみて下さい。

昨年、ロスに帰ったとき、たまたま 2nd Street Jazz を通り過ぎ、コスプレをしている集団が外でたむろしているのを目撃。彼らのイベントでした。

昔、2nd Street Jazz はその名の通り、ロス地元の日本人アーティストを中心に、ジャズ系の音楽ばかりだったんですが、なんともJPOPな光景を見たのは、カルチャーショックでした。

ともかくも、日本人以外で、アメリカ人によるJPOPのDJユニットです。ロサンゼルスにおこしの際、時間があれば、アメリカ人がどうやって日本のJPOPをエンジョイしているかを体験してもいいかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アメリカ人コスプレーヤーを直撃取材!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、前置きはこのくらいで、今回のメインイベントである、アメリカ人コスプレーヤーの直撃取材をお送りします。

まず、第1弾のビデオは、実際に、写真集の中のモデルとなっているコスプレーヤーの皆さんを取材しました。

● "Cosplay in America" Book Release Party (Part 2) @ Royal/T
http://www.youtube.com/watch?v=SWZN6q3je7U



最初はストリートファイターのダルシムとキャミー。やはり日本人と違い、“本当”のインド人、イギリス人系(苗字から推測)の人がコスプレすると、本物に近くなります。

次が、初音ミクと初音ミクオ。

そして、なんと、家族でガンダムしている方を発見。話を聞くと、息子さんが、両親をコスプレに誘ったのが15年ほど前だそうで・・・息子さんも普通の大人ですが・・・15年コスプレを家族で続けていると言う強者でした。

思わず私も「なんで?」とお父様に質問したところ、「いやいや、良いコミュニケーションになっているし、素材の加工とかやってて楽しいよ」との事。いやはや、コスプレが家族団欒となり、写真集にもなったのですね・・・。

そして、最後は、なんと、東海岸のニュージャージーから、片道6時間の飛行機に乗ってパーティーにやってきた、ファイナルファンタジー7、ヴィンセント・ヴァレンタイン役のエリックさん。まあ、私は日本から取材に来ているので、私の方が遠いぞ〜と自慢。しかし、コスプレをわざわざ飛行機の手荷物に預けてやってきたのかと思うと・・・アメリカにも強者が居ます。



そして、第3弾のビデオは、当日、なんとなく着ていたコスプレの他人や、カメラ小僧さんのインタビューをお送りしています。

● "Cosplay in America" Book Release Party (Part 3) @ Royal/T
http://www.youtube.com/watch?v=EGkKOZu7FOQ



とにもかくにも、ハロウィンで仮装なれしているアメリカ人。

かといって、意外というか、当たり前じゃんというか・・・アメリカ人と日本人コスプレイヤーの違いは全然感じませんでした。

同じように、適当にやっている他人や、友達に連れられているひと。自宅で楽しんでいる人や、本格的にコンテストに参加している人。コンテストよりも、他の人とのコミュニケーションを楽しんでいる人…そしてカメラ小僧さんたちの行動パターンも日本人のカメラマンさんと全く同じ・・・。

ということで、結論としては、日本のコスプレは世界共通ということでした。

以上〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-05-26 19:01 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


5/16 ロスのメイド喫茶で日本アートをダダ漏れします

ロサンゼルス滞在延長を決めたきっかけのうちの一つ。チャリティーオークション・イベント「Aftershock LA」のダダ漏れを、日本時間の明日、5/16(日)午前11時半から、Ustreamで中継します(英語のみ)。

めちゃくちゃ急な企画なので、この記事に、間違い、誤字・脱字があっても修正しません。ご了承下さい。

転載歓迎



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ロサンゼルスに集まった日系アートをダダ漏れします「Aftershock LA Live Streaming by YokosoNews」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロサンゼルスは日本人が沢山住んでいます。ですので、アートシーンでも大活躍。

今回は、日本人アメリカ人ハーフのアーティスト、キオ・グリフィス(Kio Griffith)さんが主催するCAFÉMODEなどが中心となって、ロサンゼルス唯一のメイドカフェ&ギャラリー「Royal/T(ロイヤルティー)」で、チャリティーオークションとそのパーティーを行います。

c0150860_1540121.jpg


キオさんからこの話しが来たのは、火曜日の夜・・・急遽、関係者と連絡を取り合い、前日ぎりぎりになっての発表となりました。

このイベントは、現在ではハイチで、被災者に耐震化した居住地など建てる活動を行っている「Build Change」というNPO団体を支援するために、制作プロダクションと、Royal/Tが企画したイベントです。

正直言って、あんまり日本と関係有りません。しかし、会場や、日本人アーティストが沢山参加しているので、強引に関係あると見なしてやっちゃいます。

いいですね〜、このゆるゆる感。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ロサンゼルス唯一のメイドカフェ?「Royal/T」を紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、会場は、ロサンゼルス唯一(?)のメイドカフェ「Royal/T」で行われます。

c0150860_15404647.jpg


● Royal/T(ロイヤルティー)
http://www.royal-t.org/

メイドカフェと言っても、秋葉原にあるご主人様に奉仕するようなサービスは行っていません。

ウェイトレスの方はメイドの格好をしていますが、普通のサービスですので、お気をつけ下さい。

オーナーのスーザンさんは村上隆さんのコレクションを始めとして、沢山の日本人アーティストの作品を集めているコレクター。

自分の日本人アーティストの現代アートコレクションを、ロサンゼルスの皆さんに紹介するために始められました。

ですので、メイドカフェというよりも、アートギャラリーに、カフェが付いているような感じです。

ということで、今回はこのスペースを使ってのイベントになります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「Aftershock LA Live Streaming by YokosoNews」生中継の詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とにもかくにも、急に決まった中継です。私たち自身も進行などの詳細全てを知りません(爆)。

なので、適当にやっていきます〜。

また、今回の中継は、海外の皆さんに、「海外でもこういった場所で日本のアートを体感できるよ〜」という趣旨で中継を行いますので、完全に英語で行います。あしからずご了承下さい。

日本の現代アートの力を世界中の皆さんにお届けしたいと思っています。



日本時間:5/16 (日) 11:30am -
ロス時間:5/15 (土) 7:30pm -

● 詳細ページ(英語)
http://yokosonews.com/entertainment/aftershock-la-2010-live-streaming/



ロサンゼルス在住の皆さんは、中継もいいですが、是非、実際に会場にも足を運んで参加してみて下さい。






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-05-15 15:50 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ロス滞在を最長7月初旬まで延ばします
取り急ぎ、業務連絡です。

勢いで始めた、英語で日本を紹介するソーシャルメディア「YokosoNews」

● YokosoNews
http://yokosonews.com

なんと、「面白い〜」と言ってくださる方に加え、「協力したいです〜」という方のみならず、「一緒に作っていきたいです〜」と、具体的なネタを持ってきてくださる方も・・・。

ということで、急遽、予定を変更して、ロサンゼルス滞在の期間を延ばしたいと思います。

ギャンブルですが、人間賭けないといけません〜。

ということで、関係各所の皆様、よろしくお願いいたします。



ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-05-13 09:51 | きんきょう

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ダダ漏れ・ハリウッドの日本人俳優たち・録画ビデオ

昨夜は、64名の方に視聴していただきました。



ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち

◯ 詳細
http://ja.katzueno.com/2010/04/1215/

c0150860_3383036.jpg


以下、日本語で行った部分の録画ビデオです。

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・本番
http://www.ustream.tv/recorded/6396604

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・あとがき(本当のダダ漏れ)
http://www.ustream.tv/recorded/6398693




日本時間、火曜日の昼は

● ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る
http://ja.katzueno.com/2010/04/1213/

も、乞うご期待下さい






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-04-25 03:40 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「ダダ漏れ・メディアを語る」延期のお知らせ

取り急ぎ、お知らせです。

ロサンゼルス時間今夜、日本時間今日午後に開催予定だった・・・

■ 4/27 ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る
http://ja.katzueno.com/2010/04/1213/

は、出演者の一人の都合で、ロス時間月曜夜、日本時間火曜昼に変更になってしまいました。
楽しみにされていた方には申し訳ありませんです。

ただ、これで、Japan Film Festival Los Anegles のビデオ編集をする時間ができました。


ロス時間・今夜9時半、日本時間午後1時半より・・・URLが変わって・・・

http://yokosonews.com/
http://www.ustream.tv/channel/YokosoNews

より・・・ほぼ、英語ですが、Japan Film Festival Los Angeles の取材テープを放送しようかと思います。

★誠意編集中で、あくまでも予定です〜。





また、明日開催される・・・

■ 4/24 ダダ漏れ座談会、ハリウッドの日本人俳優たち
http://ja.katzueno.com/2010/04/1215/


は予定通り、開催しますので、そちらをお楽しみ下さい。





ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-04-23 09:26 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


4/24 ダダ漏れ・ハリウッドの日本人俳優たち

※ このブログは転載歓迎です

YokosoNews のサイトをチョー手を抜いた状態でサイトを開設し、20日ほど経とうとしています。

正直言って、本業の仕事を進めながら、取材、企画、構成、実行をしているので、見づらいサイトになっています。

プロのデザイナーとして15年。こんなに、忙しすぎて手抜きのサイトにしなくてはいけないなんて・・・(涙)

こちらもよろしく〜

● 4/27 ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る
http://ja.katzueno.com/2010/04/1213/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追記:無事に終了しました

以下、日本語で行った部分の録画ビデオです。

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・本番
http://www.ustream.tv/recorded/6396604

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・あとがき(本当のダダ漏れ)
http://www.ustream.tv/recorded/6398693

-----

今回、短い期間ですが、スポンサーとして「Japan Film Festival Los Angeles」の取材。そしてメジャーデビューする、ジャズボーカリスト James Tormé の様子を見に来るためのロサンゼルス訪問でしたが、せっかくロサンゼルスに帰ってきているので、ロサンゼルスの日本人の皆さんにフォーカスをしてみたいと思います。

日本に帰国するまでは、ほぼフルタイムで映画を作っていた私、実は、アメリカのプロジェクトばかり関わっていたので、恥ずかしながら、ロスに在住している日本人俳優の方たちとの交流が少ない。

ということで、私もハリウッドで活躍する日本人の皆さんの状況を知りたいと思ったので、Japan Film Festival Los Angeles で出会った俳優さんたちを中心に、ダダ漏れ座談会を企画してみました。

実は、ハリウッドの映画業界では、日本人がたくさん活躍しています。

グラフィックアーティスト、配給会社、編集、エンジニア、CGアーチスト・・・。

しかし、彼らは、表舞台に出ることはあまり有りません。

ということで、あまり資金がなくても気軽にできる Ustream を使って、第1弾として、ハリウッドで活躍する日本人俳優さん達にフォーカスを置いて、Ustreamダダ漏れ座談会を企画してみました。

第1部は、英語で行います。

第2部を、日本語で行います。

日本の殆どの方が知らない、ハリウッドで活動を続けている日本人の俳優さん達の裏話。

彼ら、彼女たちが、どのようにロサンゼルスにやってきたのかをUstreamで生放送します!

Twitter や Facebook などから是非、コメントの参加してくださいませ〜。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第1部>英語セッション

ロス時間:4/23 (金) 7pm -
日本時間:4/24 (土) 11am -

<第2部>日本語セッション

ロス時間:4/23 (金) 8pm -
日本時間:4/24 (土) 12pm -

※ 但し、ネット回線の状況によっては、中断したりする可能性が有ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■出演予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

c0150860_17414623.jpg●Yoshi Andoさん
IMDB: http://www.imdb.com/name/nm2090377/

横浜生まれ。幼い頃から映画が大好きな少年であり、叙事映画、スリラー、ヒューマンドラマを好んで毎日のように映画に没頭していた。米国高校へアメフト留学後、横浜の高校を奨学金生で卒業。Daniel Day-Lewisに感銘を受けたのはこの頃。上智大学比較文化学科国際関係学部卒のち東京でビジネスを経験し2001年9/11直後に渡米。

2004年、映画俳優組合(SAG)・米国テレビラジオ芸能人連盟(AFTRA)に加盟してから、映画、CM、広告モデル、ボイスタレントとして活躍。

硫黄島からの手紙ではオープニングとエンディングシーン、スピルバーグのThe Pacific, Babel, Fast and furious Tokyoなどでは声優として参加する。

米国初の日本語劇団、ありがとう会の創立参加メンバーとして英語字幕付で日本の古き良きストーリーを劇でアメリカに伝える。今年は同会で一本刀土俵入り、耳無し芳一、他、日米合同企画として開始した2時間半の時代劇「うつつ」に参加する。

所属事務所は、RPM (映画, TV), CESD (CM), TAG (Print), ABRAMS ARTISTS (声, ホスティング)。映画を肥やしに生きているハーレー乗り野郎である。



c0150860_3513913.jpg●Yutaka Takeuchiさん
IMDB: http://www.imdb.com/name/nm1798276/

岐阜県出身。ウィル・スミスの「Art of Acting」のスピーチで感動し、渡米し夢を追うことを決意。彼の最初の大きな仕事は2000年の「ラストサムライ」での一役だった。

その後も「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」(Grey's Anatomy) や「硫黄島からの手紙」にも出演。また、ローリングストーンズ「Rain Falls Down」、Deep Fishの「Flash Dance」のミュージックビデオや、TVCMでは、IBM、Six Flags(マジックマウンテン) やKFCなどにも出演。



c0150860_211317.jpg●Kayako Takatsunaさん
IMDB: http://www.imdb.com/name/nm2648260/
BLOG: http://ameblo.jp/kayakotakatsuna/

大学時代より日本で舞台女優・ダンサーとして活動。「ブッダ」(新国立劇場)、東宝ミュージカル「カルメン」、地球ゴージャス「カルテ」(日生劇場)などストレートプレイやミュージカルに出演後、2004年、アメリカの舞台に魅せられて単身渡米。アメリカ演劇メソッドの名門、ステラアドラー演劇学校卒業後はロサンゼルスを拠点に舞台、映画に出演している。昨年出演したハリウッド映画「ホワイト・オン・ライス」は今年3月と4月に日本でも公開された。

また、5歳から続けている書が最近アメリカで開花しコンテンポラリーアーティストとしても活躍中。

次回10回目になる個展は6月にロサンゼルスのダウンタウンのギャラリーで行われる予定。




c0150860_2102395.jpg●Yuu Asakuraさん
IMDB: http://www.imdb.com/name/nm1938675/
Website: http://www.yuuasakura.com/

大阪出身。現在アメリカ、ロサンゼルス在住。学生時代より舞台に興味を持ち、地元の劇団で訓練を受けながら、踊り、歌などのレッスンを受ける。

東京外国語大学英語科を首席で卒業後に渡米、芝居と踊りを勉強。エージェント(Infinite Talent Agency)に所属。

数々のインディペンデント映画に出演、テレビ、コマーシャルの仕事をこなす傍ら、劇団HereAndNowに所属、舞台俳優として活躍。ダンサーとしてステージ、ミュージックビデオに出演。

また、映画製作にも興味があり、自ら短編製作、ミュージックビデオの監督も手がけた経験あり。




Yutakaさんの推薦で、精力的に活動をされている、映画監督の

c0150860_2105042.jpg● Hiroshi Nakajimaさん

東京都生まれ。子供の頃、毎週末、父親に映画館へ連れられ、沢山のハリウッド映画を見て、強い影響を受ける。この頃から映画のアイデアになるような物語を書き始める。
高校卒業後、渡米し、カリフォルニア州にある、オレンジ・コースト・カレッジ映画学科、そして、サンフランシスコ州立大学映画学科を2003年に卒業。在学中、幾つかの学生映画を製作する。

卒業後、サンフランシスコの映画会社の劇場用映画プロジェクトに脚本家として参加する。その間、さらに多くの長編映画の脚本の執筆をし、全米の様々な脚本フェスティバル、コンペティションにて受賞する。

2007年、短編作品、"リリィ(ショート・フィルム)"を発表。この作品は、世界中の様々な映画祭で上映され、最優秀短編作品賞を含む、多くの賞を受賞、ノミネートされる。

2010年、自身の短編映画を基に、初の劇場用長編映画、"リリィ"を発表する。夏からリリース予定。

http://Lily-Movie.com/






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■USTチャンネル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


http://yokosonews.com/
http://www.ustream.tv/channel/YokosoNews


追記:無事に終了しました

c0150860_3383036.jpg


以下、日本語で行った部分の録画ビデオです。

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・本番
http://www.ustream.tv/recorded/6396604

● ダダ漏れ座談会・ハリウッドの日本人俳優たち・あとがき(本当のダダ漏れ)
http://www.ustream.tv/recorded/6398693

-----



※ このブログは転載歓迎です




ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-04-22 18:29 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


テクノロジーと映画演出の危機

最近のパソコンのディスプレイにはHDMI端子がついているので、ビデオレコーダーをつけるだけで、パソコン用ディスプレーが地デジ対応テレビに早変わりします。



<関連記事>
● 5万円で フルHD地デジ & レコーダー。エコポイントなんて関係ない?
http://ja.katzueno.com/2009/09/1065/



朝に時間がある時は、テレ東→フジテレビ→NHKの朝のニュースを見て・・・というのが日課になっていますが、時々、仕事をしながら、テレビをつけっぱなしにして、朝の連続ドラマを見てしまう時がああります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 映像制作者にとっての雑誌記者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、



● 連続テレビ小説「ウェルかめ」
http://www9.nhk.or.jp/asadora/welkame/



を時々、「聞きながら」作業をしていました。(あくまでも仕事中心)

その時に、ちょっと違和感を感じたのです。

というか、映画制作者にとって、危機感を持たなくてはいけない重大な事実を発見したのです。

映像の演出にとって、かなり危機的な状況になっているのです。



簡単に説明すると、事の始まりは、このNHKドラマを見ていた時の疑問から始まります。

倉科カナさん演じる浜本波美が、地元活性化のために、地元徳島を紹介するフリーペーパーの発行を始めます。そこで、主人公の波美は、フリーペーパーの題材を探そうと試行錯誤します。

それから、フリーペーパーの評判が上がって・・・とストーリーが続きます。

その時に、私は、かなりの違和感を覚えました。

なぜかというと、主人公の波美が、フリーペーパーのネタを探している苦労が、あんまり伝わってこないのです。

なんでなんでしょうか。

NHKの演出さんが手抜きをしているわけでも有りません。倉科カナさんの演技がヘタでも無いのです。

でも、何故か、主人公の波美さんの苦労が伝わってこないのです・・・。



とにもかくにも、そうしている間に、最近、私はクラシック映画を見るようになりました。

時間があれば後で紹介しますが、1934年のクラシックコメディー、「或る夜の出来事(It Happened One Night)」や1953年制作オードリー・ヘップバーンの名作「ローマの休日」を見て、はっと気がついたのです。

「紙がね〜!」



※ちなみに、上記のクラシック映画は両方とも主人公が新聞記者




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「紙の存在」の重要性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうなんです。

「ALWAYS 三丁目の夕日」では、茶川竜之介が、子供小説や、小説を書く時にづまっている時に、紙をグチャクチャにして暴れます。

「ドラえもん」では、小池さんも締め切りに追われて、部屋には紙が散らばっています。時々、藤子F不二雄氏も漫画の中にでてきました。

そこで、グチャグチャになった紙っていうのは、試行錯誤をしている、記者、小説家、漫画家のシンボルだったわけで、私も小さい頃から、それを見て育っていたのです。

小説家、記者、漫画家 = ぐちゃぐちゃの紙

というのが、私の脳みそにインプットされていたのです〜!



そして・・・。



もう、記者、小説家、漫画家の方のほとんどは、紙を使いません。

パソコンを使って原稿を書きます。

なので、ストーリーの時代設定が現代であった場合、紙で原稿を書くなんて、50代以上の方ぐらいしか中々通用しません。



これは、映像制作者としてピンチです。



なんてったって、紙は、安くて簡単にセットを汚せてオーバーに見せて、んで、結構片付けも簡単です。

俳優さんの演技がちょっと下手でも、安価にごまかせたのです・・・。



しかーし、それがパソコンになったら、小道具としても、あんまり壊せないし、ビンボー小説家のストーリーだったら、どんなにネタに困っていても、パソコンをぶん投げることはしません。



昔だったら、小説家の人が、ネタに行き詰まって、商店兼アパートの2階の窓から紙くずをぶん投げたら、下を歩いていた近所のツルピカハゲのおっちゃんの頭に当たって、「このやろ〜」と階段を駆け上がって小説家のお兄ちゃんをブン殴るに来る程度で終わっていました。

現代の設定では、小説家の人が、パソコンを2階の窓の外から投げたら、パソコンの角が下に歩いているオッちゃんの後頭部を激突して死亡してしまうので、火曜サスペンス劇場になってします。しかも、パソコンの中に個人情報が入っているので、直ぐに犯人が分かります。そんなドラマはつまらないです。



予算、人物設定、ストーリー自体・・・どの面から見ても難しくなってきました。



どんなに、俳優さんがパソコンの前で悩んでいる上手い演技をしても、画面一面に散りべられる紙に比べると、全然映像のインパクトが違います・・・。



コンピュータを使って仕事をしている者として、いろいろな恩恵を受けているのですが、映像制作者の立場でもあり、それを考えると、かなりキビシー状態です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ エコが演出をダメ(?)にする!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこで、もう1つの危機感を覚えました。

「ガソリンスタンドがなくなる!」

やばいです。電気自動車が発達するので、ガソリンスタンドがなくなってしまいます!

ということは、数十年後、どんなにお金があっても、存在しなくなるので、未来の時代設定のストーリーでは、ガソリンスタンドが爆発するアクション映画が作れなくなります!

しかも、ガソリンスタンドが消えてしまうので、今後、ガソリンスタンドを爆発させるシーンを作るのに、余計にお金がかかってしまいます!



映画制作者の皆様。ガソリンスタンド爆破シーンがある、アクション映画を作るのは今しか有りません!


(って、別に工場とか、他の建物を爆発させてもいいんですけれど〜)



車のカーチェースで、車が激突、横転して、「脇役A」の運転手が中に閉じ込められて〜、主人公が助けに来てるけれど、漏れたガソリンに火が燃え移って、中にいる「脇役A」が「逃げろ〜」と言っても、主人公「そんな〜お前を見殺しに出来るか〜!」と助けようとするんだけれど、「脇役B」が間一髪で主人公を助けて、「脇役A」は、交差点の真ん中で車と一緒に爆発して、主人公が「お〜〜〜!!!」と号泣する隣に、ヒロインのネーちゃんが寄りそうという感動シーンが作れなくなるのです!





映像制作者も、技術の変化についていかなくてはいけないと実感した一日でした。

いや、しょーもないネタでした・・・。

というか、どなたか数十億円くらいください〜。今のうちにガソリンスタンド爆破シーンの映画撮りましょう〜!







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-30 16:41 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ジョージ・ルーカス「ヒット作の作り方」の秘密


さて、私が毎週楽しみにしている、ロサンゼルスのラジオ番組に「The Business」というラジオ番組があります。

映画制作者ならば、絶対に聞かなくてはいけない、ハリウッド業界の話題満載のラジオ番組。

ただ、普通に、映画鑑賞が趣味な人は聞かない方がいいです。幻滅しますので・・・。





<関連記事>

● 500ドルの映画と「アバター」の200億。制作会社経営者が考える制作費と経費計算
http://ja.katzueno.com/2009/12/1105/

● インド映画がオスカーを穫ったわけ
http://ja.katzueno.com/2009/03/958/

● 黒人映画はアメリカでも売れない?アメリカにもまだある人種の壁
http://ja.katzueno.com/2008/11/886/

● 英語の勉強にネットラジオを活用しよう
http://ja.katzueno.com/2008/10/857/

● アメリカのNPO“ビジネス”から日本のNPOを考える
http://ja.katzueno.com/2008/04/583/





とにもかくにも、この月曜日に放送された、「The Business」も、すごく良い内容でした。

なんと、ジョージ・ルーカス成功の秘密の1つが明かされたのです!?



● Blockbusting; Blowing Off ‘Hurt Locker’ - The Business
http://www.kcrw.com/etc/programs/tb/tb100215blockbusting_blowing

(青い「Listen」ボタンから実際に聴くことが出来ます。)

今回紹介する話題は6分52秒くらいから。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ジョージ・ルーカスが過去300のヒット作品を解析
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その内容と言うのは、ジョージ・ルーカスが、自身のもつ出版社の編集者、Lucy Autrey Wilsonさんと、エンターテイメントジャーナリストで世界的に有名な、Alex Ben Blockに、過去に制作されたヒット作品を詳しく解析してくれと頼んで作った本の紹介です。



その本とは・・・

● George Lucas's Blockbusting: A Decade-by-Decade Survey of Timeless Movies Including Untold Secrets of Their Financial and Cultural Success
c0150860_1649537.jpg


日本でもアマゾンから購入出来るようです

http://www.amazon.co.jp/gp/product/0061778893?ie=UTF8&tag=katz515-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=0061778893

タイトルを日本語に訳すと

「ジョージ・ルーカス、ヒット作の作り方 - 年代別に映画を分析。収益と芸術的成功の秘密を探る」

と言った感じでしょうか。





なんと、過去300作品の「ヒット作」と呼ばれた映画が、なぜヒットしたかを・・・

・予算
・撮影日数
・撮影したフィルムの量(時間)
・興行収入
・マーケティング
・配給方法
なぜこの映画を作ることになったかの経緯

を詳しく解析してヒットした理由を追求するという、映画制作者にとって、絶対に読まなければいけないマニアックな本になっているのです。





映画は、残念ながら、他の芸術作品に比べて、制作するのにお金がかかります。

ですので、映画でお金を儲けるのは必須条件です。

しかし、"芸術”と呼ばれ、賞賛を受けているのは、映画の批評家から評価を受け、儲かっていない映画がほとんど・・・しかし、ルーカスは、エンターテイメント性の高い、ヒット作の中にも、芸術作品として認める部分はないのか・・・ということから始まったプロジェクトらしいです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「國民の創生(The Birth of a Nation)」の本当の成功の裏側を探る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


例えば、D.W. Griffithの無声映画の最高傑作とされる「國民の創生(The Birth of a Nation)」



●國民の創生(The Birth of a Nation) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%9c%8b%e6%b0%91%e3%81%ae%e5%89%b5%e7%94%9f



グリフィス監督は、この作品で、今となっては当たり前となった技術をいくつも発明したのです。

・シーン(場面)の中に、いくつものカットをつなげ話しを伝える“編集”の基礎

・人物の顔だけを写して感情を強調する、クロースアップ

・そして、物語の設定を過去に振り返る、回想(フラッシュバック)を発明しました。



今では、当たり前のこれらの技法。グリフィス監督が発明したものです。

なので、今、テレビや映画を観ている方、全てが、このグリフィス監督の発明の恩恵を受けているのです。

今話題の、バンクーバー・オリンピック。

スピードスケートのテレビ番組で、スタート前に、選手のアップが写されます。カーリングで、各選手の投てき前に、顔のアップを入れて、緊張感を演出しています。

化粧品のテレビショッピングで、綺麗になった奥さんの顔のアップのショット。

これ、全て、グリフィス監督が、この映画で発明したものだと言われています。




当たり前すぎるので、ありがたみが無いですよね。

携帯電話を使っているみたいなものでしょうかね〜。





とにもかくにも、この「國民の創生(The Birth of a Nation)」の映画は、これらの、クロースアップの発明など、芸術的な貢献に注目されているのですが、今回紹介している本では、もう1つ、この映画の成功に貢献した手法があるのです。





それは





「口コミ」マーケティング





実は、この「國民の創生(The Birth of a Nation)」は、白人至上主義の、人種差別が強い作品でした。





著者の ウィルソンさんとブロックさんの調査によると、この人種差別の激しい内容は、あえて、観客のクチコミを狙った、「マーケティング作戦」であったというのです。





口コミマーケティングを利用し、興行的成功を収めた初期の作品が、人種差別映画だったのは大変残念ですが、それでも、映画制作初期の頃から、こういったマーケティングの手法が使われていたことがわかります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ “マニア”の法則
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、成功している作品のほとんどが「マニア」的なこだわりがあると言うのです。

プロデューサーが、モデルとなった人物に10年以上通いつめて説得し、制作権を得て作った映画が成功したなど・・・ヒット作には誰にも譲れない「こだわり」があったということも発見しています。





ということで、ヒット作を作るには、特には冷酷とも言えるようなマーケティングを行い、数字・分析や新技術という「テクニック」が必要だけれども、最終的には、合理的とは言えないプロデューサーのカンや熱意も必要だと言うことが詳細に書かれている本だそうです。



映画制作者必読の一冊でしょう。日本語訳が待ち遠しいですね〜。






<関連記事>
● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その1)
http://ja.katzueno.com/2008/11/889/

● 世界に売れる日本映画は作れるのか?(その2)
http://ja.katzueno.com/2010/08/897/

● 映像コンテンツ後進国日本の課題 - YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100からみる可能性
http://ja.katzueno.com/2008/11/866/

● 岩井俊二監督が審査員の短編映画祭「box[ur]shorts Film Festival」サイトリニューアル
http://ja.katzueno.com/2009/11/1087/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-02-18 17:37 | 映画制作

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧