ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人

ブログトップ | RSS | deerstudio 日本 | 米国 | お問合せ | English | 非営利の転載歓迎
Usagi Project | concrete5 日本語公式サイト

映画制作、WEB制作、ソフトウエア制作。私の職業って・・・思いながら綴って行きます

2010/8/14 - このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。


タグ:トヨタ2010公聴会 ( 6 ) タグの人気記事

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会・実況中継ログ・レキサス被害者、調査会社、大学教授の証言 (2/24)


以下に、日本時間2010年2月24日早朝(アメリカ時間2月23日)に行われた、トヨタレキサスの事故の被害者と調査会社、大学教授が証人として出廷した公聴会の翻訳ログを残して起きます。





<関連記事>
トヨタ公聴会・実況中継ログシリーズ
----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://katz515.exblog.jp/tags/%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf2010%e5%85%ac%e8%81%b4%e4%bc%9a/
----------
● (2/24) トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売・レンツ社長
http://katz515.exblog.jp/13854541/

● (2/25) 開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 その1
http://katz515.exblog.jp/13849146/

● (2/25) アメリカ運輸省ラフード長官 その2
http://katz515.exblog.jp/13849211/

● (2/25) 豊田 & 稲葉社長
http://katz515.exblog.jp/13846514/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://katz515.exblog.jp/13803961/





免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/24 収録ビデオ - レキサス事故被害者 & 専門家
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Recalls, Panel 1 - C-SPAN Video Library
http://www.c-spanvideo.org/program/292221-1

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。レキサス被害者と専門家。

----------
● House Energy & Commerce Subcmte. on Oversight & Investigations: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182325

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/23、公聴会全てのビデオ一覧。
----------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/24 - 公聴会パネル1・Twitter実況通訳ログ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



トヨタ社長による、Toyota公聴会、生で放送中。 http://bit.ly/agUi8O posted at 01:03:53


トヨタ公聴会は、Firestone (Bridgestoneの子会社)のリコールの批判から始まる。 http://bit.ly/agUi8O posted at 01:04:59


トヨタ公聴会、車の電子化により機械的なものよりプログラムによる電子的なものではないかと疑問点を提議中 http://bit.ly/agUi8O http://bit.ly/aUnc5z posted at 01:17:44


テキサス州出身Burgess議員の発言。テキサス州に工場もあり州税や雇用を提供している事実も言及 トヨタ公聴会。
http://bit.ly/aUnc5z posted at 01:26:54


テネシー州共和党ブラックバーン議員「この公聴会は裁判ではない」「2007年私はこの問題を既に報告している」トヨタ公聴会
http://bit.ly/aUnc5z posted at 01:31:26


RT @cspan: トヨタ公聴会 #1 - C-SPAN3にてライブ放送中 http://bit.ly/2vbiB6 . ハッシュタグ #cspantoyota でコメント受付中。 posted at 01:37:19


マサチューセッツ州民主党マーキー議員の発言「私もプリウスを運転している…しかし、トヨタは2000年にイギリス、2003年カナダで、別車種の運転席マットレスのリコールが行われている。それを無視したのか?他車種の可能性もある」
posted at 01:42:56


イリノイ州民主党ラッシュ議員、「トヨタは広告でアメリカ一安全と、うたっていはのは何だ」と批判 トヨタ公聴会
posted at 01:44:54


コロラド州民主党DeGette議員とその家族も、トヨタオーナー。結構、トヨタ車を運転している議員が多い・・・
posted at 01:47:55


トヨタ公聴会会場には、不良による事故による被害者の1人であるスミスさん遺族も参加
posted at 01:51:21


トヨタ公聴会、議員の所信まとめ1「なぜリコールに時間がかかったか、隠蔽が行われていた?過去を振り返ると既にその兆候はあった」「議員自身、または家族のほとんどがトヨタ車オーナー、なおさら責任」「機械的ではなく電子的な問題?」
posted at 01:59:14


イリノイ州民主スワコスキー議員、アイオワ州民主ブレーキー議員「2004年に保険会社に最初のアクセルペダル不具合の報告から何千件ものレポートが米国家道路交通安全局に報告されている。政府自身もなぜその事に気がつかなかった?」
posted at 02:04:07


トヨタ公聴会、各議員の所信が終了
posted at 02:06:00


トヨタ公聴会、各議員の所信が終了。専門家などの証人が入場
posted at 02:07:48


トヨタ公聴会、自身のレキサスES250車がアクセルペダルの不具合で2006年10月12日に起こった事故を経験した、スミスさんが証人として発言中
posted at 02:10:53


高速道路走行中、クルーズコントロールライトが点灯し、アクセスしだし、ギアーを変更しても、止まらず160kmを超え、自身でガードレールに激突させようとしました。衝突後でも60キロで走行し続けやっと止まりました
posted at 02:13:45


トヨタ公聴会、事故経験者スミスさんの発言。事故後、レッカー移動させようとした時、ギアーをNにしたときも走行しようとした
posted at 02:15:11


トヨタ公聴会、事故経験者スミスさんの発言。事故後の調査で、トヨタ関係者は私たちの事故を「作り話で、事故を再現出来ない」と主張したが、ダメであった。当時ほとんどのメディアも私たちの主張を真剣に取り上げてくれなかった。
posted at 02:18:02


トヨタ公聴会、2006年10月12日レキサスES350(?)事故経験者スミスさんの被害者夫が発言中。
posted at 02:21:31


トヨタ公聴会、被害者の夫スミスさんの発言。「フロアーマット原因の事故ではない。私たちの事故の経験からも明らかで、これは電子機器の問題である。しかし、トヨタは受け入れてくれず、自分で修理代を出さなければいけなかった」
posted at 02:25:25


車の安全を研究する調査会社社長「Safery Research & Strategies社」のカーンさんが自身の調査を発言中。
posted at 02:27:53


トヨタ公聴会、調査会社カーンさん「我々の調査では、フロアーマットレスなど機械的なトラブルは見当たらない、電子機器の異常のみ。安全プログラムが働いていない重大な問題である」
posted at 02:33:04


トヨタ公聴会、調査会社カーンさん「ペダルに機械的な異常を確認できず、コンピューターチェックをしても異常を示さないのに、異常行動を起こしたと言うのは、アクセルペダルの機械的な不良ではなく、電子的な問題である」
posted at 02:36:20


トヨタ公聴会、南イリノイ大学教授、物理学者、ギルバート教授が自分の調査結果を報告中
posted at 02:37:17


トヨタ公聴会、ギルバート教授「アクセルペダルの踏み具合を探知するセンサーに何らかの不具合があったからが原因かもしれないという疑惑が残る」
posted at 02:41:51


トヨタ公聴会、敏腕ワックスマン議員がギルバート教授に教授の調査に関する質問
posted at 02:44:59


トヨタ公聴会、ワックスマン議員、教授に自分の調査の信ぴょう性の質問トヨタにこの調査結果を報告したか質問。教授はトヨタは自分の調査の結果を信用しなかったと返答
posted at 02:46:52


トヨタ公聴会、ワックスマン議員は、ギルバート教授への質問で、トヨタは教授の調査、電子機器の不具合、を全然見向きをしなかった疑問を言及
posted at 02:48:34


インディアナ共和党バートン議員の質問「トヨタは安全プログラムがあるかと聞いたが?」ギルバート教授「ブレーキとアクセルペダルが同時に踏まれている状況で安全機能が動作しなかったプログラムも問題だ」
posted at 02:56:55


ミシガン州民主Stupak党議員、被害者の夫スミスさん質問。トヨタは「トヨタからは『ブレーキが踏まれているとアクセルよりも優先されるはずだ』という文章が届いた」
posted at 03:01:37


トヨタ公聴会、Stupak議員質問、調査会社カーンさん「私の調査では、被害者の報告の詳細からトヨタの『お客の報告が信用出来ない』という主張が通るとは思えない」#toyota http://bit.ly/agUi8O posted at 03:04:30


テキサス州共和党Burgess議員の質問で、ギルバート教授は「私が発見した電子機器の不具合問題は、トヨタ多車種でも繰り返し起こるものであることが確認されつつある。もう少しの調査で確証を得られるかも」 #toyota http://bit.ly/agUi8O posted at 03:07:10


ギルバート教授「トヨタ車以外の車は、ほぼ全て、この異常信号を異常信号として捉えることが出来て安全装置が働いたが、トヨタ車の多車種で、コンピュータ診断で、それが無かった。ただ調査は進行中で結論には至れるデータ量ではない」
posted at 03:12:01


トヨタ公聴会。ギルバート教授「ホンダ、フォード車に比べて、トヨタ車のペダルセンサーの構造に疑問が残る」
posted at 03:15:16


トヨタ公聴会。米国家道路交通安全局の責任は?証人、調査会社のカーンさん「Firestoneの事件からも、情報を上手く使えば、顧客の苦情をもっと早く処理し問題かできたかもしれない。トヨタの声を信用しすぎたことも問題」
posted at 03:22:28


証人、調査会社のカーンさん「米国家道路交通安全局は、情報があったが、それを精細に調査出来る人員やリソースが足りないのも問題の1つだ」
posted at 03:23:29


トヨタ公聴会。証人、調査会社のカーンさん「私たちが集めた顧客の調査報告と、ギルバート教授のコンピュータ調査結果が、かかなり一致している。ギルバート教授の調査は暫定結果とはいえ偶然とは思えない」
posted at 03:27:57


トヨタ公聴会。証人ギルバート教授「全てのメーカーが導入しているわけでないが、トヨタは、ブレーキペダルの安全プログラムを修正するのが最優先だ。」
posted at 03:30:52


ギルバート教授「証人スミスさんが起こったレキサスの事故は、アクセルペダルの機械的不具合ではない。」
posted at 03:33:57


コロラド民主DeGett議員「トヨタの弁護士は、ついさきほど、電子的な問題で、アクセル問題が発生し、その現象を再現できたと認めました。」
posted at 03:38:58


トヨタ公聴会。アイオワ民主Braley議員、証人の被害者スミスさんがトヨタに訴え続け、問題を表面化させたことを讃える。
posted at 03:47:25


トヨタ公聴会。アイオワ民主Braley議員。「(我々も)トヨタも、安価、安易に発見出来る、機械的な不良を発見することに注目し続けたことも問題だ。」
posted at 03:49:02


トヨタ公聴会。証人、調査会社社長カーンさん「(要約)電子的な不良という、今までは考えられなかった不良も注目しなくてはいけなかった」
posted at 03:51:04


トヨタ公聴会。インディアナ共和党Buyer議員「ギルバート教授とカーン社長は、5人の弁護士から報酬を受け取って調査をしている。その弁護士は全員トヨタを訴えている」#toyota http://bit.ly/agUi8O posted at 03:56:15


トヨタ公聴会。調査会社カーン社長は、トヨタを訴えている5つの弁護士事務所から受け取った報酬で、$18,000+機材$4,000分をギルバート教授に支払い、トヨタの調査を行ったことを認める
posted at 04:02:00


トヨタ公聴会。最初の証人の尋問が終了。7分間の休憩。4:15amから再開。
posted at 04:08:22







続く・・・。

● トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売・レンツ社長 (2/24)
http://katz515.exblog.jp/13854541/






<関連記事>
トヨタ公聴会・実況中継ログシリーズ
----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://katz515.exblog.jp/tags/%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf2010%e5%85%ac%e8%81%b4%e4%bc%9a/
----------
● (2/24) トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売・レンツ社長
http://katz515.exblog.jp/13854541/

● (2/25) 開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 その1
http://katz515.exblog.jp/13849146/

● (2/25) アメリカ運輸省ラフード長官 その2
http://katz515.exblog.jp/13849211/

● (2/25) 豊田 & 稲葉社長
http://katz515.exblog.jp/13846514/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://katz515.exblog.jp/13803961/






ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-02 16:03 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売レンツ社長 (2/24)



以下に、日本時間2010年2月24日早朝(アメリカ時間2月23日)に行われた、アメリカトヨタ販売レンツ社長、翻訳ログを残して起きます。





<関連記事>
トヨタ公聴会・実況中継ログシリーズ
----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://katz515.exblog.jp/tags/%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf2010%e5%85%ac%e8%81%b4%e4%bc%9a/
----------
● (2/24) レキサス被害者、調査会社、大学教授の証言
http://katz515.exblog.jp/13854489/

● (2/24) トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売・レンツ社長
http://katz515.exblog.jp/13854541/

● (2/25) 開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 その1
http://katz515.exblog.jp/13849146/

● (2/25) アメリカ運輸省ラフード長官 その2
http://katz515.exblog.jp/13849211/

● (2/25) 豊田 & 稲葉社長
http://katz515.exblog.jp/13846514/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://katz515.exblog.jp/13803961/



免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/24 収録ビデオ - アメリカトヨタ販売レンツ社長
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Recalls, Panel 2 - C-SPAN Video Library
http://www.c-spanvideo.org/program/292221-2

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。レンツ社長。

----------
● House Energy & Commerce Subcmte. on Oversight & Investigations: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182325

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/23、公聴会全てのビデオ一覧。
----------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/24 - 公聴会パネル2・Twitter実況通訳ログ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





トヨタ公聴会。レンツ北米トヨタ販売社長の証人喚問が始まる。
posted at 04:20:35


トヨタ公聴会。レンツ北米トヨタ販売社長の所信、基本的に述べていることは、既に発表の修理情報や、今後の改善策。
posted at 04:26:15


トヨタ公聴会。カリフォルニア州民主ワックスマン議員。レンツ北米トヨタ販売社長に質問中。
posted at 04:27:23


トヨタ公聴会。カリフォルニア州民主ワックスマン議員の質問で。レンツ北米トヨタ販売社長は、2件のリコールで全てが解決するとは確信していないが、今までの調査では、今のところ、リコール以外に問題はないと答える。
posted at 04:34:07


トヨタ公聴会。レンツ北米トヨタ販売社長は、ギルバート教授の調査結果を3.5時間で発見できたことに疑問を持つ。ただ、彼の結果はつい最近公表されたことで、完全に否定できないし、それが正確であることも分からない
posted at 04:39:21


トヨタ公聴会。レンツ北米トヨタ販売社長「事故の詳細を確認をすると、電子機器の不良でない可能性も否定できない」
posted at 04:47:02


トヨタ公聴会。テキサス共和バートン議員、レンツ北米トヨタ販売社長に、どこまで北米子会社はイニシアティブがとれるのかの質問に、今までのリコールは日本に判断仰いでたが今度からは迅速に対応出来る裁量を与えられることになるとのこと
posted at 04:56:34


トヨタ公聴会。ミシガン民主Dingell議員。ベテラン議員特有の、「Yes」「No」の二択質問で、レンツ北米トヨタ販売社長を動揺させ、マニアックな質問を浴びせる政治戦略丸見えの質問中。
posted at 05:05:00


トヨタ公聴会。ミシガン民主Dingell議員、レンツ北米トヨタ販売社長に、「「Yes」「No」で答えろ」と強要させている。これはかわいそう。
posted at 05:09:34


トヨタ公聴会。ミシガン民主Dingell議員の質問は、物事が全て「白」と「黒」だけであるという事を前提に質問しているような感じがあった。世界がYesとNoだけだったら良いのにな〜
posted at 05:18:03


レンツ北米トヨタ販売社長「死者がでたトヨタ車の事故は、今後は全てを24時間体制で、調査&対応、出来るような体制にしたい。私も兄弟を27年前に事故でなくした。ここにいる遺族の気持は痛いほどわかる」
posted at 05:24:10


マサチューセッツ民主マーキー議員の質問で「ヨーロッパのリコールで対応しなかったか」の質問に、レンツ北米トヨタ販売社長「ヨーロッパのリコール情報はアメリカで共有されていなかった。ただ豊田社長がそれを解決しようとしている」
posted at 05:27:32


マサチューセッツ民主マーキー議員の質問「電子機器の問題がないのに、安全装置の修正とはどういう事か?」レンツ社長「念のためにやるだけ。テストは続けるが、日本での調査ではETCの不具合は見つかっていない」
posted at 05:30:05


コロラド民主DeGette議員「ギルバード教授のアクセス制御システムの挙動不審を再現できたという報告は」レンツ社長「昨夜、再現出来たというレポートがきました、ただテストは日本で行ったもので自分自身は見ていない」
posted at 05:34:56


コロラド民主DeGette議員の質問「ギルバート教授が同じ挙動不審の結果を出せたと言うことは、(電子機器の不良でない)さきほどの証言を変えますか?」レンツ社長「我々は他のメーカーのモデルでも条件で再現出来ました(ギルバート氏の)テスト結果に少しの疑問…」 #toyota posted at 05:38:17


バージン諸島、クリステンセン議員の質問にレンツ北米トヨタ販売社長「私たちは早すぎる成長で、増える顧客に対応しきれなくなり、“カスタマー”を忘れたことにも原因があると思う」
posted at 05:44:13


レンツ北米トヨタ販売社長「独立したグローバルな安全管理部門を作り、明日、責任者が来ます」にバージン諸島、クリステンセン議員の質問「Toyotaが金を支払うのに“独立”した部門が出来るのか?」
posted at 05:46:31


レンツ北米トヨタ販売社長「わたしたちは、安全基準については意見を集めるが、判断は本社(日本)が決めていた。」オハイオ州民主党Sutton議員は、北米トヨタが安全管理について判断権が与えられていなかったことに疑問
posted at 05:49:02


オハイオ州民主党Sutton議員「安全局データベースは、2004年に苦情が4倍になった原因は何だ?」レンツ北米トヨタ販売社長「詳しいデータを見ていないので何とも言えないが、保険会社や安全局と情報共有し調査協力する準備は」
posted at 05:51:48


イリノイ州民主シュワコースキー議員「(隣国である)カナダでのリコール情報が共有されていないのは何故か」レンツ北米トヨタ販売社長「私は詳細を知らないので何も言えない」
posted at 05:54:44


イリノイ州民主シュワコースキー議員「顧客の苦情に『理論上不可能である』という同じ定形返信が続いているのはおかしいのでは?」レンツ北米トヨタ販売社長「膨大な数の顧客情報全てを確認できない」
posted at 05:58:26


アイオワ州民主ブレイリー議員「雇った“独立”した調査機関は過去に自動車業界から30〜40億ドル受け取ったと聞いている、その中にトヨタが数億ドル支払ったのではないのか(すでに利害関係がある?)」レンツ社長「調査します。」
posted at 06:04:35


インディアナ州共和党バイヤー議員の質問より、レンツ北米トヨタ販売社長「ギルバート教授のテストのやり方は、現実的に再現不可能ではないかもしれない可能性がないともいえないので、より詳しい調査が必要である」
posted at 06:09:13


テキサス州民主ゴンザレズ議員「今、トヨタのオーナーに言えることは?」レンツ社長「新しい安全基準を迅速に判断出来るシステムを作ります。ディーラーとの情報共有をしっかりします。」
posted at 06:15:51


テキサス州民主ゴンザレズ議員「これで、この中にいるトヨタオーナー議員達もトヨタ車を乗り捨てることはないだろうが、しかし、顧客、アメリカ市民、トヨタにとってフェアーで厳しい調査を行っていくことを確信する」
posted at 06:23:48


カリフォルニア州民主マクナーニー議員、NUMMI閉鎖という対処は正当だったのか」という質問。レンツ社長「リーマンショックが影響であり、NUMMIはあくまでGMとの50-50会社で、トヨタが独断に決めたことでない」
posted at 06:24:39


NY民主エンゲル議員「レンツ社長の今までの答えには、さきほどのスミス夫妻が経験した事故体験からは、まだ納得出来ない。」レンツ社長「この事故自身については詳しく調査せねば」
posted at 06:31:10


NY民主エンゲル議員「しかし、スミス夫妻の事故は繰り返されている。それに対してはどうなのか」レンツ社長「それが、アクセルペダル、プラスチックの不具合によるものだと結論に」エンゲル議員は「それが全てなのか?」と疑問
posted at 06:33:08


ジョージア州共和ギングリー議員「これはソフトウエアの問題?機械的な問題」レンツ社長「何も分からない。調査が必要」
posted at 06:35:58


トヨタ公聴会、レンツ北米トヨタ販売社長の質疑が終了。次は、アメリカ運輸省ラフード長官の質問を始まる。
posted at 06:38:59


運輸省ラフード長官、リコール開始までの経緯を説明中。道路交通安全局の対応は早急に行った。過去の一部の事故の911電話の録音も聴いた
posted at 06:45:37


トヨタ公聴会、実況翻訳、終了します
posted at 06:47:22







<関連記事>
トヨタ公聴会・実況中継ログシリーズ
----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://katz515.exblog.jp/tags/%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf2010%e5%85%ac%e8%81%b4%e4%bc%9a/
----------
● (2/24) レキサス被害者、調査会社、大学教授の証言
http://katz515.exblog.jp/13854489/

● (2/24) トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカトヨタ販売・レンツ社長
http://katz515.exblog.jp/13854541/

● (2/25) 開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 その1
http://katz515.exblog.jp/13849146/

● (2/25) アメリカ運輸省ラフード長官 その2
http://katz515.exblog.jp/13849211/

● (2/25) 豊田 & 稲葉社長
http://katz515.exblog.jp/13846514/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://katz515.exblog.jp/13803961/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-02 16:00 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その1

以下に、日本時間2010年2月25日早朝(アメリカ時間2月24日)に行われた、アメリカ運輸省ラフード長官の公聴会における。翻訳ログを残して起きます。




<関連記事>

■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/





免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 収録ビデオ - アメリカ運輸省ラフード長官
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Gas Pedals, Secretary LaHood, Part 1 - C-SPAN Video Library
http://www.c-spanvideo.org/program/292243-1

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。運輸省ラフード長官 その1。

----------
● House Oversight & Government Reform Committee: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182357

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/24、公聴会全てのビデオ一覧。

----------




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 - 公聴会パネル1・Twitter実況通訳ログその1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ 免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。
※ 時間は日本時間2010年2月25日です




トヨタ公聴会、実況翻訳を、まもなくスタートします〜。C-SPAN3では、昨日や今からの公聴会のまとめをやっています #toyata http://bit.ly/agUi8O
posted at 00:20:54


トヨタ公聴会、もうすぐ始まります。最初の証人はアメリカ運輸省ラフード長官、2番目に豊田社長。3番目に事故の遺族が証人として現れる模様です。

posted at 00:57:48


トヨタ公聴会、始まりました。ライブ映像も放送中

posted at 01:00:03


トヨタ公聴会、Oversight and Government Reform委員長、タウン氏のオープニングステートメント

posted at 01:01:50


ニューヨーク民主、委員長のタウン議員、サンディエゴの事故の模様を説明し、トヨタのリコールと、議員が得ている報告との矛盾点に感じていることを説明中

posted at 01:03:17


ニューヨーク民主、Oversigh委員委員長タウン議員、「トヨタ車は安全か」「トヨタは解決策を提示出来るか」「道路交通安全局の対応も評価出来るか」「今後道路交通安全局はこのような事故を防げるのか?」

posted at 01:06:25


カリフォルニア共和Issa議員、今までの他のリコールの状況を説明。

posted at 01:08:19


カリフォルニア共和Issa議員、アメリカで放映されている謝罪「過去から学び…」のCMをトヨタは流しているが、2007年の最初の報告から3年間無視され続け、死者も出ている事故を起こしているのは何故かの疑問点をあげる

posted at 01:10:31


カリフォルニア共和Issa議員、道路交通安全局の対応も追求。なぜ、道路交通安全局はこのような問題を長年対応出来ていなかったのか。ヨーロッパのリコールの情報は道路交通安全局が把握出来ていなかったのか

posted at 01:11:43


運輸省ラフード長官が、証人台に。

posted at 01:12:12


運輸省ラフード長官、去年の就任から、地下鉄事故や飛行機事故にも早急に対応してきたことを説明。

posted at 01:12:55


運輸省ラフード長官、運転手が、車、電車などで、携帯電話の使用を禁止してきたなどの対応を説明。

posted at 01:14:07


運輸省ラフード長官。トヨタのリコールで、民衆に、自分の車に異常があれば、早急にトヨタに連絡するように訴え中。リコールの内容を復唱しています。

posted at 01:14:48


運輸省ラフード長官、道路交通安全局は年間3万件の報告を受けており、すべてに目を通し500件以上のリコールに繋がっていて成果を上げていることを報告

posted at 01:16:47


運輸省ラフード長官、道路交通安全局の調査員は2009年12月に日本に飛んだりと、トヨタと一緒にリコール問題に取り込んでいる。豊田社長の証人出廷を歓迎し、トヨタのリコール申請に早急に対応していると報告

posted at 01:18:36


運輸省ラフード長官、トヨタの電子機器の不具合について、確認を取れていない。道路交通安全局は、調査を続けるが、今は電子機器のトラブルとは考えていない

posted at 01:19:39


運輸省ラフード長官、サンディエゴでレキサス所有者が亡くなった時の911コールを直に聞き、遺族にも直接話しをしてきた

posted at 01:20:48


運輸省ラフード長官、道路交通安全局は、トヨタの車すべてが安全になるまで調査を続けると、オープニングスレート免とを終了

posted at 01:21:40


NY民主・タウン委員長、なぜ道路交通安全局がこれほど時間がかかったのかを質問。

posted at 01:22:30


運輸省ラフード長官、年間3万円のレポートを真剣に分析している。しかし、「パターン」が見つかれば、詳細な調査を行う。ただ、この特定の件については、時間がかかる

posted at 01:23:45


NY民主・タウン委員長「今のトヨタ車は安全か?」運輸省ラフード長官「ウェブサイトを見て、該当するトヨタ車はディーラーに行き修理を行って欲しい」

posted at 01:24:40


カリフォルニア共和Issa議員、道路交通安全局のホームページでリコール情報を判別する為に、もっと分かりやすい方法が出来ないかと質問

posted at 01:26:04


カリフォルニア共和Issa議員、メーカーが海外でリコールが起これば道路交通安全局に報告するしか分からない。しかし、国際社会でこういう事故情報の共有が出来ないかと質問。ラフード長官も個人的に同意。

posted at 01:28:16


加州共和党アイサ議員、リコール以前に、国際的な情報共有システムを作り、早急な対応が出来る体制を考えなければいけないのではないか。ラフード長官も同意。
posted at 01:30:04


ペン州民主カンジョースキ議員も、リコール情報を、アメリカ国内の情報を他の国にも共有出来るシステムを作り効率化するべきだ。

posted at 01:32:33


【解説】PA州民主カンジョースキ議員は、車の安全対策に付き、世界に対してリーダーシップをとろうと運輸省ラフード長官に提案

posted at 01:34:31


IN州共和バートン議員、トヨタには、運輸省OBが働いている疑問について、ラフード長官は「運輸省には、運輸省関係者と話せないと言うポリシーがある。もしも違反があれば告発して欲しい」

posted at 01:38:00


運輸省ラフード長官、IN州共和バートン議員の、運輸省OBとトヨタとの癒着について否定。そして、厳しくする必要があれば、ルールをもっと厳しくしましょうと提案。

posted at 01:39:38


MD州民主カミングス議員は、もう一度トヨタは安全か聞きたいと質問。ラフード長官「運輸省のホームページに乗っているトヨタ車は問題があり安全ではないと」

posted at 01:42:16


MD州民主カミングス議員、リコールリストに載ってい無いトヨタ車オーナーも心配しているのはどうするのかの質問。ラフード長官は、調査を続ける、66人の新しい人員の予算の許可も得たと回答。

posted at 01:44:19


FL州共和マイカ議員、新しい証人を呼ぶことを提案中

posted at 01:46:43


FL州共和マイカ議員、道路交通安全局局長の証人出廷を申請したがラフード長官は就任40日の局長は適任ではないと反論。ラフード長官は1年以上職についているので十分答えられると回答。ただ次回の公聴会に呼ぶことを考慮することになる

posted at 01:49:33


FL州共和マイカ議員、道路交通安全局の調査体制は大丈夫かとの質問。ラフード長官は、66人の新しい調査員の雇用で大丈夫だろうとおもう。マイカ議員は詳しい調査を要請

posted at 01:50:53


FL州共和マイカ議員、トヨタに就職した道路交通安全局OBが、道路交通安全局の役員とコミュニケーションしていることを問題視。ラフード長官も、道路交通安全局OBの退職後ルールの厳格化に取り組む事を約束。

posted at 01:52:06


FL州共和マイカ議員、地下鉄の事故の対応の疑問点に対する質問をしました。

posted at 01:54:16


OH州民主KUCINICH議員、道路交通安全局は電子機器プログラム、システムの調査も出来るのかと質問。ラフード長官は出来ると回答。

posted at 01:56:24


OH州民主KUCINICH議員、日本に言った調査員の調査はどのような調査を行ったのか電子システム調査も詩たのかと質問。運輸省ラフード長官、日本から膨大な資料を受け取り調査してきた。その資料の中には信用出来るデータがある

posted at 01:58:17


OH州民主KUCINICH議員、調査方法は報告を受けたらどうなるのか。ラフード長官は、安全局内で資料を審査し、必要であれば関係者に聞き取り調査をし判断を行うと回答。

posted at 01:59:39


IN州共和ソーダー議員の「車すべてが安全であるか」質問に、ラフード長官は、この3年で、22百万台がリコールされた。全てがトヨタ車ではないと回答。

posted at 02:04:17


IN州共和ソーダー議員、CTSなどの部品会社にも調査をするべきなのではと質問。しかし複雑になりすぎる車の構造でメーカーに任せっきりにするのか・・・

posted at 02:08:12


IN州共和ソーダー議員、「スピード制限を50キロにしたら安全じゃないのか」に、ラフード長官「私の役職のゴールは、「100%安全」だ」

posted at 02:09:52


DC民主ノートン議員、新しく雇う66人の調査員はどういう振り分けをするのかの質問に、ラフード長官はしっかりとした事前の審査をして、“技術者”“専門家”を雇うと回答

posted at 02:11:25


DC民主ノートン議員、日本は閉鎖的な文化であるという印象があるがとの質問。ラフード長官は、調査員が日本に行ったのはそのためで、調査員が長官と豊田社長との直接なコミュニケーションをとれるようにしたと回答。

posted at 02:13:16


ラフード長官、今までの経緯をあたら目て説明したいと要求したが、その必要はないと返答。

posted at 02:14:26


DC民主ノートン議員、トヨタは今、きちんと、道路交通安全局との信頼関係を築けているのかとの質問。ラフード長官は、トヨタの関係者は協力的で豊田社長がここにいることがその証明だ。

posted at 02:15:52


DC民主ノートン議員、今、トヨタは一番危険な車メーカーと思われているそれは何故かとの質問。ラフード長官は、北米子会社と日本本社とのコミュニケーション方法(体制)を変えなくてはいけないと回答

posted at 02:20:56


DC民主ノートン議員、安全プログラムが働かなかったのは何故か?安全と言われたメーカーが安全プログラムを導入してなかったのは何故か。それを見抜けなかった我々にも責任があるのでは?

posted at 02:22:21


DC民主ノートン議員は安全プログラムを全ての車に義務化すべきかの質問に、ラフード長官は、もっと詳しい調査が必要だ。

posted at 02:23:54


DC民主ノートン議員は、トヨタ車には運転データを保存するシステムがあるが道路交通安全局はそのデータを取得出来ず、トヨタしか出来ない。道路交通安全局はそれらのデータを、トヨタの許可なしで取り出せるようにするべきか

posted at 02:26:28


DC民主ノートン議員、車にブラックボックス設置を義務化させるべきかの質問に、ラフード長官は考慮しても良いと返答。

posted at 02:27:19


10分休憩。

posted at 02:28:24


今までのまとめ。運輸省の道路交通安全局は、トヨタの調査を十分に行ってきたかの質問に、ラフード長官は十分な調査を行ってきたと説明。トヨタの対応を援護している部分も見られた

posted at 02:30:45


C-SPANネット中継チャンネルは、公聴会最初のオープニングステートメントをリプレイ中。

posted at 02:34:13


休憩中に、免責です。トヨタ公聴会の、実況翻訳ツイートは、できるだけ正確に行えるようにしていますが、ケアレスミスがある可能性がありますます。

posted at 02:37:21


トヨタ公聴会、休憩終わり。中継に切り替わりました。

posted at 02:37:50






続く・・・。

● トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その2
http://ja.katzueno.com/2010/03/1172/









該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-01 22:05 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会・実況中継ログ・アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その2





────────────────────────────────────────
● トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その1
http://ja.katzueno.com/2010/03/1170/

の続きです。

────────────────────────────────────────





<関連記事>

----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/
----------

● トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊田 & 稲葉社長 (2/25)
http://ja.katzueno.com/2010/03/1168/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://ja.katzueno.com/2010/02/1158/





免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 収録ビデオ - アメリカ運輸省ラフード長官
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Gas Pedals, Secretary LaHood, Part 2 - C-SPAN Video Library
http://www.c-spanvideo.org/program/292243-101

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。運輸省ラフード長官 その2。

----------
● House Oversight & Government Reform Committee: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182357

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/24、公聴会全てのビデオ一覧。
----------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 - 公聴会パネル1・Twitter実況通訳ログその2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● トヨタ公聴会・実況中継ログ・開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 (2/25) その1
http://ja.katzueno.com/2010/03/1170/

の続きです。




TN共和ダンカン議員、トヨタと道路交通安全局は、結びすぎているのではないかの疑問を質問中。ラフード長官は、自分たちは安全を第一に考えているだけだと回答中

posted at 02:40:49


IL州民主クイーグリー議員、道路交通安全局は、車にブラックボックスの取り付けを促していたが、これからは義務化するのかの質問に、ラフード長官はいくつかのメーカーは取り付けているが、これから義務化についても考慮する必要がある。

posted at 02:43:09


IL州民主クイーグリー議員、ブラックボックス義務化についての議論はどれくらい時間がかかるのかの質問に、運輸省ラフード長官は、トヨタだけの問題だけではないので、時間がかかるが返答はできるようにする。

posted at 02:45:22


IL州民主クイーグリー議員は、既にこのような問題が大々的に表面化しているので、既に義務化すべきだと意見。

posted at 02:46:14


UT州共和共和チャフェッツ議員は、トヨタだけ調査に時間がかかりすぎていないかと質問。運輸省ラフード長官は、他のメーカーの調査にも同じぐらいに時間がかかっている。

posted at 02:48:39


【解説】UT州共和共和チャフェッツ議員、道路交通安全局は、トヨタへの調査だけ甘いのではないかをいくつかの証拠をあげ疑問を運輸省ラフード長官に質問中。長官はそれはないはずと答えたが、いくつかの具体例では回答を保留。

posted at 02:50:14


UT州共和共和チャフェッツ議員、道路交通安全局OBがトヨタに天下りしている事実から、道路交通安全局と車業界の癒着があるのではないかとの質問に、ラフード長官は20百万台のリコールという結果を提示。

posted at 02:52:09


TN州民主クーパー議員、2005〜2010トヨタピックアップトラックの問題を質問。ラフード長官は、CTSという部品メーカーのペダルを使用したそのモデルはリコールの対象だと返答。

posted at 02:54:18


TN州民主クーパー議員は、素人でもわかるような、きちんとした迅速な情報提供を、道路交通安全局の国民の信頼を取り戻せるように努力して欲しいと要望

posted at 02:55:29


AR州共和フレーク議員、道路交通安全局は米市民の税金で調査が行われている。フェアーな調査が行われているのかとの質問に、ラフード長官は安全がとにかく第一で妥協はしないと強調

posted at 02:58:00


AR州共和フレーク議員は、政府が、どちらかのサイドにつきやすい(甘くなる)という歴史があるので、今回の調査が甘くなっていないかを再確認したいとの要望。特に政府はGMの60%オーナーと言う状況も

posted at 03:00:13


CA州共和党アイサ議員は、なぜ調査員を日本に派遣したが、政府が60%を所有しているGMにも、同じような厳しい調査をするのかに、ラフード長官はそうだと答える

posted at 03:01:32


IL州民主デービス議員は電子機器トラブルの調査をどれくらいしたのか質問中。ラフード長官はユーザーからの苦情と議員から報告で行っている。

posted at 03:03:23


ミズーリ共和ルートカマイヤー議員は、報告数の数で、調査を行うかの判断をしているのかの質問に、運輸省ラフード長官は、時と場合により調査開始を判断する条件は違う

posted at 03:05:42


MO共和ルートカマイヤー議員、道路交通安全局は、国民からの苦情にたいしてどのように調査開始の判断をしているのか、調査の方法の信用度、調査員の採用方法を、運輸省ラフード長官に質問中。
posted at 03:07:42


MA州民主リンチ議員、フロアマット、アクセルペダルなど3件のリコールは、安いものから複雑、高価なリコールと段階的に判明している。しかし私はソフトウエアの問題だと思う。単純なリコールで全ての問題が解決するとは思えない

posted at 03:11:25


MA州民主リンチ議員、もしかしたら、リコールはごまかしで、国民を危険にしているのではないかとの質問。ラフード長官は、私たちの調査でそれらが問題だとは証明されている。

posted at 03:13:00


NE州フォーテンベリー議員、トヨタ以外にも今後もこのような問題に対処出来るようになんらかのポリシーを作るべきかとの提案。

posted at 03:16:24


CA州共和党アイサ議員、メーカーは、すべて政府機関に情報を提供していないように感じる。リコールがない限りメーカーは報告しない。それを変えるべきか?ラフード長官は、メーカーはリコールがなくても報告していると信じている

posted at 03:17:50


IN州共和ソーダー議員、リコール対象のアメリカ製ペダルではなく、対象外のアクセルペダルでも死亡事故が起きている疑問点をノベル

posted at 03:20:34


TX州民主キューラー議員、リコールの発令で、トヨタのリコール率は11%で、他のメーカーよりも少ないという疑問。そして安全局の限られたリソースの中で党言う対応を取るのかとの質問。

posted at 03:23:34


ラフード長官、大統領が66人も新しい人員配置を了承してくれた。リソースは十分にあると回答

posted at 03:24:14


TX州民主キューラー議員は、安全局が日本に行った経緯の説明を求める。ラフード長官は、北米トヨタの十分な協力、レンツ社長の昨日の証言からも・・・日本に判断件があるので、調査員が日本に行く必要性を感じた。

posted at 03:26:12


OH州共和ジョーダン議員、業者ごとに判断基準が違うのかの質問。ラフード長官は安全基準は同じだ。

posted at 03:27:53


OH州共和ジョーダン議員、GMやクライスラーなど他の業者からトヨタ車に関する告発はあったのかの質問。運輸省ラフード長官は、私の知る範囲ではない

posted at 03:28:50


CA州共和党アイサ議員、過去3年にリコールされた、23百万の車のリコール自体は本当に危険だったのか、そのリコールの信ぴょう性はあるのかの質問。運輸省ラフード長官は、調査をして、報告すると回答。

posted at 03:30:53


CA州民主チュー議員、道路交通安全局は、その調査方法はメーカーの証拠提出だけに頼っているのではないか、そして積極的に調査していないのではないかの質問に、ラフード長官は、完全に否定。

posted at 03:32:50


CA州民主チュー議員、調査に従わないメーカーに懲罰をするべきでないかの質問???に、ラフード長官は保留。

posted at 03:33:51


CA州共和ビルブレイ議員、自分の選挙区の人間が死亡した。トヨタが安全であるという先入観が、道路交通安全局や国民の判断を誤ることにつながってのではないかと

posted at 03:35:47


運輸省ラフード長官、トヨタだから安全だと、言う先入観を持って調査をしている体制があるとは考えないと回答。

posted at 03:36:54


CA州共和ビルブレイ議員、サンディエゴで死亡事故が起こったときにどのような対応を取るべき…とったのか?運輸省ラフード長官、その事故が起こったときにわれわれは目を通したはずで、必要であったのなら指導もした

posted at 03:39:00


CA州民主ワットン議員、フロアマットの問題はシンプルすぎるとしか思えないがとの質問。運輸省ラフード長官は、改めて、調査を続け電子機器のトラブルがないか確認すると回答。

posted at 03:41:02


CA州民主ワットン議員、リコールを拒否する企業には、犯罪として懲罰を定めるべきか。運輸省ラフード長官は、民事的な責任は場合によってはするべきだと考えている(?)#toyota http://bit.ly/agUi8O
posted at 03:42:34


しかし、運輸省ラフード長官は、今の道路交通安全局の方針、安全性の確認方法に、特別な問題はないと考えている。

posted at 03:43:35


VA州民主コナリー議員、このアクセル問題の問題が表面化したのをいつ把握していたかの質問に、運輸省ラフード長官は数年前だと思うが、詳しくは分からない。調べないといけない。自分の就任前だった

posted at 03:45:43


VA州民主コナリー議員、道路交通安全局調査員が日本に赴いた時のトヨタの反応に関して、運輸省ラフード長官は、豊田社長とも直接話し、その重要性を気づいていたし対処に取り組んでいたと思う

posted at 03:47:20


VA州民主コナリー議員、運輸省、道路交通安全局の対処は。運輸省ラフード長官は、自身の就任前は、改善の余地があるかもしれないが・・・

posted at 03:48:54


NY州民主マローニー議員、ヨーロッパのトヨタでは1年前に問題がわかっていたことが分かっている。なぜ、道路交通安全局に伝わらなかったのか、もう一度おおまかに説明してくれと質問。

posted at 03:51:01


運輸省ラフード長官は、北米トヨタは、日本ほどの判断権を与えられていなかった。そしてトヨタ自身が自信過剰になり、情報共有が十分されていなかったと感じると回答。

posted at 03:52:19


NY州民主マローニー議員、リコールの修理後に、問題が治ったことをが証明出来るのか?運輸省ラフード長官は、会社から情報が提供され、それが顧客に伝えられ、修理が行われる

posted at 03:53:47


OH州民主キャプター議員、日本と道路交通安全局の関係は、運輸省ラフード長官は、トヨタとの協力関係は有効だと答える。

posted at 03:56:57


OH州民主キャプター議員、2004〜08にかけてペダルにかんする報告があるがそれは、道路交通安全局ときちんと情報が共有されていたかを質問し、ラフード長官は回答を保留。

posted at 03:58:15


OH州民主キャプター議員、日米の貿易収益で、アメリカは大幅な赤字であると言うチャートを示す。

posted at 03:58:48


OH州民主キャプター議員、日本政府の関係機関との情報交流がどうなっていたかの質問。運輸省ラフード長官は、回答を保留。

posted at 04:00:23


MD州民主カミングス議員、トヨタは安全に関して盲目になっていたとのことはなにか。ラフード長官は、アメリカ関係者は協力的だった。しかし判断は日本で行われていた。

posted at 04:03:33


CA州スペイヤー議員、ブラックボックス義務化を今までしなかったのは何故かの質問。またトヨタのブラックボックスが暗号化されていたことについて、運輸省ラフード長官は対応を考えなければいけないと回答。

posted at 04:04:50


運輸省ラフード長官の証人セッションが終了。10分間の休憩。いよいよ豊田社長が登場します。





● トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊田 & 稲葉社長 (2/25)
http://ja.katzueno.com/2010/03/1168/




<関連記事>

----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/
----------

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://ja.katzueno.com/2010/02/1158/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-01 22:00 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会・実況中継ログ・豊田 & 稲葉社長 (2/25)


さて、以下に、日本時間2010年2月25日早朝(アメリカ時間2月24日)に行われた、トヨタ自動車豊田社長と北米トヨタ社長稲葉社長の公聴会の翻訳ログを残して起きます。





免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 収録ビデオ - 豊田トヨタ社長、稲葉北米トヨタ社長
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------
● Toyota Gas Pedals, CEOs - C-SPAN Archinves
http://www.c-spanvideo.org/program/id/220119

アメリカのNPOケーブルテレビ局 C-SPANのビデオアーカイブ。豊田社長の部分。

----------
● House Oversight & Government Reform Committee: Toyota Recall
http://www.c-spanvideo.org/browse?event=182357

C-SPANのビデオアーカイブ。現地時間2010/2/24、公聴会全てのビデオ一覧。

----------
● Committee on Oversight And Gofernment Reform(米下院エネルギー・商業委員会) 収録ビデオ(ノーカット)
http://oversight.house.gov/index.php?option=com_content&task=view&id=4798&Itemid=2

※ こちらは委員会が制作したビデオです。豊田社長は「Panel 2」になります。
----------





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2/25 - 公聴会・Twitter実況通訳ログ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ 免責:以下の通訳はリアルタイムに行ったもので、翻訳が正確である保証はありません。
※ 時間は日本時間2010年2月25日です






いま豊田社長が公聴会会場に入廷中だと思いますが、社長がオープニングで述べる文章は、既に http://bit.ly/96mC0l で公開されています。
4:15 AM



豊田社長、公聴会に入場。くどいですが、豊田社長のオープニングステートメント英語全文はすでにこちらに公開中 http://bit.ly/96mC0l
4:19 AM



豊田 & 稲葉社長、宣誓中
4:20 AM



タウン委員長、社長が自分の意志で出廷した謝辞の念を述べる。



オープニングステートメント
4:22 AM



私は車が好きです。トヨタが誰よりも好きです



過去数カ月の、信頼の低下は、私が全ての責任を負います。
4:23 AM



今から、アメリカ、世界の皆様に、私たちが安全性について真剣な取り組みを説明します。
4:23 AM



委員会に対し、この機会を与えて下さりありがとうございます。
4:24 AM



3つのポイントで説明します。最初は品質管理の哲学です。



最初は、トラブルが見つかると立ち止まって、真剣に考えます。逃げることはしません。
4:25 AM



それが、私たち会社の理念です。品質向上とは、従業員の心理の向上です。
4:25 AM



私たちは、アメリカでビジネスを始めて50年間、この理念をアメリカの20万人の従業員に伝えることが出来、それを誇りに思っています。
4:26 AM



2つ目に、リコールに対する考えです。私たちは成長が速すぎたと思います。
4:26 AM



安全、品質、質量という優先順位があるが、それを見失ってしまった。
4:27 AM



そして、サンディエゴのラセイラー(?)さん家族をはじめとする事故の被害者に、お悔やみを申し上げ、私の全権を使い、全力を上げて、解決させることを約束します。
4:28 AM



私自身が誰よりも、そしてお客様に、安全な車を運転して欲しいと言う気持ちがあります。
4:29 AM



3つめに、どのように品質管理をするのか、リコール処理をするのかを説明します。
4:29 AM



今まで、日本で品質管理をしていましたが、それがお客様の視点を欠いていました。
4:30 AM



ですので、世界中のお客様に迅速に対応が出来るように、地域ごとに権利を分離し、アメリカでも情報共有などをしっかりします
4:31 AM



私自身も、テストドライバーとしてトレーニングを受け、リコール対象のプリウスも運転しました。
4:32 AM



修理前、修理後のプリウスにも試乗し、現場で検証しました。
4:33 AM



私の名前はトヨタの車全てについています。私は個人的にも全力を上げて、顧客の信頼を取り戻す努力をします(豊田社長全文終わり)
4:33 AM



【解説】稲葉北米トヨタ社長のオープニングステートメントも http://bit.ly/96mC0l ページ下部から閲覧出来ます。ちょっと翻訳ペース辛くなりました(苦笑)
4:35 AM



稲葉社長、リコール発生までの経緯と、その故障の内容の詳細を説明中。
4:36 AM



稲葉社長、リコールの内容は効果的であり、提示されている修理方法も確実に問題を解決すると説明中



稲葉北米社長、この問題に対しては、顧客優先で全力に対応するし、迅速に修理をおこない、今後もより安全な車を開発していける用意努力する。



稲葉社長。道路交通安全局とはすべての情報を共有していると回答。



NY民主タウンズ委員長、顧客がリコール対象車を運転したくない場合、そのタクシー代などを全て保証するのか?



稲葉社長、運転したくない顧客に対してのディーラーは十分に対応している、全米で。
4:43 AM



NY民主タウンズ委員長、ブレーキの安全プログラムを一部の車種にしか提供していないのはどういう事か
4:44 AM



稲葉社長、ブレーキ安全システムは今後全てのモデルに搭載する。今までのモデルにも、全てには出来ないが、出来るだけ対応する
4:49 AM



CA州共和党アイサ議員、ブレーキ安全プログラムをくわえると言うことは、電子的なトラブルがあるかもしれないと言う疑問が残るのかとの質問に、稲葉社長、お客の不安を取り除くための対策として行っている。
4:51 AM



CA州共和党アイサ議員、今放映されているCMで、「より問会社とは過去から学ぶことだ」と述べている。2007年に既に問題視されてから、今の、安全プログラムの提供と言うような対応を今後も続けて行くかの質問に、そうだと答える
4:53 AM



CA州共和党アイサ議員、ラフード長官に世界規模で情報共有出来るようなネットワークを作りたいと提案しましたが、トヨタはそれに協力してくれますか。豊田社長、はいと答える。
4:55 AM



豊田社長、3月30日までに、オープンな世界品質管理のネットワークシステムを自身をリーダーとして行う。
4:57 AM



PA州民主カンジョースキ議員、私たちはトヨタのビジネスを妨害するつもりではないが、ラフード長官から、問題がヨーロッパや日本で起こってもアメリカに共有されていなかった、それに対しての解決策はどうするのか教えて欲しい。
5:00 AM



豊田社長、カンジョースキ議員の質問に対して、会社の成長のスピードに追いついていなかったので、昨年の社長就任より、各地域で副社長を置く様に、そして情報共有の迅速化の対応を努めるようにすると答える 
5:02 AM



稲葉社長、過去に他地域のよる情報共有が出来なかったを認める。PA州民主カンジョースキ議員はそれはなぜ起こったかを質問。
5:03 AM



PA州民主カンジョースキ議員の情報共有が出来なかったことに対し、稲葉社長は、なので、各地域の全ての人間が迅速に全ての情報を共有出来るようなシステムを作ろうとしていると答える。
5:05 AM



IN州共和バートン議員、自身の選挙区で起こった事故の調査を要請する。そして、日本製のアクセルペダルとリコールされたアメリカ製ペダルの違いは何故だ。しかも日本製のペダルでも事故が起こっている。
5:08 AM



IN州共和バートン議員、同じペダルでも構造が違う、それは何故かとの説明に、豊田社長が、仕入れ先のデザインを承認したために、違う設計のペダルになった。
5:10 AM



豊田社長。様々な仕入先と複数社で一緒に行っていくためだと答える。



IN州共和バートン議員、ただ、死亡事故が起こっているのは大事である。設計が違うことに対して疑問点を持ったことを理解して欲しい。
5:12 AM



MD州民主カミングス議員、言葉で謝ることはできるが、2007~09年に数々の死亡事故が起こり続けた。昨日の公聴会で、今までのリコールでは全ての問題が解決しないかもしれないとの疑問が提案された。電子的な問題もあるのでは?
5:14 AM



MD州民主カミングス議員、この不景気のうえに、このような苦痛を顧客に与えている、しかもリコールが数々と続いている。それに対してはどうなのか。
5:16 AM



豊田社長、被害者に遺憾の意を表し、電子スロットルの不良を否定。しかし事故が起きていると言う事実を無視しない
5:17 AM



豊田社長、イベントデータレコーダーの解析結果を道路交通安全局とオープンに、一般にも共有し、調査を続けて行くと約束
5:19 AM



FL州共和マイカ議員、ひとまず、道路交通安全局の調査費の予算費計上を申請
5:21 AM via web



FL州共和マイカ議員、稲葉社長名当てに、去年7月ペダル不良?が書かれた書類が提出されていたことに憤慨?
5:28 AM



議員が、アクセスの問題を知らされたのはいつかの質問に、豊田社長は社長になった去年7月以前と以降に共有されていた情報が違うので、あとで詳しく報告しますが、具体的には昨年末にペダルの問題を知らされた
5:31 AM



VA州民主コナリー議員、2009年末よりかなり前から、その問題が表面化していたことはわかっていたかの質問で、豊田社長は、今は以前から問題が表面化していたとと言う認識している。
5:32 AM



VA州民主コナリー議員、政府の道路交通安全局がわざわざ日本に来日したのに、社長自身が、その内容を知っていなかったのかに対し、豊田社長は知らなかったと答える。
5:35 AM



KY州共和デービス議員、トヨタのケンタッキー州への経済的な貢献を述べ、責任を果たそうとする姿勢を評価中
5:39 AM



KY州共和デービス議員、かなりの時間を賭け、トヨタの貢献を讃え、道路交通安全局も十分に調査していると述べる
5:40 AM



NY州民主マローニー議員、死亡、負傷したアメリカ人家族に対しての保証はどうするのか、葬儀代などにも関して質問。豊田社長、今後の品質改善管理で返していくと答える。
5:41 AM



NY州民主マローニー議員、保証問題はという質問に、稲葉社長は、個別ケースによる。中には係争中のもあり詳しくは述べれない。



NY州民主マローニー議員、ヨーロッパの情報共有部即についての質問。稲葉社長、アクセル問題に関しては24時間で対処出来るような体制を作れるように努力する。
5:45 AM



NY州民主マローニー議員、今までのリコールの経験で学んだことを個人的からの観点から、そして今後どうすれば良いのかを質問。豊田社長。顧客一番、迅速に、グローバルに世界一葎で対処したいと回答。



DC民主ノートン議員、客の苦情はきちんと会社に届いていたのに、会社内で情報共有が出来ていなかったのが問題ではないかの質問。豊田社長、客の苦情が入っていなかったわけではない。効率的に対処して行くのが今後の課題
5:52 AM



DC民主ノートン議員、アメリカの客は苦情をきちんとレポートしたけれどもトヨタがきちんと対応で気なかったのか。稲葉社長は、これから1台1台まで慎重に調査する



DC民主ノートン議員、私はカムリのハイブリットを運転している。私のカムリはリコールされるのか。稲葉社長は安全だと答え、稲葉社長は、カムリはアメリカで生産されたアメリカンカーだとも付け加える
5:57 AM



DC民主ノートン議員、最初にアメリカ製の車を買いたかったが、ハイブリットが無かったので、仕方なくカムリハイブリットを購入した。それに対し、稲葉社長、カムリの部品はほぼアメリカで供給されたものであると言及。
6:01 AM



DC民主ノートン議員、トヨタは運転データBOXを暗号化し、道路交通安全局が事故の調査をさせないという秘密主義に疑問を感じる。秘密主義の会社に安全を任せられるのか。既に事故は起こっている。
6:03 AM



稲葉社長、このデータリーダを秘密にしたわけではないと答えるが、ノートン議員は、トヨタ従業員がデータを解読しなければいけないと言う事を問題視している。
6:06 AM



UT州共和共和チャフェッツ議員、稲葉社長向けに去年7月トヨタの内部文書で、政府への対応策が書かれるのは何故か。稲葉社長は記憶にないと答える
6:10 AM



UT州共和共和チャフェッツ議員、去年7月に、道路交通安全局とトヨタがリコール内容の知っていたのではないかと言う疑問をトヨタの内部文章を提示して示す。稲葉社長も豊田社長もその就任直後の文章なので記憶にないし、自分の意志でもないと回答する。
6:13 AM



UT州共和共和チャフェッツ議員、なぜ道路交通安全局のOBを雇ったのかを聞く。稲葉社長は、その2人のプロ意識と倫理的観点から雇った。道路交通安全局のOBだったから雇ったわけではない。
6:15 AM



OH州民主KUCINICH議員、トヨタの成長が早すぎたから対応が出来なかったのではない、トヨタが遅すぎたのだ。
6:17 AM



OH州民主KUCINICH議員、トヨタ社内でアクセス異常に関する議論はしたかと質問。豊田社長、成長が早すぎたので人材育成が間に合わなかった・・・
6:19 AM



OH州民主KUCINICH議員、アクセル問題自身に関しての質問に答えての質問。豊田社長、十分な議論は行った。
6:20 AM



OH州民主KUCINICH議員、弁護士などからアクセルのリコール問題を話すなとアドバイスされていないか。豊田社長と稲葉社長、事故を起こさないということが我々の一番の目的だ。
6:22 AM



IN州共和ソーダー議員、いろいろな利益を考えずに、世界共通に、安全を第一に考慮して欲しい。DENSO製の部品からも事故が報告されている。稲葉社長、地域ごとに差別したつもりはない
6:27 AM



IL州民主クイーグリー議員、トヨタ従業員しか読みこないブラックボックスは問題という質問。稲葉社長、まず100台配布して2011年までに一般に発売する
6:30 AM



IL州民主クイーグリー議員、リーダー発売は時間がかかりすぎる?稲葉社長、GM、クライスラー、フォードしか、リーダーを販売していない。他の海外メーカーはリーダーを発売していないことを考えるとトヨタは先進メーカーの1つ。
6:31 AM



NE州フォーテンベリー議員、トヨタの北米の会社は日本の会社組織から独立しているのか?稲葉社長、言語の違いによるギャップはあるが、そうではないと考えたい
6:36 AM



NE州フォーテンベリー議員、リコール内容では安心か・・・(省略)豊田社長、世界共通にビジネスを行っていくが、アメリカではアメリカなりの取り組みをして行きたいと思う。
6:40 AM



IL州民主デービス議員、会社の中のシステムに付いて疑問、リコールを何時知ったかの質問。豊田社長、問題が起こった場合は全力で対応する。ただし、リコール自身が何時分かったかの詳しいことは分からない。
6:42 AM



IL州民主デービス議員、会社は1年以上知っていたと報道があるがそれであれば対応が遅すぎたのでは?稲葉社長、ヨーロッパでは1年前に明るみに出ていたがアメリカでその情報が左ハンドルの事もあり共有出来なかった。それは問題だ
6:45 AM



CA州共和ビルブレイ議員、稲葉社長、問題は機械的な問題だけなのか、あなたは「100%」という言葉を使った。私の選挙区で人が死んでいる。稲葉社長、私個人的に私の技術者を信じたいと言う気持ちで使った。ETCSではそうだ
6:49 AM via web



CA州共和ビルブレイ議員の質問に、豊田社長、社長に就任してから、お客様の声を優先的に聞いてきたし、これからもそれを続けて、お客様の信用を保ち続けたい
6:51 AM



CA州共和ビルブレイ議員、全ての自動車メーカーは世界中に起こった事故問題を全て政府に報告すべきかとの質問に、豊田社長が、情報開示を徹底して行くべき協力を行っていけるようにする
6:53 AM



CA州共和ビルブレイ議員、トヨタは世界中で起こった問題をアメリカ政府に報告すべき体制を作るべきか。豊田社長、協力する
6:55 AM



TX州民主キューラー議員、将来トヨタは信頼を取り戻せると信じた上で、過去のリコール率のデータから今のトヨタの状況を見ると、どのような対策を取るべきか。豊田社長、今後必ず、リコール率が回復出来るよう努力する
6:58 AM



TN共和ダンカン議員、昨日の公聴会の証人の被害者のトヨタの冷たい対応。2001年に苦情が確認されている、2004年、豊田社長はまだ社長でなかったが…。私の家族もトヨタを乗っていたが、今までの答えでは満足出来ない。 努力するという声は聞いたがどうするのか #toyota
7:04 AM



豊田社長、スミスさんの証言は聞いた。遺憾の意を表明し、ディーラーの冷たい態度にも謝罪する。そして時間がかかったことには、体制づくりを行い改善策をできるだけ速く行う
7:06 AM



CA州スペイヤー議員、道路交通安全局が日本のトヨタにきて調査をしたことをトヨタ社長が知らなかったことに対してはどう思うか。豊田社長、自分自身が知らなかったのは残念だが、品質管理部がきちっと対応したと信じている
7:09 AM



CA州スペイヤー議員、タコマトラックに不具合をネットでも同じ症状を見つけた人がいるが、その人はディーラーから門前払いをされている。豊田社長、今後は運転スタイルのせいにすると言う先入観の無いように徹底させる
7:13 AM via web



OH州民主キャプター議員、今回の公聴会の内容には全く納得していない。特に亡くなった被害者への気持ちが感じられない。
7:16 AM



OH州民主キャプター議員、「会社の成長が早すぎた」と弁護士が言えと行ったのではないのか。会社内が政府関係者との関係が深くすぎたのではないか・・・他にもいくつか事故でなくなった方の状況を詳しく説明。
7:18 AM



OH州民主キャプター議員の発言に、豊田社長、被害者をはじめ世界での被害者に遺憾の意。そして、説明が足りないというという批判をしっかりと受け止める
7:19 AM



OH州民主キャプター議員の発言に、豊田社長、会社の体制が悪かったことを認め、より透明性のある会社にかえて行くことが自分の使命である
7:20 AM



豊田社長、トヨタ車を購入するお客が要る限り、事故で亡くなった方を思う気持ちを忘れずに、車を作り続けて行きたい
7:22 AM



MI州民主クレイ議員、昨日のギルバート教授が3時間半で電子機器のトラブルがあると発見した報告をどう思うか。豊田社長、再現テストを24時間行い、今までの結果では再現出来なかった。ただオープンな場で検証し、協力する準備がある 
7:25 AM



稲葉社長、ギルバート教授と是非とも協力して、教授が再現した問題を一緒にして行きたいと思う。ただ、トヨタの技術者は教授のやり方に疑問を持っている
7:26 AM



OH州民主ドリハース議員、トヨタや安全局がもっと早く北米に権限があり対処していれば事故のいくつかを起こる事を防げたのではないか
7:30 AM



OH州民主ドリハース議員、ヨーロッパのリコール情報は、アメリカで共有されていなかったのか、それを知らされたのはいつか。稲葉社長、知らなかった、それを知ったのは今年の1月だ。
7:32 AM



NY民主タウンズ委員長、豊田社長、公聴会に任意で出廷したことに系を評し、感謝する。稲葉社長も協力に感謝する。
7:36 AM



CA州共和党アイサ議員、豊田社長から、改革を行うと言う確約をしてくれたことを評価する。
7:37 AM



豊田社長、稲葉社長の公聴会が終わり。次は、亡くなった被害者の遺族が証言台に立ちます。
7:38 AM





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 簡単な感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・日本のメディアは稲葉北米トヨタ社長の発言を一切報道していない
・議員が電子制御システムを疑っているのは前日の公聴会でギルバート教授の実験の結果を発言したことと、アメリカ市民の苦情の多くがリコール対象の部品と関係ないものが多いからによるものだが、専門的すぎるのか日本のメディアはなぜ議員がそんなに電子制御システムを疑問視しているかの理由を報道していない
・でも議員の方の口調はGMの公聴会の時よりは結構穏やかだっと個人的に思う




<関連記事>
トヨタ公聴会・実況中継ログシリーズ
----------
■ 公聴会2日分を一気に読みたい方
http://ja.katzueno.com/tag/toyota-hearing-2010/
----------

● (2/25) 開場 & アメリカ運輸省ラフード長官 その1
http://ja.katzueno.com/2010/03/1170/

● トヨタ公聴会とオープンソース
http://ja.katzueno.com/2010/02/1158/







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-03-01 15:50 | 起業・経営

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 


トヨタ公聴会とオープンソース

映画を作っている時も、ホームページを作っている時も、気に入った映画、ホームページがどうやって作られているか気になります。

と言うことで、時事ネタを引っ張り出します。





アメリカではよく、委員会が開催される公聴会の内容を、ネットでも放送します。

この委員会、日本では、「常任委員会」とよばれているものです。

● 常任委員会 - Wikipedia
http://bit.ly/9eWwQM



日本の国会、常任委員会も

● 衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/

● 参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/

などでも、常任委員会のネット中継をしていますが、アメリカでも同じように、常任委員会をネット中継しています。

アメリカの場合は、その上に各常任委員会で独自のホームページを持ち、情報公開を徹底しており、ほぼすべての常任委員会の公聴会のビデオも、そこで公開しています。

日本の場合も公開はしていますが、委員会毎に整理整頓されていないので、たどり着きたいう情報にたどり着きづらいですね。





さて、今夜、豊田社長を呼ぶ「Committee on Oversight And Gofernment Reform(米下院エネルギー・商業委員会)」による公聴会。

その委員会もホームページを持っています。


c0150860_22193929.jpg
● Energy & Commerce | Committee on Oversight And Gofernment Reform
http://oversight.house.gov/

公聴会の模様は、ケーブルテレビ局のチャンネルの1つ「C-SPAN3」では、生放送されるようです。以下から見ることが出来ます。

放送開始は、25日深夜1時頃(24日夜)からのようです。

● C-SPAN 3 生放送用リンク
http://www.c-span.org/Watch/C-SPAN3.aspx

● 生放送後アーカイブ:Toyota Response to Sudden Acceleration Incidents
http://www.c-spanarchives.org/program/id/219998






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 広がる行政・政府のオープンソース利用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ともかく、今夜行われる公聴会のホームページを見ていて気がつきました。





このホームページ、私が、オープンソースの世界に入るきっかけを作ってくれた無料オープンソースソフト「Joomla」で制作されていたのです。

● Joomla
http://www.joomla.org/

● Joomla じゃぱん
http://www.joomla.jp/

アメリカの行政関係者の最近の傾向として、今までは、導入に時には数千万円掛かっていた、商用ソフトを使って各ホームページを運用していました。

しかし、最近では、WEB制作業者には数十万〜数百万円の制作料金を支払いますが、ソフト自体は無料のオープンソースソフトを使うケースが多くなってきました。



その最近目立った例としては、ホワイトハウスです。

●ホワイトハウスの公式サイト,オープンソースのCMS「Drupal」を採用 - ITPro by 日経BP
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091027/339497/



無料オープンソースソフトを使う利点は、その信頼性と、手軽さにあります

私が開発している無料オープンソースソフト「concrete5」も、インディアナ大学の医学部に使われることになりました。





大学や政府でも使われているソフトが、個人でも手軽に導入出来るのが無料オープンソースの良いところです。

しかし、自分でも手軽に導入出来るソフトですが、使いこなすのは自分次第。

どんなに高機能でも、自分でソフトを使いこなせないと、その進化は発揮出来ません。

どんなに良いスキー板や、スノーボード板を買っても、最後にメダルの色を決めるのは人間様である選手です。





ということで、私は、私が使用しているソフトを使っているホームページを見つけると、そのホームページがどのようなカスタマイズをしてサイトを構築しているかを調べ、自分の今後につなげています。

最初にも述べましたが、映画制作においても、気に入った映画がどのようなカメラや編集システムを使って作られたかを調べたいのかと同じです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ トヨタ公聴会ホームページのカスタマイズ具合
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今夜行われる、トヨタの公聴会ホームページがどのようなソフトやプラグインを使用して構築されているかを調べてみました〜。



基板ソフトとして

● Joomla
http://www.joomla.org/

● Joomla じゃぱん
http://www.joomla.jp/



というシステムが使われ・・・その拡張ソフト(エクステンション)には・・・

・JCE
http://www.joomlacontenteditor.net/

記事編集エディター。訪問者の私たちには見えませんが、公開する記事を編集するときにいろいろ機能がついているエディターです。無料エクステンション(プラグイン)です。



・News Show GK3
http://tools.gavick.com/newshow.html

トップページにある、写真と見出しのスライドショーを表示するためのエクステンションです。



・swMenuFree
http://www.swmenupro.com/

メニューに使われています。マウスを、いくつかのメニューアイテムに持っていくと、新しいメニューがスクロールして出てくる効果を出すための拡張エクステンションの無料版を使用しています。



・JCal Pro
http://dev.anything-digital.com/JCal-Pro/Features.html

カレンダー拡張エクステンションです。これは無料ではなく有料($29)拡張ソフトです。





以上のように、ソフトウエア代$29を払い、デザインをきちっとすれば、自分でもアメリカの下院委員会のホームページを作ることが出来るようになります。





オープンソースのおかげで、ぐっと身近になった、ホームページ運用管理。

私も、ソフトを制作しているからこそ、他のユーザーさんが、どのようなソフトを、どのような拡張ソフトを使ってサイト運用しているかを調べることは、私の「concrete5」日本語ソフトの開発や運営に役立っていくことでしょう。

ちなみに、私たちの、concrete5も、この委員会と同じような

・スライドショー
・ドロップダウンメニュー
・カレンダー
・ビデオ

これらの機能の付いた、ホームページを、Joomlaより簡単に、作ることが出来ます〜(最後は宣伝かい〜)



concrete5 のダウンロード、詳しい説明はこちらから〜。

● concrete5 Japan with Usagi Project
http://concrete5-japan.org







ここのブログをお気に召して下さったら、該当カテゴリーのクリックをお願いします
m(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ




Creative Commons License
ロスと日本の映画とマーケティング日誌・アルケミスタの住人
by Katz Ueno (株deerstudio)
http://katz515.exblog.jp
ブログ記事は文章のみCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 ライセンスに基づいて、非営利・事前通告なしの転載を許可します。
例外など再配布の条件についての詳しい情報はhttp://katz515.exblog.jp/10033851/にて閲覧出来ます。


--
[PR]
by katzueno | 2010-02-24 06:50 | インターネット、IT&ライフ

このブログは引越しました。

新アドレスは 「http://ja.katzueno.com/」となります。

 

 



日本とロスで会社を経営。エンタメ系とビジネス系の雑誌の編集、映画の制作、ウェブプロデューサーをしているKatzのブログ 皆さんとこの場を通じてコミュニケーションがとれたらと思います。コメント大歓迎
カテゴリ
自己紹介
映画制作
マーケティング
起業・経営
インターネット、IT&ライフ
出版・編集・ジャーナリズム
つれづれ
ひまつぶし
きんきょう
アメリカ文化
グルメ・コーヒー
リンク
KatzのTwitterアカウントへ

Creative Commons License
非営利の転載歓迎

このブログを定期購読してみませんか?

ロスと日本の映画/マーケティング日誌



ここのブログをお気に召して下さったら、クリックをお願いします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓




人気ブログランキング

「HAPPY@MANY」で記事をチェック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ



お気に入りに追加

Yahoo!ブックマークに登録





Katzに連絡
メールアドレスは、迷惑メール対策のために公開していませんが、気軽にコメント・メール等の感想を頂けると幸いです。ここのフォームから送られるメールは、基本的に私だけが読んでいます。



いきつけのお店
〜四日市〜


アルケミスタコーヒー


Food Bar Mission




いきつけのお店
〜ロサンゼルス〜


Cafe Balcony




いきつけのお店
〜ヒューストン〜

Dragon Bowl Bistro





映像関係

DAVICS2 映像つくるヒトのSNS


地方プロダクションの映像制作




ブログ

税理士森大志のひとりごと
税理士森大志ブログ




ライフログ


Forgotten Coast (Ws)


新会社法対応!起業したらまっさきに読む経理の本 (アスカビジネス)


エンターテインメントビジネスの法律実務




Katzの本棚
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧