ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


タグ:コスト削減 ( 7 ) タグの人気記事

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


独自ドメインで格安ホームページ制作のススメ

見落とされている格安独自ドメイン

つい先ほど、私が保有しているドメインのすべてを、ムームードメインというpaperboy&coが運営している登録レジスターに移管しました。

ムームードメイン
http://www.muumuu-domain.com/

今まで、私の保有しているドメインはアメリカやカナダのドメイン登録会社数社にわたって保有していたのですが、さきほど、この会社が値段的にも安く、しかも公開情報も無料で隠してくれる事がわかり、さきほど移管作業が完了しました。

この会社を数年間にわたってモニターして来ましたが、経営もいまのところ安定しているので、独自ドメイン取得で日本語を読む事が出来るクライアント様にはここをおすすめしています。今の時点でドットコムは年間950円、汎用jpドメインは年間3350円で登録出来ます。

ただ、英語しか読めないクライアント様は

Name Bargain
http://www.namebargain.com/

という会社をおすすめしております。これは、ドメイン登録会社の最大手である、Register.comという会社の格安ドメイン部門らしく、安定した親会社のもと、カスタマーサポートが充実していないですが、その分安いです。ドットコムの一年間の登録料は、今現在$8.88(約900円)

ただ、自分の住所や電話番号等の情報を隠すには、この他にも$7.88支払う必要があります。

これは、独自ドメインを保有しているすべての人に、住所や電話番号を公開するのを義務づけていますが、特に個人の自宅等の住所しかない方には変なセールスの電話や迷惑メールの格好の餌食となってしまいます。なので、ほとんどのドメイン登録サービスでは、この情報を、匿名の情報に変換してくれるサービスを提供しています。

私がいままでリサーチした結果、日本語と英語のサービスの中で唯一、ムームードメインが無料で、このサービスを提供されています。なので、日本語を話せる方には、ムームードメイン様をオススメしています。年間約800円を節約出来ますから。

他にももっと安い登録サービスを提供している会社はありますが、今まで、格安の登録サービスをしていた会社が経営悪化等で登録サービスのライセンスを剥奪されて、えらい目に会った経験があるので、今のところは経営も安定しているこの2社をオススメしています。

ただ、前述の通り、値段が安い代わりに電話サポートが充実していません。専門的知識に自信のない方は、ヤフー等のドメイン登録サービスを利用されるのも良いでしょう。ただ、ヤフーの場合、独自ドメインの取得料はドットコムならば、月額300円(年間一括払いならば3240円)。サポートをとるか、値段をとるか。どちらも一長一短でしょう。

とにかく、10年前は高嶺の花であった、独自ドメインの取得。電話サポートがない等の制約はありますが、格安の維持費でオリジナルのドットコムの取得が可能になりました。これ、結構知らない方が多いみたいですね。



見落とされている格安レンタルサーバー・ホスティングサービス

会社や、個人の方でも、オリジナルドットコムが年間950円で、そして汎用.jpドメインが年間3400円取得出来きる昨今。独自ドメインを取得した後、今度はホームページのデータを保存してユーザーの皆様がアクセス出来るようにしなければ行けません。これがレンタルサーバーのサービスです。ホスティングとも言います。

ドメイン登録はいわいる私書箱の登録。そして実際にアパートを借りるようにレンタルサーバーを借りなければ行けません。

実は、自分のホームページに広告が自動的に挿入される事によって、このレンタル料金をも無料で提供しているサービスもありますが、広告が自動的に挿入されるのはいい気がしません。

なので、日本のクライアントの皆様には、ロリポップ様のレンタルサーバーに加入される事をお進めしています。ここも同じ、ムームードメインを運営されているpaperboy & Co.が運営されています。


ロリポップ
http://lolipop.jp/

同じ会社のサービスを紹介していますが、私はここの会社の回し者ではありません(苦笑)長年の経験からこれが一番と思ったからです。

ブログ等で写真をたくさん掲載されている方にとって、最大容量が500MBまでというのがネックになりますが、お店や会社のホームページでは、少し大きな規模の中小企業様でも、200MBを超えるようなデータを扱うのは稀だと思います。

ロリポップのサービスは、月額300円以下でメールアドレスや結構複雑なプログラムを組んだシステムも導入出来るサービスで、今までにもいろいろなクライアント様に、ここのサービスに契約される事をオススメして来ました。

しかも検索エンジンのSEO対策もばっちりできます。

独自ドメインと、このサービスを組み合わせる事によって、電子メールアドレスも、yahoo.co.jpや、hotmailではなく、ご自分専用のメールアドレスを作成出来るようになり、信用度も上がります。

これで、独自ドメインの登録費用を含めて、年間の維持費が4500円に押さえる事が出来ます。おそらく、名刺代よりも安くなるのでは・・・。

未だに新聞等で、管理費用を月額数千円から数万円で提供されている会社を「格安」で提供していると紹介しているサービスがあります。もちろん、それらの企業様は地元密着型や万全なサポート体制を築かれていると思うので、それを考慮した後の値段設定としては格安だと思います。

ここで紹介したサービスは、ホームページ制作にあたって初級〜中級程度の知識をお持ちの方でないとこういった格安サービスは敷居が高いかもしれませんが、一つの目安として紹介させていただきました。



ちょっと上級な方は

ちなみに、弊社のホームページは、ロサンゼルスの会社のホスティングサービスを利用しています。


Media Temple
http://www.mediatemple.net/

ここのGrid -Serviceは、月額20ドル(約2000円)とちょっと値段が高いですが、ディスク容量が100GBまで、そして月間のデータ転送量が1TBまで可能。そして、一つのアカウントで100の独自ドメインを運用出来ます。また、各独自ドメインごとのメールアドレスの設定も出来ます。

上記のロリポップのレンタルサービスだと、管理出来るアドレスは1アカウント1つまでなので、新しく違うアドレスでホームページを作りたければ、一つずつ契約しなければ行けません。

あと、私が頻繁に使うサービスとして、FTPがあります。FTPとは、ファイルをインターネット上でやり取りする方法の事で、専用のソフトウエアが必要ですが、Windowsマシーンではちょっと設定作業が必要で動作が不安定ですが、標準装備。

映画のプロジェクトやホームページ制作等で、クライアント様が遠隔地にいらっしゃる場合などはこの方法を使ってデータのやり取りをしています。

今現在2本の長編映画の編集作業のデータのやり取りをこの方法を使って進行中です。

ここのサービスでは、専用のFTPアカウントを1000個まで作成出来、しかも各アカウントごとにデータ容量を制限出来る仕組みもあります。

英語でしかサービスを提供されていないのが玉に傷ですが、スターバックスやソニーさんもここの会社のサービスを利用されています。





ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

[PR]
by katzueno | 2008-04-06 16:48 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ホームページ制作費から、見積もり自体の難しさの再認識へ
前回の記事をポストをしたあとに、しばらく調べていましたが、興味深い議論に発展しています。制作者サイド、発注者サイドの意見がこういう場で知る事が出来る。そして、こういう情報を公開して行くという事は、デザイナーとクライアントの間違いのない関係を築く事が出来ると思うので、大切だと思います。

web屋の相場が公開。高いとか安いとか、全く議論ならない本当の理由(ホームページを作る人のネタ帳)
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-401.html

[修正版]ウェブ制作価格を相場以下で受けている企業が覚えておいて損のない5つの防衛手段(ホームページを作る人のネタ帳)
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-402.html

---

そして、それに対する、反応投稿の一つですが・・・。

論点ちがうよ、web屋さんたちぃ~!!(フジイユウジ::ドットネット)
http://fujii-yuji.net/2008/02/web-3.html


彼は、長年ウェブデザイナーさんへの経験のある方だと思います。しかし、価格が明確に表記されづらいデザインですが、ウェブサイトを以前に発注した事がない方にとって、価格も提示してほしいというお客さんもいるのも現実。

基本的に、難しい分野のうちの一つです。

実は、映画・テレビ・プロモーションビデオ制作に置いても同じ事が言えています。

同じ10分のビデオでも、撮影場所が全国各地に散らばっていたり、医療関係であればCGを制作しなくちゃいけない・・・かといって、素材集などのストックがあれば、全部自作するより安く済む事が出来るのが分かり、結構コストがかからなかった・・・等等。

以前、30分のドラマと、1時間半のサーフィンDVDを音の編集をしたのですが・・・。

30分のドラマの音の編集は、何シーンか音が使い物にならなかったので、一日使用料が30万するスタジオを借りて台詞をレコーディングしたり、1日かけていろんなところに効果音を録りに行ったり・・・。音楽の権利問題で新しい音楽を待ったり・・・。そして放送の尺の関係で、編集し直し、そして音楽も作り直し・・・。合計2ヶ月以上かかかってしまいました。

しかし、1時間半のサーフィンのDVDは、アフレコなし。音楽はすべて監督の友達が作曲で、オリジナルだったので、権利問題なし。ということで、データの入稿から、実質4日(50時間)で編集が終わりました。(その後に、音楽の変更等がありましたが、その作業は数時間で済んだので・・・。実質4日です。)

ということで、この中で、私たちは、どれだけ時間がかかるかの時間を計算して、出来るだけ安く提供出来るように・・・しかし赤字にならないように微妙なバランスを録らなくては行けません・・・。

どんなプロでも、見積もりは、永遠の課題です・・・。

----------
ご好意で、Excel作れる映像制作の見積書を公開することになりました。
http://katz515.exblog.jp/8335562/
から、詳細を知る事が出来ます。
----------




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-22 12:31 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「元Microsoft社長が嘆く日本語変換」からみる日本の英語教育
Slashdot Japanから]元Microsoft日本法人社長の古川さんが、新しいWindows VISTAの日本語変換機能の機能の低下を嘆いていらっしゃいます。

なんでも、開発舞台が中国に移動したからとの事。

古川 享 ブログ: MS IMEさらに...お馬鹿になっていく
http://furukawablog.spaces.live.com/Blog/cns!156823E649BD3714!9079.entry?wa=wsignin1.0


これで思い出したのが、自分のPayPalアカウントの名義変更手続き(ちなみに、PayPalとは、オークション等で有名な送金の代行サービスです。クレジットカード決済等も安価で行っています)

私は、日本の会社とアメリカの会社。そしてアメリカの個人と日本の個人用に4つのPayPalアカウントを持っているのですが、そのうちの日本の個人用のアカウントの名義を自分の漢字名義にしてしまい、アメリカのクライアントに、請求書を送るときに、発信元が日本語で表示されてしまうので都合が悪い・・・。

ということで、先月の25日に変更手続きをしようと東京(03)に電話をしたら、中国人のカスタマーサポート。訛りのある日本語が通じない。

しかし、中国の台頭が目立って来ましたが・・・。ここで、あえて、違う視点で言わせてもらいます。

日本の大学入試の英語の試験に出て来る英語は、中国人がしゃべっている日本語と同じレベルだと言う事です。

つまり、両方とも教科書や授業から覚えた、ありきたりの文法や、書き言葉だけなので「生きていない」ということですね。

みなさん、これから、中国人のカスタマーサポートにあたった時の日本語を聞かれてみてください。そして、日本の大学入試の英語が、それだけのレベルだという事を考えてみて下さい。

ちなみに、アメリカでは、インドやフィリピンにカスタマーサポートを移動させています。

ちなみに、インドは、学校の授業はすべて英語。フィリピンも、アメリカに一時占領されていたということもあり、訛りはありますが、英語もかなりの人がしゃべれます。

常に、移民があふれ帰っている都会の住人は、外国人訛りに慣れているので、そちらのほうは、あんまり苦ではなかったですが、英語は正しい英語でも、確認されているだけで、アメリカ英語、イギリス英語、アイリッシュ英語、オーストラリア英語、シンガポール英語など、全部英語を母国語として教育しているのに、全然発音が違ったり、文法もちょっと違ったりして全然通じない時があります。

シンガポールに行ったときに、「おまえはアメリカ人か」といわれ、シンガポールの人がしゃべっている中国語訛りの英語を聞いて、さぞかし中国語がしゃべれるんだろうなと思ったら、実は英語しかしゃべれないとの事。

言葉は常に変化しています。

というか、かなり話が飛躍してしまいましたね(苦笑)
これが、私のスタイルです。
アナログな発想を大切に・・・(いいわけ)




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-18 21:34 | ひまつぶし

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


手抜きウェブサイト作成ソフトの紹介
なかなか本当の仕事に手を付けられない自分です。

さて、今回は、手抜きしたい人にお勧めするホームページ作成ソフトのご紹介。

BiND for WebLiFE 2 Macintosh版
BiND for WebLiFE 2 Windows版

このソフトは、テンプレートが限られているので、デザイン的には制約がありますが、すぐ簡単に、プロ並みのデザインのウェブサイトが制作出来るソフトウエア。

ちょっと試してみましたが、プロの私としては、親切すぎる作りにちょっと興ざめしてしまいましたが、しかし、なかなか簡単に出来のいいウェブサイトが作れるので、時間がないけれど、とにかく早くホームページを制作したい。とにかく安くホームページを作りたいという方におすすめかも。

また、同じ会社はFlashアニメを簡単に作れるソフトを販売しています。

ID for WebLiFE Standard Edition Macintosh
ID for WebLiFE Standard Edition Windows

このソフトはFlashアニメだけで簡単にホームページが作れるというのが売りですが
Flashだけでホーメムページを制作されるのはあまりオススメしません。というのも、ページカウントで、YahooやGoogleなどで1ページだけになってしまうので、検索ページで引っかかる可能性が低くなるからです。

ということで、企業様、そしてデザインを重視したいという音楽ミュージシャンの方にも、実は、あまり完全Flashでのホームページ制作をお進めしておりません。

あくまでも、ページの一つの部品として使う事は歓迎ですが・・・。あと更新がちょっとややこしいのも玉に傷。

ということで、完全に楽をしてしかし、アニメーションを加えて専門知識もあまりないという方には・・・セットで購入してもいいかも・・・。

おそらく、私も、クライアントさんで、早急に作ってほしいという方が現れたら、手抜きでこのソフトを使ってその場凌ぎするかも・・・。
[PR]
by katzueno | 2007-12-20 18:02 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


地方なのに東京(03)番号をゲット
ここ数日、税務署等に文章の提出で忙しい毎日です。というか、すべて自分でやっているので頭が痛い・・・しかし税金の青色申告で、帳簿等を会計ソフトで保存したり領収書をスキャナでスキャンして保存するために、いろいろ申請をしないと行けない事が分かりまして・・・大変な毎日です。

そんな中、今まで携帯番号のみでやってきたんですが、つい先ほど、三重県にいるのに東京(03)の番号をゲットしました。

電話番号は、03ー4590ー6279です。

これは、アジルフォンという、IP電話サービスを利用しているためです。

アジルフォンでは東京の03もしくは大阪06の番号を支給してくれて、しかも通話料も他社プロバイダーに比べて安い。基本料金は月額500円。通話料は全国一律で3分8.2円。携帯電話へは1分16.2円です。

今のところ、電話の受け取りは、パソコン上で常時走らせているソフトフォンと携帯への転送を行っています。

将来、落ち着いたら、AsteriskというPBXのサーバーを構築して業務を行う予定です。

IP電話は、インターネットの接続が十分にないと満足な通話を行う事が出来ませんが、事務所のインターネット回線は十分なスピードですので問題はありません。

クレジットカード決算しか受け付けないのが玉に傷ですが、しかし東京か大阪で取引が多い方にとってこのオプションは魅力的です。

普段の業務もこなしながら作業しているので、ゆっくりゆっくりやっていますが、着実に準備が進んでいます。
[PR]
by katzueno | 2007-12-13 11:42 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


コンピュータの費用は今かなり安い
「シマンテック調査結果から
 空前の人材不足でもエンジニアが大事にされないのはなぜか」

@ITの記事から
http://www.atmarkit.co.jp/news/200711/27/symantec.html

今では、ほとんどの企業さんに導入されたネットワークソリューション。ネットワークソリューションも大げさなことを言っても、例えば、文章ファイルを一つのコンピューターに保存して社内や社外で共有出来るようにする、それも立派なネットワークソリューションのうちの一つ。

企業を運営されている会社の社長さんや技術者さんは、「サーバー」と呼ばれる、50万以上のサーバー用に設計されたパソコンを購入して、何百万円を書けてオリジナルのデータベースのソフトを自社開発されている可能性があります。

実は、ロサンゼルスの雑誌の編集オフィスで動いているサーバーは、時価5千円程度のペンティアム3、800Mhzで1GBのメモリで60GBzのハードディスクの、Windows XPコンピュータ。そして一般に使われているソフトを流用しています。

社内オフィスのパソコンは7台。サーバーから走らせているのはアメリカで一番有名な顧客管理ソフト。

あとは、決まり事を作って共有フォルダーを作り、ショートカットを各自パソコンのデスクトップ上に配置。

また進行表はエクセルのファイル一つで管理・・・。しかも、無料のOpenVPNやリモートデスクトップ機能を使用して、外出先からもサーバーにアクセスする事が出来るようにしました。


ということで、従業員7名の事業所を開設する際のシステム提案。

1GBまでメモリを増量し、Officeを入れた10万円のWindows XPを7台(70万)。ウイルスソフト4000円x7=3万円そして、Network対応のネットワークプリンターを1台、3万円。ネットワークプリンター、スキャナー、ファックス機能付きなので、同じスペース内であれば、一台でオーケー。また会計ソフトを一本。ここに、LANのケーブルの設置やルーターの購入等・・・。

ウチの編集部の場合は、それに加えて、編集者のパソコンにはアドビのデザイン系ソフトウエアーが入っており、英語の顧客管理ソフト一本2万円を7ライセンスを導入。しかもサーバーは6年前のPentinum3パソコンを代用しているのでサーバーの分の費用等を浮かしました。

この出費でセキュリティー万全、しかも遠隔コントロール機能が充実し、しかもデータの流出にも気をつける事が出来るシステムを構築出来るという現実を、みなさんご存じないのかも・・・。
[PR]
by katzueno | 2007-12-03 23:27 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


日本でアメリカの電話を格安に逃さない方法
日本にいてもアメリカの仕事を続ける方法。

まあ、出版・デザイン・編集の仕事が今はメインなので、基本的に通信手段が整っているならおっけ〜。


<1、インターネット電話>

Vonageというインターネット電話にサインアップして、自宅の電話番号をそこに移行・・・。Vonageの基地局←→ルーター間は、インターネットで交信をするので、世界中どこにいても十分な接続スピードが確保されればオッケー。んで、インターネット電話のルーターを日本の実家に設置。

ということで、日本にいながら、ロスの市外局番の自宅番号にかけられた電話をを受けております。相手方はロスまでの電話料金をはらうだけ。

インターネット電話のアメリカへの発信も、一ヶ月3000円の定額プランを使っているので、アメリカ・カナダ国内は電話かけ放題。


<2、アメリカ携帯電話>

職業柄、たくさんのクライアントに自分の携帯電話を教えているので、彼らは自分の携帯に電話をかけて来る・・・ということで、向こうの携帯電話のサービスほとんどは、転送サービスがあるので、それを利用して携帯への電話を自分のインターネット電話に転送。一分間に20セントを転送料としてとられるけれども、仕事の電話は逃すことは出来ない。


<3、アメリカの電話を日本の携帯で受ける>

しかし、ずうっと日本の実家で仕事をしているのもあきてきます。外で仕事がしたい・・・。ということで、自分の使っているVonageのインターネット電話には、電話を最大4つの電話番号に同時転送、つまりインターネット電話にコールが来たら、他の電話番号最大4つまで内線電話のように同時に呼び出し音をならすことができる・・・。

ということで、Skypeでアメリカの番号をゲット。そして、Skypeの転送機能を使って日本の携帯に転送。

(最初からSkypeのみでやることもできるけれども、Skypeは電話番号移行が出来ず、Vonageを介さなければ行けない状況。)

Skypeの番号は月額500円程度。日本への携帯への転送は分17セント。これで外にいても、アメリカの電話を逃す事はない。

つまり

自宅のとき
============================
[アメリカ携帯]→Vonage(アメリカ自宅)
============================

外出時
============================
[アメリカ携帯]→Vonage(アメリカ自宅)→Skype→日本携帯
============================

ということをしております。

携帯転送(一分20セント、かからない場合あり)、インターネット電話(月額3000円)、Skype転送(一分17セント)で日本の携帯でアメリカの電話を受けております。


<4、日本携帯から一分30円でアメリカにかける方法>

そして、これがきわめつけ。日本の携帯の国際電話は一分150円くらいかかるので、自宅の外にいてインターネット電話がないときには、以下の方法を使ってアメリカに電話をかけています。

Skype Proという月額250円のサービスのの一つの機能である、Skype To Goを使用します。これは、国内の指定された電話番号にかけると、自分が指定した電話にSkypeのレートで転送してくれるというもの。

しかし、このサービスの欠点はアメリカはかけたい電話番号がいくつもあるので、このサービスは電話番号一つしか指定出来ない・・・

ということで、向こうで携帯電話用につかっている携帯ゲートウェイサービスを介しています。これは、指定されたフリーダイヤルに電話して、それを介して格安の国際電話をかけ、発信者番号をもとに課金するサービス。ややこしいけれども・・・

自宅
====================
インターネット電話→アメリカ
====================

外出時
====================
日本携帯→Skype To Go→ゲートウェイサービス→アメリカ
====================

というかんじで、電話をかけています。

Skype Pro月額250円、携帯の通話料(一分30円)、アメリカのゲートウェイサービス(一分8セント)で電話をかけております。日本にも他にも安いサービスはありますが、システムがすごくややこしかったので、これにしました。

基本的に自宅にいる時はインターネット電話を使って、アメリカかけ放題なので、これで十分。

日本に帰って来て2週間。まだ友達の何人かは自分が日本にいる事を知らない・・・。

ちなみに、サービスの中には、アメリカに住所とアメリカのクレジットカードを持っていないと出来ないものもあるので、あしからず。

マニアックやな〜。

とにかく、こんなややこしい事をしているが、アメリカのクライアントは、自分が、日本にいてもアメリカにいても関係なく一つの番号を知っているだけで自分にシームレスに電話をかける事が出来るという事です。

というか、この業界、こんなことをしてでも、人とのつながりを大切にしないとね。
[PR]
by katzueno | 2007-09-03 03:29 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧