ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


タグ:ソーシャルネットワーキング ( 13 ) タグの人気記事

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


Ustream ハイライト機能の使い方




引越し先
http://ja.katzueno.com/2010/07/1278/












最近話題になってきた、Ustream。

みなさん、いろいろな形で楽しんでおられます〜。

Ustreamでは生放送した内容を録画することが出来ます。しかし、ダダ漏れをしている特性上、かなり余分な部分が動画に含まれており、録画ビデオを見ている人にとって、それらの無駄な部分を見るのはつまらない。

Ustream の放送を生で見ているときは、コメントをしたりして時間が経つのを忘れますが、録画ビデオは、リアルタイムコメントが出来ない分、暇になり、余分な間が気になってしまいます。

特に、Ustreamを録画して、より沢山の人に見てもらおうと思っている放送者の方。また、長丁場の生放送イベントに参加した出演者の方で、自分の出演シーンだけ欲しいなーと思っている方・・・。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Ustreamのハイライト機能とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、Ustreamには、「ハイライト機能」が搭載されて、余分な部分をスキップできます。しかも、このハイライト機能は、Ustreamにユーザー登録している方なら誰でも他人のビデオのハイライトを作成することが出来ます。

なので、使い方として、

・各出演者が自分の出演部分のハイライトを作成
・視聴者が面白い部分をかってに切り抜く

などが可能です。しかも、このハイライトは、URLのみならず、埋め込みコードも発行しているので、対応しているブログサービスを利用されている方は、自分のブログに埋め込むことも出来るかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ハイライトの作り方と使い方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、Ustream でハイライト機能を使ってみましょう。


1. Ustreamにユーザー登録

Ustreamへのユーザー登録が済んでいない方は、ユーザー登録をしましょう。

● Ustream 新規アカウント登録
http://www.ustream.tv/login-signup



2. ハイライトを作りたい録画ビデオに行く



3.ビデオ左下「ハイライト」をクリック

c0150860_19274397.jpg




4. ハイライトのタイトルを入力

c0150860_1928919.jpg



ハイライトのタイトルを入力すると「次」のリンクが現れます。

c0150860_1929278.jpg


「次」をクリックして進みます。



5. ハイライトの始まりと最後の時間を指定

タイムラインにバーが現れ、ここで、ハイライトの始点と終点の時間を指定します。

c0150860_19291596.jpg


コツとしては、バーを使って大体の場所を指定し、始点と終点の両隣にある時間調整ボタンを使って、秒単位の微調整をすることです。

そして、始まりと終わりの選択が完了したら「送信」を押します。



【ここで注意】 ハイライトは削除・修正ができない!

2010年7月25日時点、Ustreamは、作成されたハイライトを削除したり、タイトルや時間の始点や終点の修正ができないようになっています。ですので、一度ハイライトを作ってしまったら、そのビデオを削除しない限り、ずっと残ってしまうことを了承してください。



【ポイント】 あらかじめ始点・終点をメモっておく

長時間の動画になると、ちょっと始点・終点を選択しづらい。ですので、予め、両点の時間をメモしておいてからハイライト作成画面に入るのもいいかも。上記のバーを使って始点と終点を大体のところまで持って行き、矢印ボタンを連打して、細かい秒数の調整をさせることをおすすめします。作業のスピードが格段にアップします。




ということで、「送信」を押します

c0150860_19321728.jpg




6. ハイライト作成完了

ハイライトの作成が完了すると、以下のような画面が出てきます。

c0150860_19371834.jpg


青くなっている文字をクリックすると、作成したハイライトに行くことができます。


6. ハイライトを共有 (その1)

c0150860_19381082.jpg


画面右側に、このページに飛ぶためのアドレス(URL)と、自分のサイトやブログに埋め込むための埋め込みコードが表示されますので、これをコピペして、みんなに知らせましょう。



6. ハイライトを共有(その2)

ハイライトのURLを保存し忘れたという方は、大元の録画ビデオに戻ります。

そうすると、タイムライン上に、しおりマークが現れます。

c0150860_19391535.jpg


そこにマウスを持って行くと、ハイライトの内容が表示されます。「共有」ボタンをクリック。

c0150860_19471240.jpg


そうすると、アドレスや埋め込み用コードを取得することが出来ます。

c0150860_19473779.jpg


盛り上がった生放送。その盛り上がりを冷ませずに、要所要所だけをいろいろな人と共有できる便利な機能です。





<関連記事>

●Ustream 屋外中継の心得
http://ja.katzueno.com/2010/04/1206/

●機材リスト解説 - 本気でネット中継をする方法
http://ja.katzueno.com/2010/03/1163/

●生録ブームから・「個」ー「大」ー「個」の流れ・技術・マーケティングを考える
http://ja.katzueno.com/2008/03/1260/

●気軽に作れる自分放送局セット
http://ja.katzueno.com/2009/05/1008/





ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-07-25 19:51 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ロス・アニメエキスポと帰国

今、荷造り中です。ロサンゼルスから日本に帰国します〜。その足で京都のオープンソースカンファレンスに参加。

時差ボケを気にすることが出来ないようなスケジュール体制でやっていきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ロスで開催されたアニメエキスポに行ってきました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今週末に開催された、アニメエキスポに YokosoNews の取材として行ってまいりました。

c0150860_12514541.jpg


特に7/3 の土曜日はめっちゃすごい人!

c0150860_1252225.jpg


c0150860_12524240.jpg


同人コーナーで売っている人のインタビューをして

c0150860_12532167.jpg


コスプレをチェックして

c0150860_1254348.jpg


AKB48 ロサンゼルスコンサートなども取材。

そして声優・浅川悠さんのインタビューを・・・

c0150860_12555612.jpg


● Yuu Asakawa - AnimeExpo 2010
http://www.youtube.com/watch?v=51BrdMltWaU



そして、東京で活躍するイギリ人の Danny Choo (ダニー・チュー)さん

c0150860_12565481.jpg


● Danny Choo - AnimeExpo 2010
http://www.youtube.com/watch?v=N8MtFgqwm_U



のインタビューも撮影。



また、AnimeExpo を主催しているNPO団体・SPJA(日本アニメーション振興会)の CEO である、 Michael Lattanzio (マイケル・ラタンジオ)さんのインタビューも撮影しました。現在、編集中です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ USTREAM放送用機材を増強して日本に帰国します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月の

●Japan Film Festival Los Angeles
http://www.jffla.org/

を皮切りに、いろいろなイベントを取材したり、いろいろ秘密なミーティングを繰り返してきましたが、3ヶ月近くの滞在とヒューストンや、ポートランドへの旅行を経て帰国します。

今回は、たくさんの機材を日本に郵送。

ロサンゼルスで買いためた撮影機材をほぼ日本に送ることになりました。

● YokosoNews
http://yokosonews.com

も、ちょっとずつ、コンテンツが増え、協力者もどんどん見つかっています。



今回のアメリカ滞在で・・・

USTREAM生中継用に…

・新品の MacBook Pro 15"
・SONY 業務用DVCAMビデオデッキ(アメリカに置いていた中古品)
・ワイヤレスインタビューマイク2個
・ワイヤレスピンマイク2個
・卓上8ch音声ミキサー
・数百メートル分の音声&ビデオケーブル
・ビデオカメラアクセサリー
・新しいUSTREAMソフト

などを新規購入したり、アメリカでキープしていたものを送りました。
日本に配送する総重量は100キロ近くなってしまいました(爆)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 7/9〜10 オープンソースカンファレンス 2010 Kansai@Kyotoに参加します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月8日に中部新国際空港・セントレアに到着してすぐに・・・

●7/9〜10 オープンソースカンファレンス 2010 Kansai@Kyoto
http://concrete5-japan.org/news/osc-2010-kansaikyoto/

に参加します。

よろしくです〜。



ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-07-06 13:16 | きんきょう

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


5/22 YokosoNews 編集会議 in ロス
また緊急企画〜。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ YokosoNews 編集会議 in ロス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

c0150860_9514985.jpg


YokosoNews 編集会議 in ロス

日時

日本時間:5/22(土)12:00〜

ロス時間:5/21(金)20:00〜



YokosoNews.com の「ダダ漏れ・ハリウッドの日本人俳優たち」
http://katz515.exblog.jp/14225858/


に参加していただいた出演者の一人、豊さんが、YokosoNewsのプロデューサーになってロサンゼルスからリポートしていただくことになりました。

豊さんは岐阜県多治見市出身。YokosoNewsは三重県四日市市が拠点。同じ東海地方同士、東海地方をどうやって盛り上げていくか、そして、ロサンゼルスからのレポートをどうしていくのかを話しあいます。

YokosoNews.com は日本に関する情報を英語で世界の人にプロモートして行こうと始まったソーシャルメディアです。

基本的に英語のメディアですが、どういう活動をしていくのかを広く皆さんにお知らせることも義務の一つ。

ということで、今回も日本語で行うことになりました。


視聴先
http://japanexp.org/ustream/editorial-meeting/






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-05-22 09:52 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


今日昼「ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る」
今日昼は

● 「ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る」日本語
http://ja.katzueno.com/2010/04/1213/

よろしくお願いします〜





ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-04-27 06:50 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「ダダ漏れ・メディアを語る」延期のお知らせ

取り急ぎ、お知らせです。

ロサンゼルス時間今夜、日本時間今日午後に開催予定だった・・・

■ 4/27 ダダ漏れ・アメリカ日系メディアを語る
http://ja.katzueno.com/2010/04/1213/

は、出演者の一人の都合で、ロス時間月曜夜、日本時間火曜昼に変更になってしまいました。
楽しみにされていた方には申し訳ありませんです。

ただ、これで、Japan Film Festival Los Anegles のビデオ編集をする時間ができました。


ロス時間・今夜9時半、日本時間午後1時半より・・・URLが変わって・・・

http://yokosonews.com/
http://www.ustream.tv/channel/YokosoNews

より・・・ほぼ、英語ですが、Japan Film Festival Los Angeles の取材テープを放送しようかと思います。

★誠意編集中で、あくまでも予定です〜。





また、明日開催される・・・

■ 4/24 ダダ漏れ座談会、ハリウッドの日本人俳優たち
http://ja.katzueno.com/2010/04/1215/


は予定通り、開催しますので、そちらをお楽しみ下さい。





ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-04-23 09:26 | 出版・編集・ジャーナリズム

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


Twitter成功のわけ = Ustream (ボケ) + Twitter (ツッコミ) 関係

忙しいです。すごく忙しいです。でも、幸せです〜。

数ヶ月前にちょっとだけ、取り掛かっていると紹介した、「Japan Film Festival Los Angeles」のホームページが段々と形になってきました。
c0150860_2335528.jpg
● Japan Film Festival Los Angeles 2010
http://www.jffla.org/2010/ja/

私が関わっている concrete5 を使用して構築しました。

当社もスポンサーとして参加させていただいています。



<関連記事>

● 岩井俊二監督が審査員の短編映画祭「box[ur]shorts Film Festival」サイトリニューアル
http://ja.katzueno.com/2009/11/1087/





自分でも、日本語版翻訳者として concrete5 を理解しているつもりですが、こうやって実際の案件で作業していくと、その効率性と操作性が素晴らしいことを再実感させられます。

最初、WordPress さんや Movable Type さんを使われている方にとっては、慣れない部分があると思います。ですので、数カ月、ゆっくりと自分で勉強できる方に限ってですが、きちんと勉強できれば、かなり効率良くサイト構築が出来ると思います。

今回は、このプロジェクトで

・サイト構築
 ・テンプレート制作
 ・多言語化
 ・パスワード保護ページ
 ・予約フォームシステム

などを、ほぼ concrete5 の基本機能だけで構築しました。68ページものサイトを、ほぼ一ヶ月で構築できたのは、奇跡です。




この他にも、

・SNSで情報交換
 ・Usagi Project の MyNETS を使用
・Google Docs で文章管理
・Twitter & Facebook でマーケティング

などを活用しています。

さて、今日は、この中でも Facebook と Twitter に関して紹介したいと思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Twitter が成功したわけ:SNSの歴史
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実はさきほど、ロサンゼルスから連絡がありました。

とある知り合いの企業から、とある商品を紹介したいとのことでした。

ということで、企画書を2時間でメールで書いて、3〜4時間待ったら・・・。

「オッケー。予算も降りたよ」

と即認可が降りて、Ustream、Twitter、Facebook を使ったマーケティング活動をロサンゼルスの3人と日本の私1人で行うことになり、翌日には、Skype を使ってネットミーティング。

そして、私が Google Docs と Google Wave を使って文章を共同管理して行こうと提案し、作業が始まっています。





クライアントさんからお願いがきてから3日目にチームが結成され、作業が始まりました。

・Twitter
・Facebook
・Ustream
・YouTube
・Eメール

を中心とした活動を

・Skype
・iChat
・HootSuite
・bit.ly
・Google Docs
・Google Wave

などのサービスと

・Tweetie
・TweetBubble
・Ustream Producer

などのソフトやiPhoneアプリを使って行います。

正直言って、各サービスの使い方を紹介するだけで数冊の本が書けてしまうような状態です・・・。

今回は、簡単に、今、「Twitter」がなんで注目されているのかを紹介したいと思います。

本当にTwitterを使いこなしたいと思われる方は、上記のような様々なサービスを使いこなしていくのが重要なのです。





Twitter の成功を紐解くと、アメリカのソーシャルメディアの変革に当てはまります。

Six Degree というサービスから始まったSNSサービス。最初の火が付いたのは、 Friendster というサービス。私も2003年4月ぐらいに最初にFriendsterにユーザー登録。

最初の SNS は友達と紹介しあう程度。

Friendster は現在でも東南アジアには人気です。これは、インターネットの接続スピードに関係があるかもしれません。

しかし、アメリカでは MySpace が大人気になりました。そのキーワードが「カスタマイズ」と「ミュージシャン」でした。

HTMLやCSSを習得する必要がありましたが、その後、オンラインで簡単にコードを作れるサイトも出てきて、皆が自由自在に自分のプロフィールをデザインすることが出来ました。

自己主張が激しいアメリカならではです。

そして普及したもう一つの理由が、アーティストが気軽に自分の楽曲などを紹介し、ファンとの交流やマーケティングが可能になったことです。

ここで、私のソーシャルメディアとの関わりも、友達と連絡を取り合うツールから、仕事のツールとしても活用するようになりました。2005年頃のことです。

というのも、MySpace で、「映画」のプロフィールが作れるようになったのです。

ということで、インディー映画を作っていた私は、MySpace で自分の作品のプロモーションを開始、そして他の映画のプロモも、お金をもらって管理するようになったのです。

最終的に MySpace で管理していたアカウントは 8つになりました(苦笑)

つまり、考えていただくと、私が Mixi で8つのプロフィールを持っていたと言うことになります。



しかし、MySpace も問題があったのです。

・プロフィールの装飾がかなり自由に行え、読み込みが重いプロフィールが出る
・アーティストやねずみ講ビジネスからのスパムが大量に発生した

そして、サーバーからのレスポンスが遅かったり、よくサーバーが落ちたりしました。

(全然関係有りませんが、ネットワーク管理をしている知り合いが働いていたサーバーセンターに、 MySpace のサーバーがおいてあり、直に見たことがあります。それだけなんですが〜)



そして、2007年、Twitter が登場し Facebook が後述の理由で一躍有名になりました。



んで・・・ここで気がついたのですが、7年間の変革を書くと、めちゃくちゃややこしくなるので、ハショります・・・。




ともかくも

Friendster はソーシャルの基礎を確立し
MySpace は、ビジネスとしての可能性を与えてくれましたが、ユーザーに過ぎた自由を上げてしまって混沌としてしまいました。

それらの SNS の欠点たちを Facebook はバランスよく調整しました。

Facebook は2009年に自分のプロフィールのデザインの自由度をあえてなくし、他のSNSに比べると、結構な“規制”をかけました。しかし、ユーザーのカスタマイズ度が制限されることにより、目障りなプロフィールなどがでてこなくなりました。

Facebook のデザインに自由度が効かないことが受け入れられたのは、 MySpace がどれだけひどい状態になったかを皆が見てきたからでだとおもいます・・・というか私のアメリカにいる友人たちも異口同音に語っています。なので、 Facebook は運が良かったのもあるかもしれませんね。



そして、Facebookは、他のどのソーシャルネットワークが考えつかなかったことを、2007年5月にやったのです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Twitter が成功したわけ:オープンになること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それが、「オープンになること」でした。

MySpace 時代では、サイトの中にすべての機能を入れて完結しようとしました。しかし、私のように、仕事として、ブログや Twitter や・・・と、いくつものアカウントを管理するのはすごく面倒くさかったのです。

そこで、Facebook では、今ではMixiでも導入された「アプリ」機能を始め、そして、Facebook Connect というサービスを始めたのです。

ユーザーが自分の好きな機能を付け加える・・・。iPhoneのアプリの機能のようなもの、そして、Facebook Connectとは、Facebookが、他のサービスに、ユーザー認証を代行しようというサービスです。

Facebookは、ユーザーのログインなどのユーザー管理で基本的なことを行い、第3者の企業が、サービスに参入出来るようにし、商業的に大成功をおさめることができた最初のケースだったのです。

そして、TwitterとFacebookは、つぶやきをFacebookとTwitter相互にシンクロさせることによって、ユーザーの面倒くささを解消することになり、それが爆発的な発展を遂げることになったのです。

そして今、Ustreamも爆発的な人気を収めています。

その起爆剤となったのが、TwitterとFacebookとの連動です。

TwitterやFacebookで、該当するUstreamの放送をつぶやくと、それがUstreamの放送ページにも反映されるようになったのです。

つまり、これからは、どれだけ、プラットフォームを「オープン」にして、ユーザーの面倒くささを解消することが鍵になると思います。





さて、Twitterが成功したわけ・・・を書いているのですが、なぜか Facebook の話しばかりになってしまいました・・・。

時間もないので要約すると・・・ Twitter は、Facebookの例に習い、自分たちの中で完結するのではなくて、他のサービスと一緒に共存することを選んだのです。

Twitterは、2007年にサービスが開始したものの、ちょっと低迷した時期が続きました。2008年の大統領選挙でちょっとだけ注目を浴びましたがそれほどでもありません。

ですので、 2009年に Facebook と同じように、ユーザー認証を公開しました。そして、それに加え、 Twitter は認証されたユーザーの情報を他のサービスに提供することを許したのです。

また、Twitter 自身は140文字のマイクロブログというスタンスを崩さず、シンプルを貫いていると言うのも MySpace からの教訓かもしれません(憶測です)。そして、Bit.ly、TwitPic や Twitlogなど、追加機能を他のサービスととして提供させることにしたのです。

Twitter が成功したのは、Facebook の Friend Connect の成功を垣間見た Twitter が、それを取り入れて、 Facebook との共存を図り、しかもその拡張機能追加をスピーディーに行えたからです。

そして、Ustream も同じように、 Facebook Connect を見て、 Facebook と Twitter との共存を他のライブ放送サイトの誰よりも早く行ったので、成功したのではないでしょうか・・・。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Ustream (ボケ) + Twitter (ツッコミ) 関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、技術的な難しい話はおいといて・・・。

簡単に言うと、「Twitter」と「Ustream」は、ボケとツッコミの関係を築けたのではないでしょうか〜。





Twitter を使いこなすためのコツ・・・。

それは、SNSの試行錯誤の歴史そのものです。

他のサービスを上手に使い分け、気軽に連携できる。

そして、それらを誰よりも速く行わなければいけません(ここ重要)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今からの鍵は「オープン」と「コラボレーション」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実はこれ、ネット上で発展したものではなく、実際の社会ではすでにあるものです。

例えば、免許証を例にとります。

免許証の本来の役割は、自動車が運転出来ることを証明するためのためだけに作られました。

しかし、免許証があると、なぜか、本来の「車の運転」という目的以外に、レンタルビデオでビデオを借りられたり、アメリカではクラブに入るときの年齢チェックに使われます(車の運転を証明するものが、飲酒のため使われています(苦笑))



これって、将来のネット以外のビジネスにも繋がることではないかなと思っています。











ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-28 02:41 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


検索エンジンから国民性の違いを考える
GoogleとYahoo!の明暗を分けたのは?

今、ヤフー買収で話題になっている検索エンジンです。日本ではヤフーが圧倒的に強いのに、なぜアメリカで買収騒ぎになっているのだろうと理解が出来ない方もいると思います。

Yahoo!
http://www.yahoo.co.jp


Google
http://www.google.co.jp


実は、日本に帰って来たとき、私は何でヤフーがこんなにも人気があるのだろうと不思議に思っていた時がありました。

しかしこの命運を分けたのは、その国で人々がどのようにインターネットに接しているかの国民性にあることだったのです。

ちなみに、私の身近なところから比較してみます。私は日本とアメリカ両方でウェブサイトを運営しているので、それらのアクセスの比較をすると、アメリカのサイトは、Googleからやって来る人は、Yahooからやって来る人から平均して4〜6倍。日本のサイトでは、Yahoo!からやってくる人がGoogleよりも平均して約10倍!

これからも、日本とアメリカで検索エンジンを利用している人のギャップが大きい事が分かります。

さて、これは何ででしょうか?

私なりに分析してみました。

検索をする目的の違い

日本のテレビコマーシャルで2006年頃から目立って来た、検索窓の方法。これは、ホームページのアドレス自体を知らせるのではなく、そのコマーシャルで紹介されている商品名やキャッチコピー等を伝え、視聴者の方にヤフー等で検索をしてからホームページに行き着くように誘導して行く手法です。

インターネットアドレスは基本的に英語なので、いちいち英語モードに切り替えてアドレスを入力したり、難しい英語のつづりをいちいち入力するくらいならば、検索するという余分なステップを踏んでまでするほうが、視聴者の方に確実に行き着いてくれるだろうと結論を出した日本や韓国ならではの方法でしょう。

これに対して、アメリカなど、アルファベットを使用している地域では、ブラウザのアドレス欄に直接入力する事によって直接そのサイトに行き着く事が出来ます。いちいち検索サイトに行かなくても、商品名のドメインを取得し、それを広告に載せる手法がアメリカでは主流です。

しかし、中には、つづりを間違ったり略語を使う人もいますので、スペルが多少違ったり、略称を使っても同じサイトにアクセス出来るような工夫をしているホームページがたくさんあります。例えば、新聞のニューヨークタイムズでは、正式なアドレスはニューヨークを頭文字にしたNYTimes.comですが、newyorktimes.comと入力しても同じサイトに行き着くようになっています。

http://www.nytimes.com

http://www.newyorktimes.com


とにかく、日本では検索エンジンを常に利用している状態になっており、反対にアメリカでは、本当に何かを調べたいときにだけ、検索サイトに向かうという傾向になります。

他にもヤフーでは、ニュースや天気予報、オークションやブログ等の機能を充実させ、一つのサイトでどこへでも行けてしまうポータル(玄関)サイトの機能を充実させて来ました。いわゆる携帯の「トップページ」にもその傾向はあると思います。

日本の傾向では、いろいろな機能を付けたヤフーが人気を博しています。メールチェックや、オークション、ニュース等をチェックしているときにテレビのコマーシャルを見かけて、キーワードが検索出来る・・・こんな感じでしょうか。

しかし反対に、アドレスを入力するだけで目的のホームページに行き着ける事が出来るアメリカ。本当に何かを調べたいときにだけにしか検索エンジンには訪れないでしょう。ヤフーのように、いろいろある機能は、かえって煩わしい思いをします。

例えば、

検索をしたい時は、google.com
ニュースをチェックしたい時は、latimes.com
何かを調べたい時は、wikipedia.org
メールをチェックする時は、gmail.com

これをアドレスに入力するだけで、目的の場所に行き着く頃が出来ます。これを検索エンジンを使うと、

「yahoo.com」をアドレスに入力、いろいろあるボタンの中から検索窓を探して「Los Angeles TImes」を検索窓に入力、ロサンゼルスタイムズの検索結果を探して、やっと目的のサイトに行き着きます。数回のステップを踏まないといけません。

個人的な経験も含めてですが、当時、グーグルが世の中に出た時、ヤフーよりも格段に早いスピードとシンプルな検索結果のレイアウトに「なんて使いやすいのだろう」と即座にヤフーからグーグルに乗り換えた事を記憶しています。私の周りの友人たちにも同じ事が言えました。

すべての情報とサービスが集まり検索が出来てしまうヤフーと、検索サービスに特化したグーグル。前述のようにシンプルに検索が出来るグーグルに軍配が上がりました。

そして、英語圏の人口の方が断然多いわけで、これがヤフーとグーグルの明暗を分けた結果となりました。

ちなみに、日本のヤフーは、ソフトバンクが経営母体なので、ソフトバンクの孫さんは先見性があったというか、ラッキーでしたね。

ただ、反対に、日本のインターネット市場を考えると、アメリカのヤフーが日本のヤフーを所有していたら、マイクロソフトの買収騒ぎになるほど経営が圧迫される必要もなかったかもしれません。


その他アジアの国では

さて、ということで、他の国では、どのような傾向なのか、とあるデータベースを使ってランキングを調べてみました。

その中で、面白い結果が・・・。

先月訪れたインドネシアでは、ヤフーのシェアの方が、グーグルよりもあったのです。

インドネシア語の文字はアルファベット。なので、検索結果がシンプルなグーグルの方が良いのかなと思っておりました。

ヤフーが多い理由は、現地の人のインターネットへのアクセスの仕方にも理由の一つがあると感じました。

特に地方では、インターネットの家庭への普及率は皆無。インターネットは主にインターネットカフェからアクセスされており、それらのコンピューターのスタートページは基本的にヤフーである場合が多かったのです。インドネシアでヤフーの普及率が高いのは、これにも一因があるかも。

しかし、これはインターネットの家庭への普及率が高いシンガポールでもヤフーのシェアが大きかったので、インターネットカフェのみではなく、一目でいろいろな機能が利用出来るというお得感のあるヤフーがアジア系の人々にうけているからでしょうか・・・。

ただ、例外は中国。中国は百度という検索エンジンが圧倒的なシェアを占めていますが、この百式、グーグルと同じようにシンプルなページデザインになっています。

百度
http://www.baidu.com/


そして、面白い事に、ほぼ同じ中国語をしゃべっている台湾ではヤフーの方がシェアがあります。

アジア圏では、中国だけがGoogle式に人気があるようです。中国の国民性だけが、他のアジアの国々と違うという事でしょうか・・・。



おまけ

そのほかにも、面白い結果が。

タイだけ、マイクロソフトのWindows Liveに人気がありましたが、東南アジアの国々に共通している事は、Friendsterや、Hi5.comなど、ミクシーのようなソーシャルネットワーキングの利用率が高く、中にはそれらのSNSがヤフー以上にシェアーが高い国がありました。

ちなみに、日本の場合はブログへのアクセスが断然多いです。


まとめ

ということで

日本
  ヤフー>グーグル
  ブログ>ソーシャルネットワーキング(SNS)

東南アジア
  ヤフー>グーグル
  SNS>ブログ

北米・南米・北欧
  ヤフー>グーグル
  SNS>ブログ

という結果になりました。
面白いですね〜。



ちなみに、こちらから各国のインターネットのトップサイトの一覧を見る事が出来ます

Top Sites by Country
http://www.alexa.com/site/ds/top_500


皆さんも、時間があれば、国によってどのようなサイトが人気があるのか見比べてみて下さい。




ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

      人気ブログランキング   「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ

[PR]
by katzueno | 2008-04-11 04:28 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


ブログメディアの台頭は実はマーケティング泣かせ
興味深いニュースを二つ。

テクノラティが全面刷新、検索からメディアへ
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20367559,00.htm?ref=rss

メディア職とマーケティング職,就業状況で明暗がくっきり
http://zen.seesaa.net/article/84610291.html

テクノラティとは、「はてな」等に代表される、ブックマーキングメディア。つまり一般のユーザーの方が、「これは良い」とおもったブログやホームページを集めてそれをランキングで表示させて行くというサービスで、アメリカでは「Digg」などが有名です。

しかし、やはりこれだけブログが多いと、整理しないと行けない・・・。

昔は、情報は新聞・テレビ・ラジオ・雑誌等にすべて情報が収集され、私たちはそれらのメディアを観るだけで良かったのですが、今では、世界に無数にあるブログから情報を収集しないと行けなくなりました。昔は視聴率や、発行部数の数字を割り出すだけで、大丈夫だったのに、情報が拡散されている傾向にあります。

私も、今では、毎日、アメリカ、日本のメディアを新聞サイト、メルマガ、ブログ等を中心に、30〜40社を行ったり来たりしています。

例えば、株の情報をとってみると、昔は極論を言えば、テレビ東京の経済番組と、日経新聞を読んでいれば大丈夫だったのですが、今では、そこで報道されているときには既に遅し・・・株価の変動が会った後にレポートされることになったので、彼らよりも一歩先に情報を収集する必要が出て来た訳です。

ネタ探しをするためにマーケティング業界が台頭してきたということでしょう。

そして、前述のブックマークのソーシャルネットワーキングで、みんながブログで書き出す前に、その傾向を読み取る必要が出て来たので、システムを刷新する必要が出て来たという事です。

また、

日本初、「PRのプロ」を育てる学科
http://passnavi.evidus.com/tokushu/new_course/nagoya_bunri/main.html

など見ても分かるように。数年後、日本でもマーケティングが一番重要な職業になって行く事でしょう。




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-19 10:09 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


東京マラソンからみる口コミメディアの影響
CGM (Consumer Generated Media)とは、消費者などが生み出す宣伝メディア。いわいる、ブログや、SNSなどの事をいいますが。今回は東京マラソンの傾向から考えてしました。

3万2400人都心疾走 東京マラソン
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2008021802088420.html

-----

今までマラソン大会というと、一般参加者もいたんですが、常に注目されたのは、トップ争いをしている選手のみにフォーカスされていました。が、今回は、テレビ、新聞を含めて、一般参加者、そして中間的な意味合いを込めて、タレント・政治家・アナウンサー等の参加も注目されました。もちろん、24時間放送や、小さい規模のドキュメンタリーで時々注目されたこともありましたが・・・。これだけ大々的に特集されたのは初めてかと思われます。


東京マラソン開催間近! マラソンの新たな可能性とは--東京新聞フォーラム
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/13/run1/index.html

東京マラソン参加で10年ぶり兄妹再会、「もう一人じゃない」
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_08021805.htm

東国原知事、女子アナ……あの"キャラ"も完走!? --東京マラソン2008名・珍ゴール集
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/18/tm04/index.html

一般参加者、タレント参加者は楽しんで走って、招待選手のデッドヒートを楽しむ両極端になるだろうと思った矢先・・・。

マラソン界に期待の新星、藤原新が日本人トップに - 東京マラソン2008記者会見
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/18/tm03/index.html

一般参加された藤原さんが、もちろん、JR東日本の実業団には入られていると思いますが、オリンピック候補にいきなりなられました。昨今では、ナショナルトレーニングセンター設立等で、オリンプックの英才教育をと叫ばれている世の中ですが、まだ、地道に頑張って這い上がって来るという方もおられるという象徴です。

-----

ブログ等ではさぞかし、東京マラソンに関係した事が書かれているでしょう。

ある意味、これは、だんだんと、プロと一般の方の垣根が無くなって来ている事の象徴でしょう。というか、一番を目指すという競争(結果)という部分は残りますが、ライフスタイルやその過程自体を楽しむということが、注目されているという事でしょう。


東京マラソン最高視聴率24・3%、平均も20%超
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080218-OYT1T00241.htm

今まで、情報というのは、視聴者や読者の方が直接、新聞・テレビ・ラジオ等に送り、それを編集者の方が選択して放送されていました。

今では、既に一般公開された情報を、今度はありふれているので、編集者がそれを厳選して公開するというスタイルに既になっています。

そして、今回の東京マラソンでは、競争の部分もカバーされ、そして一般市民の楽しんでいる姿もバランスよくカバーされていた印象があります。後のワイドショー番組では、一般市民やタレントだけにフォーカスされていましたが・・・。


しかし、「競争」の部分と、「楽しむ」という部分がうまく共存したマラソン大会になったと書こうと思ったんですが、藤原さんが2位入賞になったので、調子が狂っちゃいました(苦笑)

いや、でも、これが激動の今を象徴しているという事でご了承下さい。




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-19 09:44 | マーケティング

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


「最先端」だからこそ問われるコミュニケーション
CNET Venture View で、面白い記事を発見

10人のエンジニアが見せた開発者コミュニケーションの最前線--
「コミュニケーション 2.0」
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20367478,00.htm

これはコンピュータやインターネットサービスの開発現場にしぼって書かれていますが、書かれている事は結構、インターネットのみならず、一般的な業務にも当てはまることこと思います。




Japan Blog Award 2008ビジネス部門にノミネート!

御陰さまで、ビジネス部門にエントリーされました。このような機会を与えていただき、運営委員会の皆様、審査員の皆様、そして投票をして下さった方、ありがとうございました。この機会に是非他にエントリーされている方のブログもご覧いただくと幸いです。

http://www.japanblogaward.com
[PR]
by katzueno | 2008-02-18 23:57 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧